【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

タグ:DCコミック ( 60 ) タグの人気記事

スーパーマン、バットマン、ワンダーウーマン、グリーンランタン、フラッシュ、そしてサイボーグ。<ジャスティス・リーグ>は向かうところ敵なしの大活躍。
一対一ならいざ知らず、チーム相手ではとても敵わない、とレックス・ルーサーはシネストロやブラックマンタらを集め、悪の軍団<リージョン・オブ・ドゥーム>を結成。政府の秘密基地エリア52を襲撃し、”切り札”を手に入れる。
そして見事に<ジャスティス・リーグ>を罠にはめ、地球から追放することに成功したのだった…?!

e0033570_22333933.jpg「LEGOスーパー・ヒーローズ:ジャスティス・リーグ/クローンとの戦い」に続く2作目。
いやその前に「LEGO バットマン:ザ・ムービー/ヒーロー大集合」があるので、実質的には3作目か。
といってもお話は繋がっていないし、今公開されている「レゴ・バットマン ザ・ムービー」とも全く無関係。
それぞれ独立した作品として楽しんでね、ということなんだろう。

大活躍の<ジャスティス・リーグ>だけど、実のところ一致団結とは言い難い。
チーム最年少のサイボーグは失敗ばかりで皆の足を引っ張ってるんじゃないかと焦っているし、フラッシュとグリーンランタンは些細なことで競い合っているし、リーダー選挙ではバットマンとスーパーマンが対立。
そんな隙を<リージョン・オブ・ドゥーム>の”切り札”に付け込まれ、大ピンチに追い込まれるのだが…

その”切り札”とはなんとジョン・ジョーンズ、”マンハンター”! 
エリア52に閉じ込められていたところをレックスらに助け出され、騙されて協力させられる。
しかしやがて彼は真実を知り、成長したサイボーグと共に<ジャスティス・リーグ>の危機を救う、という流れになっている。
レックスの背後には黒幕としてダークサイドがいるのだが、こちらは睨みを利かす程度の出番に留まっており、これは再登場に期待かな。

最新の「レゴ・バットマン ザ・ムービー」に比べると、お話がシンプルというか一直線で、いがみ合う<ジャスティス・リーグ>の描写に多少の居心地の悪さは感じるものの、バットマンの山寺宏一、スーパーマンの花田光ら安定の吹替キャストの好演もあって安心して見ていられる。
原語版だと、なんとマーク・ハミルがシネストロ、ジョーカー、トリックスターの三役も演じているようで、丁寧に作られているんだなあと感心した。
今年は遂に実写版の「ジャスティス・リーグ」が公開されるけど、さてどんな感じになるのやら。


[PR]
by odin2099 | 2017-04-13 22:34 | ビデオ | Trackback | Comments(0)
e0033570_19465726.jpg2014年に製作された「LEGOムービー」は大ヒットして続編が現在進行中ですが、これはそのスピンオフとして作られたバットマンが主役の映画。
といっても「LEGOムービー」とは関係ないお話だし、舞台となっているのも別世界みたいで、わざわざ「スピンオフ」なんて断らなくても良かったんじゃないの?

それに「LEGO バットマン:ザ・ムービー/ヒーロー大集合」をはじめとしてジャスティスリーグが活躍するシリーズがDVDとかでリリースされているし(そっちとも繋がってないみたい)、なんか今更って感じのする作品でした。

かまってちゃんのバットマンは鬱陶しいし、押しかけ(?)養子のロビンもウザいし、自分の正義を掲げてひたすらまい進するバーバラ・ゴードン新ゴッサム市警本部長もある意味傍迷惑だし、そしてバットマンの宿敵を自認するジョーカーもこじらせ系だし…とやたら賑やかというか、ウルサイ映画になってしまってます。

