【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

タグ:永井豪 ( 49 ) タグの人気記事

「デビルマン」は「マジンガーZ」と共演しているし、「ゲッターロボ」は「グレートマジンガー」と共演しています。
勿論、「グレート」は「Z」の続編。
未完に終わっちゃったプレステソフト『ダイナミックロボット大戦』や、web連載は完結したのに一向に単行本の最終巻が出ない『ダイナミックヒーローズ』では、「マジンガー」、「デビルマン」、「ゲッター」の揃い踏み(他に「グレンダイザー」や「キューティーハニー」も)も実現していますが、うーん、「デビルマン」と「ゲッター」の直接の共演という発想はなかったなあ。

お話は、地上征服の障害となるゲッターロボを倒すため、太古の昔に覇権を争った恐竜帝国とデーモン族が手を結ぶものの、デビルマンの助力により遂に撃退される、という<東映まんがまつり>世代感泣の王道路線。
でも、燃えないんだよね、何故か。

e0033570_9132792.jpg早乙女ミチルと牧村美樹が幼馴染という設定で、ゲッターの危機に二人は試作型のゲッタークイーンに乗り込んで出撃したり、クライマックスはメカザウルスにデーモンが合体したメカザウルスデーモンと、デビルマンとゲッターロボが一体化したデビルゲッターの大決戦だとか、色々と見せ場は用意されてはいるものの、なんか違和感が先に立っちゃって。

というのも、ゲッターチームのリョウもハヤトもムサシも、そしてデビルマンこと不動明も、原作漫画でもない、アニメ版とも違う、似て非なる別人というか偽物っぽく見えちゃうのが最大の原因。特にゲッターチームの3人は、誰一人似ても似つかぬキャラで、リョウは神谷明の声でも石川英郎の声でも喋りそうもなく、ハヤトもキートン山田や内田直哉のイメージではない。辛うじて不動明は速水奨、というよりやっぱり田中亮一の声を想い浮かべながらフキダシのセリフを読むことが出来るかな、てなもん。

まあ「ゲッターロボ」は石川賢との合作、というかほぼ石川賢の作品だし、一方の「デビルマン」も、やれ『バイオレンス・ジャック』だ、『新デビルマン』だ、『デビルマンレディー』だ、と収拾付かなくなってる状態だから、多くを期待しちゃいけないんだろうけどね。

ラストで明と美樹が、「次に行きたい世界」として「鋼鉄ジーグ」や「アイアンマッスル」、「バトルホーク」、「アステカイザー」の名前を挙げるものの、最後は「けっこう仮面」に落ち着く、という終わり方をするが、このコラボはまだ続くのかねえ。
[PR]
by odin2099 | 2010-10-23 09:12 | | Trackback | Comments(0)
e0033570_17445699.jpgいやー、これは確かに”衝撃”かも。
なんせ、「いきなりクライマックスだぜ!」と言わんばかりの第1話だからだ。
「大団円」というサブタイトルとは裏腹に、正に最終回一歩手前といった感じのノリ。
とにかくムチャクチャなハイテンション!途中にCMも殆ど入らんし、これが今川節かぁ~?!

光子力研究所からはマジンガーZをはじめ、ビューナスAらマジンガー軍団が出動し、一方のDr.ヘルも、あしゅら男爵、ブロッケン伯爵、ピグマン子爵らを総動員しての総攻撃。
その中でレギュラー・キャラクターは一通り(なのかな)顔を見せ、暗黒大将軍や剣鉄也とグレート・マジンガーっぽいシルエットも登場し、更にはZ神(ゼウス)こと”Zマジンガー”まで登場?!
『マジンガーZ』のリメイク、プラス『Zマジンガー』のアニメ化というわけか?
元々は『Zマジンガー』のアニメ化企画を転用したものだという噂も、どうやら的外れではないみたい。

また、一ゲストキャラクターに過ぎなかったシュトロハイム博士が、鍵を握る重要な役割を担っているようなのも気になるなぁ。
あ、この人、ラインX1(漫画版だとドナウα1)の設計者ね。マイナーな存在かと思いきや、「スーパーロボット大戦」では御馴染みらしいけど。
そして全体に漂う(?)「バイオレンスジャック」の影・・・。
とりあえず次回からは時系列を遡って、本来の第1話から見せてくれるんだろーね?

