人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『面白南極料理人』 西村淳

この本は面白かったです。
『面白南極料理人』 西村淳_e0033570_6141287.jpg作者の西村さんは海上保安官。
第30次南極観測隊に調理の担当者として参加し、今度は第38次南極観測隊ドーム基地越冬隊に参加した、という経歴の持ち主。
で、この本は、その第38次越冬隊として、昭和基地よりも100キロ彼方にあるドーム基地で、8人の仲間たちと共に過ごした一年間を綴ったエッセイ集なのです。

生物はおろかウィルスさえも生存を許されない、標高3800メートル、平均気温マイナス57度、最低気温マイナス79.7度という環境での、男ばかり9人の生活。当然様々なぶつかり合いもあるわけですが、その潤滑油の働きをしていたのが食事、なんですな。
選り抜きの豪華な食材を惜しげもなく使い、一方で過酷な環境ゆえの料理の難しさもありながら、何事もポジティブにとらえ、楽しむ姿勢。
根っからの寒がりなため、とても凍て付いた南極の大地で一年を過ごせるとは思いませんが、それでもちょっぴり羨ましくなる、そんな素敵な一冊でした。
この本を元にした映画が作られていますが、かなーり興味があります。
Tracked from 心に残る本 at 2009-06-28 23:17
タイトル : 「面白南極料理人」
「面白南極料理人」の舞台は、昭和基地から1000km離れた南極ドーム基地。平均気温-57℃という過酷な地で、8人の男たちが、外界から遮断された生活を送ります。 楽しみといえば食べることだけ、という極寒の地で...... more
Tracked from モコモコ雲を探しに♪ at 2009-11-20 13:31
タイトル : 「面白南極料理人」(西村淳)
{{{     面白南極料理人            西村淳     新潮文庫    }}} [http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2592077&pid=878599627&vc_url=http%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2F7andy%2F31419199.html ★「面白南極料理人」は、こちらから★] [[img(http://a248.e.akamai.ne...... more
Tracked from 日々の書付 at 2011-02-24 23:54
タイトル : 「面白南極料理人」 西村 淳
映画 「南極料理人」の原作、「面白南極料理人」を読みました。平均気温−50℃、ウイルスもいない南極・ドーム基地。映画ではドテラだけで自転車に乗るドクターや、みんなでパンツ一丁で記念写真をとるシーンがありましたが、まさか本当にそんなことはしていないだろう、映画上の演出なんだろうな、と思っていたら…やってたんです実際に!(((( ;゜Д゜)))それどころか超極寒の中でドラム缶風呂に入ったり、焼いてからすぐ口に入れないと凍りついちゃうバーベキュー、雪の中は温かいということで、穴を掘って自分を埋めてしまったり...... more
Commented by 日月 at 2011-02-27 00:56 x
映画「南極料理人」を見たとき、-60℃で記念撮影をしていたのはてっきり演出だと思っていたら、本当にやってたんですね。そして映画以上に隊員達がタフなのに驚きました。工夫をこらして日本にいるときと変わらない食事をつくる西村さん。美味しいご飯があれば、結構人間てがんばれちゃうものですね。
Commented by odin2099 at 2011-02-27 16:26
映画を先にご覧になると、描かれているエピソードの殆どがフィクションだろうと考えてしまうでしょうが、かなり実話に近いことがこれを読むとわかります。
こちらを先に読んでいると、ああこのエピソードはこういう風にアレンジされたんだな、これをよく映像化したなあ、と感心する場面もしばしば。
”食”ってやはり人間にとって大切なものですねえ。
by odin2099 | 2009-06-25 06:14 | | Trackback(3) | Comments(2)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31