まあ重たく辛気臭い<DCフィルムズ>もどうかと思うので(実写版のパロディが随所に織り込まれてる)、あちらでもこれぐらい弾けた作品を作っても面白いかなあと思わないでもないけれど、世間の評判の高さとは裏腹に、自分にはちっとも楽しめず、騒々しいだけでしたねえ。

e0033570_19473368.jpgジャスティスリーグ登場か?と思わせておいて、スーパーマンらの出番はほんの少しだし、ジョーカーが率いる悪者軍団のメンバーは「ロード・オブ・ザ・リング」のサウロンに「ハリー・ポッター」のヴォルデモード卿、キングコングに「オズの魔法使い」の西の悪い魔女、「タイタンの戦い」のクラーケン、「マトリックス」のエージェント・スミス、「ジョーズ」のサメ、「ジュラシック・パーク」の恐竜、それにグレムリンと借り物ばかり。
「LEGOムービー」の中でやるならいいけれど、「バットマン」世界でそれをやられても違和感が先に立ってワクワクしません。

また吹替版で見たのですが、起用された芸人が自分の持ちネタをぶち込むなんざ、言語道断!
上手い下手以前の問題です。

おそらく当人のアドリブとかではなく、翻訳台本にあった指示でしょうけれども、いずれにせよそれを企画した者、OKを出した者は許すまじ。
おかげで余計楽しめなくなってしまいました。

その吹替版、何といってもジョーカー役の子安さんが弾けてます。
このキャスティング、「スーサイド・スクワッド」からの継続というのがなんとも…。
キャラは全然別なんですけどね(^^;


[PR]
by odin2099 | 2017-04-02 19:50 |  映画感想<ラ行> | Trackback(9) | Comments(5)
<DCフィルムズ>第三弾「スーサイド・スクワッド」のDVD&Blu-rayが発売になりました。
セル版のBlu-rayには、「バットマンVSスーパーマン/ジャスティスの誕生」に続いて長尺の<エクステンデッド・エディション>を収録、ということでこちらを鑑賞。

e0033570_20511176.jpg劇場版123分に対してエクステンデッド版は135分、大した違いじゃないかなと思いきや、作品の印象が随分と変わります。
軍団の個々のメンバーの描写がかなり増え、キャラクターに幅が増えました。ジョーカーも、ちょこちょこ出てくるワケわからんヤツではなくなっています。
なかでもやはり出番が多くなったのはハーレイ・クイン
物語上の中心にいるのはデッドショットですけれど、作品全体のイコンは彼女ですねえ。
ウザいながらもキュートで、これで彼女のファンが更に増えそうな予感。

にしてもなんで最初からこちらのヴァージョンを公開しなかったのでしょう。
たかだかランニングタイム十数分の違いなら一日の上映回数にも大した影響は及ばさないだろうし、劇場公開時の不満の声もかなり抑えられたはずです。

前作「バットマンVSスーパーマン」も劇場版ではなくアルティメット版が「真の姿」という感じでしたが、こちらもエクステンデッド版が完成形だと感じました。
ワーナー・ブラザーズ、判断ミスが続いているんじゃないですかねえ。

【ひとりごと】
ハーレイ・クインの初登場シーンに流れる曲、あれを聴くとどうしても つちやかおり のデビュー曲を思い出してしまう。
「恋と涙の17才」、カバー曲で彼女はデビューしたんだよね。
[PR]
by odin2099 | 2016-12-27 20:55 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_23455855.jpg公開前は賛否両論だったけれど、蓋を開けてみれば意外な大ヒットとなった「スーサイド・スクワッド」

<DCフィルムズ>としては3作目になりますが、「マン・オブ・スティール」のハンス・ジマー、「バットマンVSスーパーマン/ジャスティスの誕生」のハンス・ジマー&ジャンキーXLに続いて音楽を手掛けたのはスティーブン・プライス