ちなみに冒頭部分は、”神にも悪魔にもなれる”力を得た兜甲児が視聴者に語りかける、という形で幕を上げるが、これは原作コミック第1巻の出だしと同じ。
このあたりが拘りの部分だろうか。
[PR]
by odin2099 | 2009-04-05 17:46 | テレビ | Trackback | Comments(4)
「写真とマンガが合体した、超けっこうな”ストーリー・ヌード・グラビアBOOK”」と謳われている、『けっこう仮面』の続編的オリジナル・ストーリー。コミックというよりは写真集に近い。先に『キューティーハニーR.C.T. with MEGUMI/女神計画 GODDESS PROJECT』という写真集が作られているが、それに続く第二弾という位置付けなのだろう。

e0033570_23541825.jpgただ『ハニー』の方は、当時のイエローキャブのアイドルR.C.T.(北川友美、小林恵美、森ひろこ、根本はるみ、五十嵐結花)とMEGUMIを起用していたために露出度という点では大人しめだったが、こちらは題材が題材なだけに松島かえで吉沢明歩小沢菜穂沢口あすか蒼井そらとAV女優を並べている。それぞれが生徒に扮し、学園長によって理不尽なお仕置きを受けていると けっこう仮面 が現れる、というパターンが繰り返される。つまり全員が けっこう仮面 な訳で、最後には全員揃って学園に平和をもたらす、というのが全体のストーリー。巻末には永井豪書き下ろしの短編マンガ『今宵もけっこう けっこう仮面』も特別収録されている。

『けっこう仮面』は映画やビデオで何度も実写化されているが、こと女優のレベルに関してはこの作品が最も高い。これだけのキャストを揃えられればもっと見映えのする作品が作れたんじゃないかと思うのだが、やはりこれはグラビアだからこそ出来ることなんだろうな。
撮影は宮澤正明で、永井豪が監修。流石に発売から3年以上経っているので、現在では出演した5人のうち3人までは引退しているようだ。
[PR]
by odin2099 | 2007-10-22 23:56 | | Trackback | Comments(0)
木曜日の晩からWOWOWで始まった新番組、それが永井豪原作の『鋼鉄神ジーグ』だ。

なんだー、またリメイクかよ、と最初のうちは思っていたのだが、いざ蓋を開けてみると、これが何とオリジナル『鋼鉄ジーグ』の続編だった!というからオドロキ。
といってもTVアニメ版の続編ではなく、共同原作者だった安田達矢の描いたコミック版から50年後の世界という設定らしい。旧作の登場人物たちがどう絡んでくるか(絡んでこないか)もちょっと気になる。ちなみに表題は第1話のサブタイトル。

永井豪テイストの希薄な、イマドキの絵柄なキャラクターにはノレないのだけれども、アクション・シーンは充実していてこの1話は楽しめた。ちょいとゴテゴテしすぎの感もあるけれど、新生ジーグもなかなか格好良い。
サイボーグの主人公が頭部に変身し、様々なパーツが合体するというオリジナル版と違い、こちらは主人公の乗るスーパーバイクが変形し、それにパーツが合体するというのが新機軸。
e0033570_9451045.jpg

WOWOWにはもう一本、『REIDEEN』という作品もあるけれど、そっちには食指が伸びないなぁ。
オリジナルの『勇者ライディーン』一挙放送という連動企画もあって、こっちの方は嬉しいオマケだったけれど。

