【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

タグ:永井豪 ( 51 ) タグの人気記事

e0033570_20084502.jpgAIが支配する近未来。街は高層化され、富裕層が暮らす上層階と貧困層が暮らす下層階に分けられ、下層階の人たちは上層階の住民が廃棄する汚染物質によって苦しめられていた。
そんな中、上層階から下層階へと落下してきた一体の美しき女性アンドロイド=如月瞳。
下層階の人たちを救い出したいと願う者たちは、上層階のAIを破壊すれば汚染が止むと考え行動に移そうとする。
そしてその鍵を握るのが、その如月瞳だった…。

主演の西内まりやにキューティーハニーのイメージはないが、美人でスタイルも良く、アクションシーンも決まっていたのでその頑張りは評価したい。
しかし自虐ネタなのか、劇中の台詞にもあるけれど「もう少し胸にボリュームがあれば」というところ。
そして対するジルを演じた石田ニコルの、キュートでありながら冷徹な悪役ぶりも悪くない。そしてモデル出身のこの二人の美女の絡みにはゾクゾクするようなセクシーさを感じられた。

e0033570_20081003.jpgしかしそこまで。
出演者を聞いた時、ビジュアルイメージを見た時、粗筋を読んだ時、そして予告編を見た時…
どのタイミングでも凡そ「キューティーハニー」の映像化作品とは思えなかったが、出来上がった作品もやはりそうだった。ヒロインの名前も「如月ハニー」ではなく如月瞳、劇中ではジルが「キューティーハニー」と呼称するシーンがあるものの、本人も周囲の人たちも一度も「ハニー」の名前は使わない。
ならばせめて「ハニー」じゃない別作品として面白ければ良いのだけれども、それも微妙。

例えばこれが雨宮慶太監督ならAIやラストに出てくる如月博士の姿などに、ややグロテスクながらも強烈なビジュアルイメージを持ってきただろうし、坂本浩一監督ならばハニーとジル、あるいはその秘書のルキア(演:深柄比菜)や女レジスタンスの清瀬由紀子(演:今井れん)などをエロカッコよく撮るだろうが、そういったプラスアルファが何もないのだ。
「キューティーハニー」というビッグネームをいじるならば、それ相応の覚悟が必要だということだ。

【ひとこと】
ラストシーンは「復活」を暗示させているのだろうか。


[PR]
by odin2099 | 2016-10-03 20:10 |  映画感想<カ行> | Trackback(2) | Comments(2)
『世界に発信・劇場版アニソンワールド 永井豪×オーケストラ ダイナミックコンサート/映像とオーケストラで蘇る永井豪の世界』

e0033570_21120960.jpg会場となる東京芸術劇場の前を通った時にポスターを見かけ、なんじゃこりゃー?!と思ったものの、生憎その日は仕事。
で、悶々としていたワケですが、どうやら仕事帰りに間に合いそうだと判断して密かに計画。予定よりは遅くなったものの、ええいままよ!と当日券狙いで突撃しました。

15時と19時の2回公演でしたが、参加したのは19時の回。しかも当日券でも前から3列目の真ん中、なんていう席が取れたりでラッキー。
ただ15時の回には永井豪先生をはじめ、渡辺宙明先生などもいらしたようですが、19時の回ではお見かけしなかったような…。

さてこのコンサート、永井豪所縁の作品の主題歌を演奏する、という趣旨のものなのですが、パンフレットがない…!
何を演奏するか事前の情報がないので、次に何が来るのかドキドキ。
(終演後にロビーに貼りだされてましたけどね)

オープニングは贅沢にパイプオルガンのソロ曲でしたが、これは何の曲だったのでしょう?
続いてオーケストラに混声合唱団が入ってきて、こちらが序曲ってことになるんでしょうか。「マジンガーZ」にあれは「鋼鉄ジーグ」?それに「ドロロンえん魔くん」「デビルマン」「ゲッターロボ」「キューティーハニー」の主題歌をアレンジしたメドレー曲。
ここに今回の目玉、ダンスパフォーマンスが加わります。セクシーなハニーに、原作準拠のワイルドなデビルマン…うーん、微妙。