ちょっと<ダークナイト・トリロジー>を彷彿とさせるような、いわば「バットマン」っぽいスコアはちょいとお気に入り。
映画本編同様、音楽ももっともっと話題になって欲しいところなんですが…まずCDが見当たらない。

e0033570_23460770.jpg「スーサイド・スクワッド」のサントラとして店頭に並んでるのは「THE ALBUM」と題されたコンピレーション・アルバムの方なんですよね。→コイツです。
でもどんなに豪華アーティストの共演を謳おうが、個人的には昔から歌曲集が苦手。こっちしか出ないとガッカリするのが常ですし、まず買いません(今回は買っちゃったけど)。

で、探したところ、出てましたよスコア盤。
店頭では見かけなかったので密林でポチっとしましたけど、うん、やっぱり良い。
国内盤が出ないのは残念だけど、せめて輸入盤は店頭に置いて欲しいよ~。
他の<DCフィルムズ>作品やマーベルの作品は、タワレコなどの店頭で輸入盤見かけるんですけどねえ。
やっぱり歌曲集の方しか売れないと思ってるのかなあ。
[PR]
by odin2099 | 2016-10-08 23:50 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
「マン・オブ・スティール」「バットマンVSスーパーマン/ジャスティスの誕生」に続く<DCフィルムズ>の3作目。
e0033570_21134304.png
スーパーマン亡き今、未曾有の脅威に立ち向かうのは誰か?
米国政府高官アマンダ・ウォラーはタスク・フォースXの結成を決定する。
死刑や終身刑を言い渡されている極悪人たちを、減刑を条件に危険な任務に送りだそうというのだ。もちろん裏切ることを想定して体内に超小型の爆弾を埋め込み、もしもの時には瞬時に抹殺出来るような仕掛けを施して。
選ばれたのは凄腕のスナイパー、デッドショット、ジョーカーの恋人のメンヘラ美女、ハーレイ・クイン、発火能力者のディアブロ、ワニのような肌を持つ怪力のキラー・クロック、身勝手で残忍なブーメラン、世界最高のロープの使い手スリップノットら。そしてこれらアウトロー集団を率いるのは戦闘のプロ、リック・フラッグ。そして彼のボディガードを務める女暗殺者カタナもメンバーに同行する。
最初のミッションは、武装したテロ集団が立て籠もるビルからの要人救出。しかし彼らの前に現れたのは人外の怪物たちだった。
実はリックの恋人に憑依していた古代の魔女エンチャントレスが、自らの野望を叶えるために暴走を始めたのだ。
更にハーレイ・クイン奪還を狙い、ジョーカーも暗躍を始める!

e0033570_21143200.jpgこれで3本目になるけれど、今のところ<DCフィルムズ>で満足出来た作品が1本もないぞ。<マーベル・シネマティック・ユニバース>は殆どの作品に満足しているのに、この差はなんだ?
まあ端から期待はしてなかったとはいえ、自分には<DC>世界は合わないんだろうか???

悪を持って悪を征する、というアイディアなんだけど、実のところスーサイド・スクワッドの面々がそれほどの悪人には見えない。
デッドショットは口は悪いけどなかなかの男っぷりだし、ディアブロが見せる侠気にはグっとくるものがあるし、キラー・クロックも見た目はアレだけどやる時はやるというプロっぽさを垣間見せてくれるし、日和見だったブーメランもなんだかんだで最後は仲間と行動を共にするし、エロ可愛いハーレイ・クインは稚気のかたまり。

結局一番悪いのは、正義の味方の親玉然としていたアマンダじゃん。彼女がヘンな考え起こして、しかも諸刃の剣を振り回すから事態がややこしくなり、さらにリーダー面して偉ぶってたリックがそれに輪をかける大失態で、魔女を解き放って火に油を注ぐ始末。いわばその自業自得の尻拭いをさせられる面々が少々お気の毒だ。
強大な外敵を倒すためにはヴィランの力を借りざるを得ない、ヴィランと言えども自分たちの住む世界を守るためには立ち上がらざるを得ない、というならカタルシスも得られようが、火遊びの度が過ぎて気付いたら大火事になってしまい、慌てて消火活動するんじゃしょぼすぎる。しかもこれだけの大惨事に至りながら、アマンダに反省の色なしと救いようがない結末。なんなんだろう、この居心地の悪さ。

