【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

安土城

もう旅行から一カ月以上経ってしまいましたので、忘れないうちにまとめ。
先ずは順不同で安土城から。
e0033570_2032365.jpg

駅前で自転車を借り、ようやくたどり着きました。
織田信長の居城跡とはいうものの、城が焼け落ちてしまったせいか、周囲は長閑な田園風景。
e0033570_206518.jpg
e0033570_2074550.jpg

ふと山側に目を転じると、そこには石垣が・・・!
e0033570_2010688.jpg

整備された大手道ですが、まるで別世界のようで結構違和感があります。
e0033570_2010309.jpg

大手道を登っていきます。
e0033570_20154161.jpg
e0033570_20162534.jpg

周囲には羽柴秀吉や前田利家ら家臣団の屋敷があったとされております。
e0033570_20165335.jpg
e0033570_20171962.jpg

盟友であるところの徳川家康の屋敷もあったらしい。
e0033570_20192199.jpg

しっかしこの登り、かなーりキツイです。
e0033570_2022022.jpg

e0033570_20222996.jpg

e0033570_20241816.jpg
普通城主は天守閣に住むのではなく、別の屋敷とか御殿で寝起きしていたそうですが、信長は天主に”住んで”いたんだそうです。
e0033570_20244242.jpg
e0033570_20265071.jpg

ってことは利家や秀吉、明智光秀ら家臣たちは、毎日毎日この道をえっちらおっちら登って”通勤”していたってことですよねぇ・・・。
e0033570_20305629.jpg
e0033570_20344862.jpg
e0033570_20361912.jpg
e0033570_20364323.jpg
e0033570_2037950.jpg

やっと天主台へ到着。
e0033570_2038408.jpg

頂上からの眺め。。。
e0033570_2038192.jpg
e0033570_20393050.jpg

今度は下ります。
e0033570_20422751.jpg
e0033570_20412338.jpg
e0033570_20425177.jpg

かつてはこの安土山、琵琶湖に面していたんだとか。
e0033570_20442316.jpg
e0033570_20445315.jpg
e0033570_2045205.jpg

下りだからって楽とは限りません。
e0033570_20461313.jpg
e0033570_20464384.jpg

この城を攻めるのも大変なんだろうけれど、暮らすのもかなり大変そう・・・。
e0033570_20493449.jpg
e0033570_20495584.jpg
e0033570_20503651.jpg

帰り道、琵琶湖の方へ寄ってみました(ホントは道に迷ったんだけど・・・)。
e0033570_20514344.jpg

これが安土駅と、併設されている派出所(じゃなくて駐在所だったかな?)
e0033570_20531283.jpg
e0033570_20533415.jpg

表現悪いですが、安土はホントに”田舎”という感じでした。
アクセスも良くはないし、城の周辺には何もないし、博物館や資料館はあるものの、近くというほどもなし。
駅前もちょっとした土産物屋兼レンタサイクル屋さんがある程度。
ちっとも観光地化されてはいませんでした。
「信長の城下町」としては些か寂しい感じではありますが、逆にこの素朴さも魅力です。
これで復元天守というか模擬天主が建てられ、外国人観光客が押し寄せたりしたら、多分ガッカリするだろうなぁ。
[PR]
by odin2099 | 2009-09-05 21:01 | 史跡 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/11058220
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