MCが小林千鶴と本多真梨子(「ロボットガールズ」Zちゃん役の方ですね)、指揮が和田一樹(なんとデビルマンを意識した特注のスーツを着用!)、演奏が東京ニューシティ管弦楽団、と紹介されたところで本格的にコンサートは始まります。

e0033570_21124642.jpg最初のブロックはマジンガーZで、「マジンガーZ」「空飛ぶマジンガーZ」「Zのテーマ」をメドレーで。
次は「ドロロンえん魔くん」「妖怪にご用心」ときて、「魔女っ子チックル」と「チックルチーコのチャチャチャ」。チックルはちょいと意表を突かれました。
しかし全体的にアレンジがねぇ。凝りたいのはわかりますが、ファンが望んでるのは原曲に忠実なオーケストレーション作品ではないか、と。

次がキューティーハニーのブロックで、「キューティーハニー」「夜霧のハニー」、そして聴き覚えのない曲…と思っていたら「きっとVICTORY!」という「キューティーハニーF」の楽曲と後で判明。「F」って1~2話しか見てないもので…。
ここで再びダンスパフォーマンス。
ハニー以外にもセクシーなお姉さんたちが色っぽく踊ってくれるのでドキドキ。指揮者の和田さんの寸劇?も入ったりで面白いことは面白いけれど、演奏し難そうでしたね、オーケストラの皆さん。
特にコンサートマスターをはじめとする第1ヴァイオリンの方々と接触するんじゃないかとヒヤヒヤしてました。あまりスペースなさそうだったし。
その後は公開が近付いてきた「CUTIE HONEY/TEARS」の予告編を上映。

次は「UFOロボ グレンダイザー」から「とべ!グレンダイザー」、「燃える愛の星」、「GOGO!甲児」の3曲。
しかしスクリーンに映し出された映像は、何故か「グレンダイザーギガ」のもの。てっきり「アニメ化決定!」とかいうサプライズがあるのかと期待してしまいましたが、そんなことはありませんでした。

続いてはゲッターロボのブロック。オーケストラが奏でる「ゲッターロボ!」は格好良い!
宙明先生のコンサートは昨年から今年にかけて実現しましたが、今度は是非とも菊池俊輔先生のコンサートも開催して欲しいものですねえ。
「ゲッターロボ號」、「真ゲッターロボ/世界最後の日」の「HEATS」、「真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ」から「STORM」とバラエティに富んだ選曲です。

次のコーナーは「永井豪画業の歩み」。
「ハレンチ学園」、「あばしり一家」、「イヤハヤ南友」、「凄ノ王」、「バイオレンス・ジャック」、「ゴッドマジンガー」、「獣神ライダー」、「マジンサーガ」、「激マン」等々、代表作を「その年にどんなことがあったか」を交えながら発表年順に紹介。知らない作品や、え?これを選ぶの?というのもあったりして…。
BGMとしてデビルマン、マジンガーZ、えん魔くん、ハニーの主題歌のパイプオルガン演奏付き。

この辺りから後半戦に突入。といっても休憩なし、ノンストップのコンサートです。オーケストラの皆さんも大変ですねえ。
「デビルマンのうた」と「今日もどこかでデビルマン」、これまたアクションパフォーマンス、アンド和田さんの寸劇付き。その流れで和田さんが「デビルマンのうた」を解説するコーナーもありました。
こっちでは殺陣を披露しているので、ハニーの時以上にハラハラして見てましたが、純粋に音楽を聴きたいという思いが強いので、こういうのって如何なものかと思いますが。