決してつまんなくはないからこそ色々と言いたいこともあるワケで、バットマンやフラッシュがチラチラっと顔見せ出演したり、ブルース・ウェインが仲間集めに奔走してるシーンを見ると今後の<DCフィルムズ>作品群への期待が高まるし、なんだかんだでクライマックス・バトルはそれなりに燃える展開なので見どころは一杯とは言える。

もっともそのクライマックスも、例えば先に「スーパーマン」なり「バットマン」なりの単独作を作ってその中でヴィランたちを紹介しておけば、この映画に出て来た時に「おお、こいつかあ」という気分に浸れるんだけど、みんな新顔ばかりなので(一応キャラクター紹介シーンはあるけど)強者集結ムードが皆無なのが勿体ない。
これで「バットマンVSスーパーマン」に出てきたレックス・ルーサーJr.がメンバーにいたら、ちょっとは違ったかもしれないけどね、この作品に合う合わないは別にして。
e0033570_21142259.jpg
さて、<DCフィルムズ>の次回作は「ワンダーウーマン」。
早くもエンドロール後に予告編を付ける力の入れようだけど、今度は期待していいよね?
来夏が愉しみだ。
e0033570_21140480.jpg
【ひとりごと】
それにしてもジョーカー、ウザかった。これで相当削ったってことは、最初はどんだけ出番が多かったんだ?


[PR]
by odin2099 | 2016-09-13 21:19 |  映画感想<サ行> | Trackback(22) | Comments(8)
『バットマンVSスーパーマン/ジャスティスの誕生<アルティメット・エディション>』(2016)

e0033570_13090112.jpg何かと評判の良くない「バットマンVSスーパーマン」ですが、152分の劇場公開版に対し、この<アルティメット・エディション>は183分とボリュームアップ!
さて、その出来栄えは如何に?

まずは「マン・オブ・スティール」と劇場公開版の「バットマンVSスーパーマン」を再観賞。
これ、なかなかキツかったです。
この2本だけで5時間。
<MCU>のイッキミならやる気はあっても、<DCフィルムズ>はゴメンだな…。

ただ今回改めて見て思ったのは、「マン・オブ・スティール」を無理して予習せずに「バットマンVSスーパーマン」を単独で見ても、案外大丈夫なのかな?ということ。
バットマン=ブルース・ウェイン視点で「スーパーマンは何者だ?」は色々語られますからね。

そしていよいよ<アルティメット・エディション>ですが、結論から言ってしまうと
こっちの方が良い!

劇場公開版に不満のある人・わかりづらいと感じた人は是非ともこちらを観るべし!
もっともお話自体がダメだったという人には、いくら補足があるとはいえ同じものですからねえ。

まず発端部分でジミー・オルセンの出番が増えてます。
公開版だとロイスとずっと行動を共にしていたような印象を受けましたが、ロイスとは現地で初対面なんですね。おそらく本来同行するはずだったカメラマンの代わりに、CIAが送り込んだ人材かと。
そして正体の知られたジミーが殺されると、民間人の救出を進言する現場と、構わず攻撃命令を下す軍の上層部との対立があり、発射されたミサイルの撃墜がスーパーマンの初登場シーンとなります。
いきなりロイスを助けに来たスーパーマンも如何にもヒーローっぽくて格好良いですが、これによって何者かによって罠にはめられたことが既に明確になりますのでその後のストーリー展開はスムーズになります。