それにしても本作の製作会社の名前は”ビルドベース”というのだから、なんとも人をくったハナシである。
まぁ『真(チェンジ!!)ゲッターロボ』、『真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ』は早乙女研究所、『マジンカイザー』、『マジンカイザー/死闘!暗黒大将軍』は光子力研究所、『新ゲッターロボ』は新早乙女研究所名義だったから、これはこれでアリなんだろうけれど。
[PR]
by odin2099 | 2007-04-07 23:41 | アニメ | Trackback(3) | Comments(0)
e0033570_2334696.jpg永井豪が生み出したヒーローたちが一堂に会する作品、その待望の第2巻がとうとう発売されました。

オンライン上の有料コンテンツとして作られている作品なので、読みたくてもなかなか読めず、続きが出るのを首を長~くして待っていたのですが、一年ぶりの最新刊です。

第1巻は2004年6月号から2005年3月号に掲載された分を2005年12月に、そしてこの第2巻では2005年4月号から12月号までの分をまとめているのですが、まだ刊行ペースとは一年近く隔たりがあるんですな。
これじゃあずっと気をもんだまま、と思っていたら、どうやら次の第3巻で完結、しかも来春発売予定とのこと。ということは、まもなく連載も終ってしまうということのようで、それはそれで残念。
で、慌ててwebサイトを覘いてみると、なんといつの間にか有料コンテンツじゃなくなっておりました。うー、もっと早く気付けば良かった・・・。

e0033570_23343372.jpgデューク・フリードとマリアがフリード星に帰ってから一年後、突然マリアを乗せたスペイザーが、謎の宇宙人に追われて地球へと飛来する。救出に向かった兜甲児のダブルスペイザーだったが、その前に空魔獣グランゲンが立ちふさがり、辛くも剣鉄也の駆るグレート・マジンガーに救われる。
一方、暗躍する豹の爪(パンサークロー)を追っていたハニーは、実はそれが自分をおびき出すための罠であり、パンサークローとデーモン族の妖獣が手を組んだことを知る。その危機を救ったのは、不動明ことデビルマンだった。
更に早乙女研究所が結合獣ボングに襲われ・・・という具合に作品のクロスオーバーが進み、今度の第2巻ではグレートとゲッターロボの共闘や、兜甲児とデビルマンの再会等々、当時のTVシリーズ及び<東映まんがまつり>で上映された劇場作品を知っている層が、ドップリと当時の気分に浸れる作品作りが行われているのです。
絵柄も当時のアニメーション作品に極力似せて描かれているので、本当にあの頃に戻れる気がします。

これからクライマックスへ向けては、行方不明になったデューク・フリードとグレンダイザーの消息が明らかにされると共に、いよいよ兜甲児がマジンガーZを操縦するようなので、これは益々先が愉しみ~。

ところでまだ先のことですが、この作品が無事に完結した暁には、番外編として幻に終った『グレンダイザー対鋼鉄ジーグ』を是非取り上げて欲しいですね。
1976年春の<まんがまつり>用に企画が立てられたもののボツになり、その後の作品でもアイディアはあったようですが結局共演がならなかったジーグも、同じ永井豪原作、東映動画製作のロボットアニメなのですから、やっぱり仲間入りさせてあげたいものです。
[PR]
by odin2099 | 2006-12-27 23:36 | | Trackback | Comments(4)
今朝の新聞を読んでいてビックリ。
漫画家・石川賢の名前があるじゃありませんか!?

