人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『三浦友理枝&遠藤真理 デュオリサイタル』

昨日は豊島園で映画を観た後、光が丘まで自転車でサーっと移動(地下鉄乗ると二駅)。IMAホールでのコンサートを楽しんだ。
『三浦友理枝&遠藤真理 デュオリサイタル』_e0033570_9411337.jpg
ピアノの三浦友理枝とチェロの遠藤真理との組み合わせだが、最近ではこの二人にヴァイオリンの川久保賜紀を交えたトリオでも活動をしている。

『三浦友理枝&遠藤真理 デュオリサイタル』_e0033570_9421723.jpgコンサートはエルガーの「愛の挨拶」から。
フォーレ「夢のあとに」とサン=サーンス「アレグロ・アパッショナート」を演奏した後は、ピアノソロでラヴェルの「水の戯れ」。
その後は二人でシューベルトの≪美しき水車小屋の娘≫より「どこへ?」と「野ばら」を演奏し、続けて別のシューベルト(あちらのシューベルトはフランツ・ペーター・シューベルトというそうだが、こちらはフランソワ・シューベルト。ただフランソワ・シュベールとかフランツ・シューベルトと呼ばれることもあるらしい・・・?)の「蜜蜂」。
チェロのソロで「アメイジング・グレイス」と「サリー・ガーデン」(プログラムでは逆に書いてあったが)、ピアノソロでチャイコフスキーの「舟歌」と続き、最後は二人でラフマニノフの「ヴォカリーズ」とカステル・ヌーヴォー=テデスコの「フィガロ」で前半は幕。

知らない曲も幾つかあったが、総じてメロディラインの美しい曲ばかり。チャイコフスキーの「舟歌」など、懐かしい記憶を呼び覚まされた。
「ヴォカリーズ」はやはり名曲。
ちなみに「フィガロ」とは、ロッシーニの「セビリアの理髪師」のアレンジ版だ。

後半はピアノソロでショパンの「ノクターン18番」で幕を開け、今回のコンサートのメインディッシュである同じくショパンの「チェロとピアノのためのソナタ」へと流れる。
どちらも初めて聴く曲なので耳馴染みがないのだが、どちらもいずれじっくりと向き合いたいなと思わせるだけのもの。

アンコールは2曲で、最初はメンデルスゾーンの「無言歌」、最後はサン=サーンスの「白鳥」。
以前はチェロを意識して音楽を聴くことはなく、ただ弦楽器の一部という意識しかなかったのだが、最近は遅まきながらその音色に惹かれるものを感じるようになった。
これからもっと生で聴く機会を増やしていきたい。
『三浦友理枝&遠藤真理 デュオリサイタル』_e0033570_9414341.jpg

by odin2099 | 2009-08-09 09:43 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30