クラークがゴッサムを訪れ、市民はバットマンをどう考えているかを取材するシーンが追加されたことで、彼が何故バットマンを危険視し、執拗に記事にしようとしていたのかの理由がわかりますし、砂漠の一件で非難を浴びて揺れる心情を養母マーサに電話して吐露する場面も加わり、クラークの人間臭さが強調されてもいます。

レックス・ルーサーの周到ぶりも協調されています。
砂漠の一件はルーサーの罠ですが、冒頭で証言する女性も実はルーサーに脅迫されて偽証していたことが判明。公聴会の前にフィンチ議員にそのことを話しますが(つまり公聴会開催の時点で、フィンチはルーサーの陰謀に気付いていたということ)、そのために彼女は始末されてしまいます。
またバットマンの仕業に見せかけて犯罪者を処刑するなど、スーパーマン、バットマン双方の不信感を募らせていくのです。
またルーサー邸でのパーティーの取材にデイリー・プラネット社からはクラークを指名したのも彼自身で、何故二人の正体を掴んでいたのかはともかく、ここで両雄を引き合わせることも目的だったようです。

砂漠でロイスたちを襲った銃弾の調査には謎の美女?の協力があったり(銃弾とウォレスが乗っていた車椅子には同じ金属が使われていたことや、スーパーマンの透視を防ぐために鉛が使われていたことも彼女の調べでわかります)、追加シーンの重要性を上げて行ったらキリがありません。
個人的にはラストの葬儀のシーンで、ペリー編集長やクラークの元クラスメイトの姿が見られたこと。編集長ってばこのシリーズではガミガミ怒鳴ってるだけの分からず屋に見えてしまうこともしばしばなので、こういうシーンは貴重。

――とまあ「良い良い」言ってきましたが、やはりネックは上映時間。
3時間は長すぎます・だれます・疲れます。
なのでシーンを追加した分、他を削って頂きたいですね。

例えば、バットマンがレックス・コーポレーションの連中からクリプトナイトを奪おうと追跡するシーン。あれ、しつこすぎません?
それにバットマンとスーパーマンの対決シーンももっと短くても良いと思うし、バットマンがマーサを救出する件やクライマックスのドゥームズデイとの戦いも。
バットマンの役立たずっぷりとワンダーウーマンのチートぶりはある意味快感ではありますが、この3人のパワーバランスが上手く描けていないので何がどうなってるのかサッパリなんですよね。ここらへん、本当に「アベンジャーズ」をもっと研究しろよ!と言いたいところです。

そして、細かくつまんで行けば、元の上映時間に少しは近づけるんじゃないですか。
といっても2時間半でもまだ長いと思いますけど。

さて、<DCフィルムズ>の次回作「スーサイド・スクワッド」の日本上陸まであと一カ月弱。
こちらも賛否両論というか否の方が多い印象ですけど、大丈夫なんでしょうか。
第四弾「ワンダーウーマン」は撮影終了で、第五弾「ジャスティス・リーグPART1」は現在撮影中だからここまではやるでしょうが、その後が続くのかどうか少々心配になってきましたぞ。

一方で「フラッシュ」、「アクアマン」、「シャザム」、「ジャスティス・リーグPART2」、「サイボーグ」、「グリーン・ランタン・コアズ」と当初発表されていた作品群の他に、バットマンの単独作、「マン・オブ・スティール2」、それに「スーサイド・スクワッド2」等々を追加という景気の良い話も聞こえてきて…?


[PR]
by odin2099 | 2016-08-14 13:15 |  映画感想<ハ行> | Trackback | Comments(0)
今年はマーベルが大々的は発表をしないんじゃないかと言われたりで、そんなに盛り上がらないんじゃないかなあと思っていたサンディエゴ・コミコン。
蓋を開けてみればかなりワクワクものの映像が沢山披露されましたね。

まずはキングコングのリメイクとなる「コング・スカルアイランド」

デカいです!
従来のコングとは比較になりません。
レジェンダリー・ピクチャーズとしては「GODZILLA」の2作目の後に、このコングとゴジラを共演させる作品を予定していますので、サイズを合わせる必要があったんでしょうね。