この後は怒涛のマジンガー祭り!
「わが友マジンガーZ」、「マジンガー応援歌」、「戦う兜甲児」、「さやかのテーマ」、「マジンガーわがマシン」、「空飛ぶマジンガーZ」とメドレーで演奏されましたが、これって挿入歌集のLPとかCDとか買った人じゃないと知らない曲もありますよねえ。
更に「おれはグレートマジンガー」、「鉄也のテーマ」、「ビューナスAの歌」、「グレートマジンガーのバラード」、「勝てグレートマジンガー」と続くのですからマニア向け。
こちらは嬉しいですけど、聴いてる人はきょとん、だったのではないかと思われます…。

ここでゲストの水木一郎登場!
会場は一気にヒートアップします。
「Zのテーマ」、「わが友マジンガーZ」、「マジンガーZ」を一気に熱唱。さすが水木アニキです。特に「わが友マジンガーZ」なんかなかなか歌う機会がないんじゃないかと思いますので、これは貴重?
そして「おれはグレートマジンガー」、「鋼鉄ジーグのうた」と続きますが、エンターテナーに徹するのはいいのですが、もっとオリジナル歌唱を尊重した歌い方もして欲しいな、というのが常々思っていること。ちょっと違う方向性を向いているようなのが寂しいやら悲しいやら。
コーナーの最後は「真ゲッターロボ/地球最後の日」から「今がその時だ」。

ノンストップ2時間のコンサートもいよいよ終わり。
フィナーレは皆で「マジンガーZ」を大合唱!

色々と不満点を上げてきましたが、コンサートを実現してくれたことにはただただ感謝です。
その上で、次があるならこうして欲しいなあと思ったことを幾つか。
ダンスなどのパフォーマンスは必要最小限に。ちょっと奏者が気の毒になってしまいました。
というか、個人的にはいらないと思っていますが。
そして演奏する曲が今回は主題歌と挿入歌のアレンジに限定されていましたが、出来ればBGMも聴きたかったなあと感じたのですが、これは贅沢すぎるでしょうか。
また「グロイザーX」、「サイコアーマー ゴーバリアン」、「ゴッドマジンガー」、「獣神ライガー」、「マジンカイザー」、「真マジンガー衝撃Z編」等々、今回見送られた作品がまだまだありますので、次があるならフォローして欲しいところですね。
え、「アステカイザー」?!

【ひとりごと】
和田さんがフィギュアをやたらと宣伝してましたけど、高すぎるよ~。
置いておく場所もないよ~。
e0033570_21122102.jpg

e0033570_21130075.jpg

[PR]
by odin2099 | 2016-09-19 21:18 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
e0033570_19513370.jpg劇場で先行販売していた初回限定生産の<Complete Blu-ray 特別限定版>をようやく鑑賞。
といってもまだボーナスディスクとかサントラCDなどの特典は未確認。

<劇場上映版>はACT1~3までをノンストップで連続上映、つまり毎回毎回OPとEDに挟まれた状態で観ていたわけですが、このディスク版もその状態で再生されます。
ランニングタイムは94分で、ACT3だけが<劇場上映版>よりも9分30秒長いという<ディレクターズカット版>仕様。どれだけ違うのかと思っていたら…

まずはアクションシーンが細かく増えてました。
最初の方のリリスたちデーモン族と00ナンバーたちの戦いや、続く00ナンバーとハイティーンナンバーたちの戦い、それにクライマックスバトル。
そして明と了、ハイティーンナンバー同士、001とエバ等々の会話が増えていて、<劇場上映版>では舌足らずに感じられていた部分(例えばエバの葛藤とか)が掘り下げられてドラマ部分も見応えあるものになってました。
トータルで90分強、なんでこちらを上映してくれなかったのか…。

e0033570_19514372.jpg更に更にEDの後に「次」への伏線が…?!ネタバレになるので詳細は省きますが、まだまだ戦士たちの戦いは続く、という感じで盛り上がって終わります。
やはりこちらが完成版ですね、どう見ても。

【ひとりごと】
絵柄はやはり好きになれませんが、これは主に「009」サイド。
「デビルマン」サイドはまあ許せるかな、という感じ。
しかし声はみんなイメージと違うんだよなあ…。