石川賢といえば、永井豪と並ぶダイナミック・プロの2枚看板。
代表作はというと、『魔獣戦線』、『虚無戦記』、それに『ゲッターロボ』でしょうかねぇ。

実のところ、それほど作品を読んでいるわけではないけれど、やっぱり子供の頃から影響受けた人の一人。
印象的だったのは、異色のコミカライズ作品『ウルトラマンタロウ』かなぁ。
まだ58歳。
連載中の作品を抱えての突然死とのことですが、早すぎる・・・。
[PR]
by odin2099 | 2006-11-17 23:30 | ニュース | Trackback | Comments(2)
e0033570_88533.jpg佐藤江梨子主演の実写版映画の前に、既にアニメーション版の映画化作品が存在していました。
・・・というとちょっと違うかもしれませんが、1974年春にはTVシリーズの第12話「赤い真珠は永遠に」が<東映まんがまつり>の一本として上映されています。
この劇場公開版のソフト化は未だされていないはずですが、作品そのものは『ダイナミック・コンピレーションDVD』という、『デビルマン』や『マジンガーZ』、『ゲッターロボ』に『鋼鉄ジーグ』、『グレートマジンガー』、『ドロロンえん魔くん』、『UFOロボ グレンダイザー』ら、永井豪・原作、東映動画(現・東映アニメ)製作作品から傑作エピソードを集めたDVDにも収録されていることですし、ここはちょっと拡大解釈ということで。

e0033570_2133116.jpgパンサー・クローの刺客シーパンサーは、ファッションショーで披露された赤い真珠を狙っていた。モデルに扮したハニーはその真珠を守ろうとするが、その真珠には哀しい伝説が伝えられていた。
昔、漁師の網にかかった一人の人魚が、命乞いをするときに流した涙が赤い真珠となった。欲に目が眩んだ漁師たちは人魚を痛めつけ、更に真珠を手に入れようとするが、暴行された人魚は死んでしまい、残されたのは一粒の真珠だけだった、というものだったのである。人魚の運命に涙するハニーはふと、その人魚には家族はいなかったのだろうか、と思う。
そんな時、再びシーパンサーが真珠を狙って襲い掛かってきた・・・!

『ハニー』のキャラクターデザインを担当した荒木伸吾が作画監督を務め、流麗な画面が楽しめるのに加え、お涙頂戴モノに偏り過ぎることなく、アクション面とのバランスも絶妙な作品ですので、このエピソードが<まんがまつり>にセレクトされたのも納得です。シリーズ中の最高傑作と言っても過言ではありませんし、独立した作品としても充分に楽しめますので、機会があれば是非ご覧になっていただきたいと願います。

e0033570_18321844.jpg

[PR]
by odin2099 | 2006-09-08 08:08 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_10551256.jpgテレビシリーズ第6話「恐竜!東京ジャック作戦」を、ブローアップしてワイド版に仕立てたもので、夏の<東映まんがまつり>上映作品の一つです。この時はメインプログラムが『マジンガーZ対暗黒大将軍』でしたから、劇場でマジンガーZ、グレート・マジンガー、それにゲッターロボと、永井豪&ダイナミック・プロの3大ロボットを堪能出来たわけです。

しかし当時の記憶は結構いい加減でして、実は割りと最近まで劇場で上映されたのは別のエピソードだと勘違いしていたくらいです。それくらい印象に残らないお話だったとも言えますが(苦笑)。

些細なことでいがみ合うゲッターチームの3人、リョウ、ハヤト、ムサシ。皆の気持ちがバラバラな故にピンチを迎えるのですが、結局はなんとな~く勝ってしまいます(笑)。仲直りしたんだかしないんだか、どうも釈然としない終わり方なんですが、これも初期エピソードならではの迷走なんでしょうか?e0033570_23504877.jpg







e0033570_231805.jpg
[PR]
by odin2099 | 2006-05-10 06:02 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_11465862.jpg毎回毎回<まんがまつり>に相応しい出し物を用意してくれていた「マジンガー」シリーズ。だがこの作品だけは、手抜きという訳では決してないのだけれども、<まつり>というには些か寂しいものになってしまった。リアルタイムで見た時の印象が殆ど残っていないのも、その証拠だろう。
何度か見直しているので、作品そのものへの評価は上がってはいるものの、この思いは最後まで続くのだろうなぁ。

  * * * * * *

「しねま宝島」より転載
劇場用<マジンガー>シリーズの5作目(除『宇宙円盤大戦争』)で、春の<東映まんがまつり>目玉の一本。
TVシリーズのレギュラー悪・ベガ星連合軍はそのままに、ゲストキャラのバレンドス親衛隊長がロボット博物館からグレート・マジンガーを奪い、グレンダイザーに挑むという内容。そのため、「対」で結ばれたヒーロー同士が実際に対決するシリーズ唯一の作品ともなっている。