DCコミックからは「マン・オブ・スティール」「バットマンVSスーパーマン/ジャスティスの誕生」「スーサイド・スクワッド」に続く<DCフィルムズ>第4弾となる「ワンダーウーマン」の予告が登場。

ラストにはあのテーマ曲も流れますが、カッコ良いですね~。
2017/6/2に全米公開。日本だと来年の今ごろのサマームービー扱いでしょうか。

それに続く第5弾、「ジャスティスリーグ」の初お披露目。

現在撮影中のはずですが、随分と見応えのあるフッテージが揃っています。
バットマン=ブルース・ウェインとダイアナ・プリンス=ワンダーウーマンが、メタヒューマンたちをスカウトして回るという内容は、ちょっとコミカルな面も。
フラッシュ、アクアマン、それにサイボーグがチラリと姿を見せてくれていますが、そっか、グリーン・ランタンはまだ合流しないのか。
どんなお話になるのか不明ですけど、このメンバーに当然スーパーマンも加わるワケですから期待は高まります。
全米公開は2017/11/17。日本でも間髪を入れずに見せて欲しいですね。

ライバルのマーベル・コミックからは、まずNetflixで配信されているネットドラマのお話。
「デアデビル」のシーズン1と2、「ジェシカ・ジョーンズ」に続く作品群の予告が一気に登場。
9/30から配信開始の「ルーク・ケイジ」

来年配信予定の「アイアン・フィスト」

そしてそれに続くのが、デアデビル、ジェシカ・ジョーンズ、ルーク・ケイジ、アイアン・フィストの共演となる「ディフェンダーズ」!

その後には「ジェシカ・ジョーンズ」のシーズン2、「デアデビル」のシーズン3、それと「デアデビル」に客演していた「パニッシャー」の単独作も予定されていて…って、もう追いきれない~!

噂では「アベンジャーズ」の3か4で全員集合するっていう話もチラホラ聞こえてきたりこなかったり…?

今秋から放送のテレビドラマ「エージェント・オブ・シールド」シーズン4の情報も解禁され、こちらにはソニー・ピクチャーズから権利が戻って来た「ゴーストライダー」が参戦とか。

もう、ムチャクチャ。。。

<MCU>の映画版からは「ドクター・ストレンジ」の最新予告編もお披露目。

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」に続く<フェイズ3>の2作目、通算では14本目ですが、従来とは雰囲気が随分と違いそうですね。
まあ神様がいるんですから魔法使いがいてもいいと思いますが、これが他作品とどうリンクしていくのかも気になります。
日本でも年末の12/10に公開予定です。

また「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の続編にスターロードの父親が登場、演じるのはカート・ラッセルだとか、シルベスター・スタローンも何らかの役で出ていること、更に2019/3/8に全米公開予定の「キャプテン・マーベル」の主演がブリー・ラーソンに決定したことなども併せて発表されたようです。
あ、「ソー/ラグナロク」のネタも。

<マーベル・シネマティック・ユニバース>とは別のマーベル、<X-MENユニバース>からはプロフェッサーXの息子が主人公となるTVシリーズ「リージョン」の予告も登場です。


「ハリー・ポッター」のスピンオフ、「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」からも新映像が登場。

時期的に「ドクター・ストレンジ」と被っちゃうのがちょっと気になりますね。
「魔法使い」物として一括りにされなきゃいいけれど…?