【ひとこと】
<劇場上映版>では劇中のセリフがカットされていたし、EDクレジットも一瞬だったので見落としてしまったけど、ハイティーンナンバー・サイボーグは0014から0018までいるんだ!?
ハイティーンって15以上だから、0014はおかしい、というツッコミは置いといて(脚本・構成の早川正自身がコメントしてるし)。

【もうひとこと】
OPの009たちの過去映像、コスチュームのデザインが異なっている(というか原作準拠)。芸が細かいな。


[PR]
by odin2099 | 2015-10-26 19:23 |  映画感想<サ行> | Trackback(2) | Comments(0)
e0033570_21010626.jpg奪ったジャパニウム鉱石を使い、超合金Zで身を包んだ機械獣を完成させ、罠にかけてマジンガーZを捕え、遂には光子力研究所を占拠、と大掛りなスケールの前後編の後編、第57話「Dr.ヘル日本占領」の改題劇場公開版。

あしゅら男爵が失態を犯さなきゃ、ヒーロー完全敗北に終わっていたかも知れなかったのだから、劇場用新作にもひけを取らない娯楽編に仕上がっている。

また渡辺宙明先生の音楽に加え、伊福部先生の『わんぱく王子の大蛇退治』やら、その弟子筋にあたる小杉太一郎先生の『サイボーグ009』の音楽も流用して更に迫力倍増!

…ん? それは違うか……(^^;

題名も違うからこれが劇場用新作だと勘違いして足を運んだ人(自分だ)もいただろうし、見ている間も気づかなかった人もいるかも知れないけど、気付いた人でも満足度は高かったのではないかな?

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/2615064/


[PR]
by odin2099 | 2015-10-22 06:59 |  映画感想<マ行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_20532803.jpg最初に「サイボーグ009」の新作の話があって、次に「デビルマン」新作の話があって、どちらも同じ時期に同じ劇場でイベント上映するというので、これはハシゴ出来るかなあ、なんて考えていたら、まさかのコラボ?!

というワケでイベント上映にやってまいりました。
この後ソフトもリリースされますが(劇場では先行販売を実施)、そちらの方が時間の長い<ディレクターズカット版>なんだそうで、そうなると劇場で見せる意味は…?

ともあれお話は「サイボーグ009」は「ミュートス・サイボーグ」編の後、「デビルマン」は「ジンメン」のエピソードの後に置かれ、このコラボレーションしたエピソードを挟んで、またそれぞれの原作に戻るという形。
「009」サイドではブラック・ゴーストの新たな刺客、0014から0017までの<ハイティーンナンバー・サイボーグ>が登場し、「デビルマン」サイドにはアモンと因縁のあったアトゥンやリリスという新たなデーモン族が出てきます。

単純にデーモンとブラック・ゴーストが手を結び、それに対抗してデビルマンと009たちが共闘するという流れではなく、究極のサイボーグ戦士を創ろうとしてデーモン族の戦士を召喚し、その結果最悪の事態に陥るという流れは一捻りしたな、というところですね。

e0033570_20534114.jpg思ったよりも「009」と「デビルマン」の融合は上手く行っていて、00ナンバー・サイボーグたちにも、飛鳥了や牧村美樹にもきちんと見せ場が用意されているのはお見事。
まともにぶつかりあえば009たちとデビルマンでは戦力比がありすぎるかなあという気もしますが、初戦は痛み分けで終わらせ、クライマックスでの共闘でワクワク感を演出してるのは良いと思いました。
欲を言えば「009」サイド、「デビルマン」サイド双方のエピソードのボリュームが多いが故に、それらが合体した時に舌足らずの印象を受けることですが、まあこれは言っても詮無いことでしょう。