兜甲児の乗るTFOが破壊されるなど映画オリジナルのシチュエーションはあるものの、時間的にもそのままTVの一挿話として放送してもおかしくない反面、イベント性は一番低い。
というのも、この作品が公開される前に石川賢が『グレンダイザー対ダブルマジンガー』という作品を発表しており、そちらではベガ星連合軍に操られた甲児と剣鉄也がマジンガーZとグレートを駆ってグレンダイザーを倒そうとするものだったからだ。
e0033570_18144137.jpg

それに比べれば、並べて展示してあったZには目もくれず、バレンドスが操縦するグレート一体だけというのはあまりにも弱過ぎる。またクライマックスでは甲児がグレートに乗るが、これはこれで違和感がありすぎ。
また石川賢は直接この作品のコミカライズも手掛けているが、そちらではバレンドスがデューク・フリードと因縁浅からぬ人物に設定され、残酷描写も増していて子供にはトラウマ必至の力作に仕上げているだけに尚更だ。

相変らず足手まといぶりを発揮する甲児、苦しめられた割りにグレートを過少評価するデューク、エネルギー満タン状態(?)でグレートを展示するロボット博物館の危機管理能力のなさ、何故か甲児の回想シーンで胸の放熱板を投げつけているZ(グレートブーメランじゃないんだから)等々ツッコミどころも満載。
また当時の気分として、今度映画でグレンダイザーと競演するのは鋼鉄ジーグだろう、という予想と期待があっただけに、余計にガッカリしたことを覚えている。

もっとも『グレンダイザー対鋼鉄ジーグ』、実際に企画は立てられていたようで以前ストーリーが紹介されたことがあったが、その段階で既にTVシリーズをベースにしたこじんまりしたものになっていた。
しかし二大ヒーローの共闘という「画」は、それを補うだけの魅力を有している。何故それが実現しなかったのか、非常に残念でならない。
e0033570_18145511.jpg

子供心に大きく失望したのだが、既に次回作として『グレンダイザー・ゲッターロボG・グレートマジンガー 決戦!大海獣』の製作が告知されていたので、こちらには大いなる期待を抱いて映画館を後にしたものだった。

[PR]
by odin2099 | 2006-03-31 05:55 |  映画感想<ヤ行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_1664195.jpgグレート・マジンガーがメンテナンス中というタイミングを見計らったかのように宇宙人が襲来し、迎撃に飛び立ったゲッターチームを壊滅させてしまった。ようやく修復なったグレートが出撃するものの、立ちはだかる宇宙怪獣の前に大苦戦を強いられてしまう。その時、新たなるゲッターロボが出動、共同戦線を張った2大スーパーロボットは、見事侵略者を撃退するのだった。

1975年夏の<東映まんがまつり>のメイン作品で、グレート・マジンガーの新兵器グレートブースターのお披露目、TVシリーズの流れとは無関係に再度描かれるゲッターチームのムサシの死と新ゲッターの誕生、さらにグランゲン、ボング、ピグドロンと3体もの宇宙怪獣の登場、とイベント要素は盛り沢山。
その割りに小粒な印象を受けてしまうのは、上映時間がこれまでの作品よりも若干短くなったことと、明比正行の演出が手堅くまとまり過ぎているからだろうか。

明確には触れられてはいないが、前作『グレートマジンガー対ゲッターロボ』の続編と受け止めるのが自然で、前回宇宙怪獣ギルギルガンを送り込んだ宇宙人と、今回の連中が同一の存在かどうかはわからないが、何らかの関係があるものと思われる。
それにしても本作では、グレートもゲッターも宇宙からの侵略者に対抗する手段としか思えない位置付けになっているのだが、この世界にはミケーネ帝国も恐竜帝国も、それに百鬼帝国も存在していないのだろうか。
e0033570_21475867.jpg

[PR]
by odin2099 | 2006-02-24 06:07 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)

by Excalibur
ブログトップ