個人的に気になってるのはコレ!
ガイ・リッチー監督の「キング・アーサー/レジェンド・オブ・ザ・ソード」

アーサー王と円卓の騎士を新解釈で描くという、確か六部作の第1弾、でしたっけ?
なんか「シャーロック・ホームズ」っぽいというか、なんというか…。
でも期待しましょ。

最後に、これはコミコンではなく「スター・ウォーズ・セレブレーション」で公開された「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」のメイキング映像。
予告編第2弾は会場限定のお披露目だったようで未だにネットには(非正規のものはあったけれど)上がっていないけれど、これはこれで期待させてくれます。


お楽しみはまだまだ続く~のは幸せです。

【追伸】
そうそう、こんなのもあったっけ。


[PR]
by odin2099 | 2016-07-24 18:26 | 映画雑記 | Trackback | Comments(0)
e0033570_20252515.jpgアメコミに疎い自分にはこういった組み合わせは想像すらできないけれど、あちらのファンにはすんなり受け入れられるのかねえ???
なんと「スター・トレック」と「グリーン・ランタン」のクロスオーバー作品。

発売元はDCコミック…ではなく、今現在の「スター・トレック」コミックを展開しているIDWパブリッシングとのこと。
以前はマーベルから出たり、DCから出たりしたこともあったようだけど、近年はここが権利を持ってるみたい。
なので対等な共演というより「スター・トレック」世界がベースになっていて、異世界からランタンたちが客演する形になっている。
ライターはマイク・ジョンソン、アーティストはアンヘル・エルナンデス。

「スター・トレック」世界は、JJがリブートした劇場版を受け継いだ世界観で、時系列的には「イントゥ・ダークネス」よりも後。
一方の「グリーン・ランタン」は、既に消滅してしまった彼らの世界から「こっち」に飛ばされてきたという設定になっているので番外編なのかな。少なくても映画版の続きじゃないし、<DCフィルムズ>との接点もなさそう。
パワーリングを巡って惑星連邦、ランタン・コァ互いの宿敵同士も邂逅し壮大な戦いが繰り広げられるというもの。

エンタープライズ号のクルーたちとグリーン・ランタン=ハル・ジョーダンはすんなり協力体制に入るし、とてつもないパワーを求めての攻防戦の割に、意外にお話はこじんまりとまとまっていて「あれ?」と感じる部分もあるものの、全体的に読みやすい。
ただ詳細な解説書が付いてるとはいえ、ある程度の予備知識がないと辛いかなあとは思う。

エンタープライズ号のクルーの中ではチェコフの比重が割と高めで、また各キャラクターがそれぞれの俳優に結構似ているので、そういう点では読んでいて少々辛い面も…。
アントン・イェルチン、合掌……


[PR]
by odin2099 | 2016-07-23 20:29 | | Trackback | Comments(0)
洋泉社MOOK」の「別冊映画秘宝」として発売された「アメコミ完全ガイド」も、最新刊で5冊目~。
このブログでも度々紹介してきた、と思ったら、あれ?最初の2冊しか取り上げてなかった?!

というワケで、この際まとめてみます。

最初に出たのが「スーパーヒーロー編」(2012/7/27発行)。
e0033570_21501301.jpg
最新作として取り扱われてるのが『アメイジング・スパイダーマン』と『アベンジャーズ』。
もう4年も前のことになりますねえ。
『アイアンマン』をはじめとする<マーベル・シネマティック・ユニバース>の諸作品や、サム・ライミ版の『スパイダーマン』、それに『スーパーマン』や『ファンタスティック・フォー』、『X-MEN』などが取り上げられております。
過去記事はこちら

続いて出たのが「ダークヒーロー編」(2012/8/28発行)。
e0033570_21502762.jpg
こちらはもう完全に前掲書と補完関係にある内容で、前掲書に載っていない『バットマン』を筆頭に、『ブレイド』、『コンスタンティン』、『クロウ』、『ダークマン』、『デアデビル』、『ゴーストライダー』、『ヘルボーイ』等々で、最新作は『ダークナイト・ライジング』。
他の「別冊映画秘宝」に比べて2冊ともかなり薄いので、合本にして欲しかったなあ、というのは以前にも書きましたっけ。
ここね。