ただキャスト陣に馴染みが薄いのと、石ノ森章太郎タッチでも永井豪タッチでもないキャラクターデザインには大いに不満が残るところ。これでは「夢の共演」の有難味が薄れるというもの。
また音楽もこれといって特徴に残るものがないのも残念。
無理を承知で言えば、かつてのTVアニメ版の主題歌のメロディをちょこっとでも流してくれればオールド世代は「おおーっ」と思うんですがねえ。
そもそもこんな企画、若い人向けじゃないでしょ。

【ひとりごと】
002の加速装置設定が復活してるのは嬉しい。
また009は「加速装置!」と何度も叫んでますが、原作準拠にしたとはいえ、このノリなら不動明も「デビール!」と叫んで変身したり、「デビルビーム!」とか叫んでも良かったかもね。


[PR]
by odin2099 | 2015-10-20 20:33 |  映画感想<サ行> | Trackback(4) | Comments(2)

e0033570_21514849.jpg<まんがまつり>の看板作品としてグレートマジンガーとの共演作が作られたため、「ゲッターロボ」単独作は第6話「恐竜!東京ジャック作戦」をブローアップしたこの一本だけ。


まあそれにしてもゲッターチーム、仲悪すぎ。ハヤトは完全にトラブルメーカーだよなあ。
ムサシは一貫してリョウとつるんでるのでリョウ&ムサシVSハヤトという対立構図が出来、その中心にいるのがミチルだから彼女の存在は罪だ。


そのミチル、偵察任務中に危機に陥ったら、すぐに連絡寄こせばここまで話はこじれなかったろうに、なんでだ?
通勤気が故障したとかいう描写もないのにね。
また静岡や長野、新潟あたりで大きな地震が度々発生してるのに、浅間山にある早乙女研究所では全く観測されないというのも不自然だけど、そこはツッコんじゃいけないところ?


ツッコんじゃいけないといえば、劇中では「ゲッターロボ」という人気テレビまんがが放送されてるそうだけど、メタフィクション設定だったのかいな?


【ひとこと】
元気くんのエピソード、これはいらない。


<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/3400757/
http://odin2099.exblog.jp/18196870/


[PR]
by odin2099 | 2015-10-09 21:54 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)

e0033570_22215576.jpg一時代を築いた劇場版「マジンガー」の1作目。
といっても新作ではなく、第5話「ゴーストマジンガー出現」の拡大劇場版。
残念ながら劇場公開用の原版は残っていないらしく、これまでに何度かソフト化されているものの、いずれもTV放映版のままなので、厳密には劇場版を観たことにはならないかな。


お話は早くも偽物出現パターン。
マジンガーZの映像を投影し、その陰に機械獣を配してあたかもマジンガーZが暴れていると思わせるのが一捻り。偽マジンガー作るよりも安上がりだろう。
そしてドクターヘルのバーチャル映像技術も恐るべし。


しかし色々と矛盾点があるんだよね。本物の攻撃はすり抜けるのに、偽物の攻撃は命中するとか。
幻影だけだったり実体があったりと使い分けをしてるんだろうと脳内補完しておくけれど、もう少しきっちりと演出で見せて欲しいところ。
子供たちは混乱せずに見ていたのかなあ。それとも気にしなかったのかなあ。


e0033570_22213784.jpgこの回で甲児とボスは仲直り。
友情の始まりは案外早かったね。
もっともこれから色々あるのだけれど。


<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/22086756/


[PR]
by odin2099 | 2015-08-27 22:24 |  映画感想<マ行> | Trackback | Comments(0)

劇場版マジンガーの最終作。

クライマックス・バトル(トドメを刺すのがグレンダイザーじゃなく、ゲッタードラゴンのシャインスパークなところがポイント高い!)の後、しんみりしたBGM(『グレンダイザー』主題歌のアレンジ)が流れ、勝利の興奮や爽快感ではなく、ヒーローたちの安堵感や疲労感を演出した場面が流れると、本当にしんみりときてしまう。

e0033570_20590970.jpg
観ていた当時は「これで最後」だと思っていた訳ではないけれど、製作サイドは最終作という意気込みがあったのだろう。
ならばこそマジンガーZの参戦を是非とも願いたかったが(TVの『グレンダイザー』では実現しそうもなかっただけに)、そのような構想があったとは聞かないのが解せない。
一方で鋼鉄ジーグやデビルマン、キューティーハニーとのコラボの話もあったようで、それはそれで観たかった。
e0033570_20591733.jpg