3冊目は「スーパーヴィラン編」(2014/5/24発行)。
e0033570_21503501.jpg
このあたりから段々とカテゴリーが無理矢理な感じになってきてますね。
最新作は『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』と『アメイジング・スパイダーマン2』。作品紹介とは別に、作品の垣根を取っ払ったヴィランの記事が多いので、読んでるとかなーり混乱してきます。何とか以前との差別化を図ろうとしたのでしょうが。

4冊目が「ネクストヒーロー編」(2015/8/3発行)。
e0033570_21510259.jpg
早くも表紙と巻頭が『デッドプール』ですが、この時点での最新作は『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』。他にも『バットマンVSスーパーマン/ジャスティスの誕生』や『スーサイド・スクワッド』の先取り情報がメインなのは「ネクストヒーロー」ならでは?
また『ゴッサム』や『アロー』、『フラッシュ』などのTVドラマにもスポットライトを当てている。

そして最新刊が「バトルガールU.S.A.」(2016/7/8発行)。
e0033570_21504498.jpg
こちらでは『スーサイド・スクワッド』、『ワンダーウーマン』、『スーパーガール』をはじめ、キャラクターとしてはサイロック、ストーム、ミスティーク、スカーレット・ウィッチ、ブラック・ウィドウ、ペギー・カーター、キャット・ウーマンらをピックアップ。いやー、セクシーなお姉ちゃんが一杯載ってるのはいいねえ。

しかしバラバラな内容で5冊も出ましたけど、そろそろ再編集した合本版みたいなのが欲しいですね。
「これ一冊でOK!」みたいなのが。
それが無理なら「DCコミック編」と「マーベルコミック編」とかに分けてもいいし、<マーベル・シネマティック・ユニバース>で一冊、<X-MENユニバース>で一冊、とかでもいいんですがねえ。
どっかから出さないかなあ。


[PR]
by odin2099 | 2016-06-16 21:54 | | Trackback | Comments(0)
「グリーンのコスチュームはやめて!」と俺ちゃんが言ってたけど、その緑のヤツを再観賞。
ライアン・レイノルズは「ウルヴァリン/X-MEN ZERO」といい「ブレイド3」といい、アメコミ映画に縁が深いですなあ。
前の記事はこっち

この映画、公開当初は「続編決定!」と景気の良い話も聞こえていたのに、そのうち「続編じゃなくてリブートになりそう」とどんどんトーンダウンしていったのだけれど、そんなに酷かったかなあ。
「興行的にはイマイチだった」から「作品内容が不評だった」に代わり、しまいには失敗作の烙印を押されるに至っちゃったけど、個人的には詰まんなかったという印象はないんだけど。

e0033570_00083224.jpg硬軟自在のレイノルズは良かったし、ヒロインのブレイク・ライヴリーも悪くなかったし(スカーレット・ヨハンソンと離婚したレイノルズは、この作品が縁でライヴリーと再婚したんだっけ)、もし気に入らない点があったとすれば、グリーン・ランタンそのもののビジュアルイメージくらいなもの。あ、悪役もひっくるめてね。

原作コミックは良く知らないけど、能力的なものや世界観が受け入れられなかったとしてもそれは原作のせいだろうし、「スーパーマン」や「バットマン」級のヒットを期待していたとしたら、それは宣伝の仕方やら潜在的な作品のパワー(知名度を含めて)をも鑑みなきゃいけないところ。続編がポシャったのは実に勿体なかったなあと思う。

で、リブート版のグリーン・ランタンはどうやら「ジャスティス・リーグ」でデビューし、その後で単独作品も作られるようだけど、この作品よりもヒットするという保証はないんだし。

まあ、終わったことをグチグチ言っても詮無いことなので、今後の<DCフィルムズ>のお手並み拝見。
そういやこの映画には<エクステンデッド版>もあったんだっけ。今度はそっちも見てみようっと。


[PR]
by odin2099 | 2016-06-05 00:12 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)

by Excalibur
ブログトップ