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/2268047/


[PR]
by odin2099 | 2015-05-29 20:40 |  映画感想<マ行> | Trackback | Comments(0)

e0033570_21184035.jpg<マジンガー>シリーズ劇場版、順番に観ていくと次はコレになるワケですな。一番イベント性が低いものの、土台となっているTVシリーズとの乖離が一番ないのもこの作品。
TFOが破壊されることに目をつぶれば、そのまんまTVの一篇として放送できそうな内容、ってことは以前にも書いてますが、本当になんでこの組み合わせなのかはギモン(過去記事はこちらこちらを参照)。
普通に考えれば当然『グレンダイザー対鋼鉄ジーグ』という組み合わせだし、現に企画書も存在しているし、何が引っかかったのやら。


放送局の違いは『マジンガーZ』(フジテレビ)と『デビルマン』(NET=テレビ朝日)がクリアしてるし、『グレートマジンガー』(講談社)と『ゲッターロボ』(小学館)のように掲載紙が違うわけでもないし、永井豪の単独原作じゃないのはやはり『ゲッター』(共同原作は石川賢、『ジーグ』は安田達矢)の時と同じだし、『ジーグ』のスタッフは『マジンガー』系から移行してるし(『グレンダイザー』は『ゲッターロボG』から流れている)……
となるとスポンサーか広告代理店絡みで調整がつかなかった、とか?!


グレートマジンガーとの共演は良しとしても、今度はマジンガーZ出さないのも不満。
主役のデューク=フリードの人気を食うから?とかいう理由で必要以上に兜甲児を活躍させない方針だったらしいけど、ならば劇場版くらい甲児クン活躍させてくれたっていいんじゃないの。


e0033570_21181066.jpgそんな『グレンダイザー』が最近『グレンダイザーギガ』としてリメイクされており、ひかるやマリアはいるけれど(設定は見事に一新)、甲児は不在……。
ん、あのキャラがひょっとして甲児のポジションなのかな?




[PR]
by odin2099 | 2015-04-28 21:20 |  映画感想<マ行> | Trackback | Comments(0)

これぞロボットアニメの最高傑作!
…とまでは言わないけれど、もっともっと評価されても良いと思っている一本。

e0033570_20590970.jpg
『闘将ダイモス』がSF版「ロミオとジュリエット」と言われていたけれど、恋人同士が敵味方に分かれて対決するというパターンはこちらの方が早いし、『機動戦士ガンダム』には同型のヤラレメカ(ザクなど)が登場して画期的と言われていたけれど、この作品に出てくる円盤獣(とは呼ばれてないけど)の方がやっぱり早い。


まあその辺は「だから何だ?!」というレベルではあるけれど、実際には30分の長さの中で、男女の愛(三角関係?)、主役メカの巨大感の演出、戦争の虚しさ…と娯楽作でもあり、問題提起の作品でもありという欲張り加減が見事に昇華してるというのが大きなポイント。


グレンダイザーの方が確かに洗練されているけれど、武骨なロボイザー、そしてスペイザーと合体した後のガッタイガーのインパクトは捨てがたいし、クールな美形キャラの『グレンダイザー』版に対して、ヒーローの王道を行く熱血漢の『宇宙円盤大戦争』版の宇門大介(デューク=フリード)は、やはりロボット物の主人公はこうでなくっちゃ、という安心感を与えてくれる。

e0033570_20591733.jpg
菊池俊輔メロディも緩急自在で、これは本当に埋もれさすには惜しい。

こちらに過去記事あり。


[PR]
by odin2099 | 2015-03-26 21:09 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)

by Excalibur
ブログトップ