人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『キャッツ』

e0033570_2039330.jpg「メモリー」のメロディーだけは何度も耳にしていてお気に入りなんですが、その他のことは何も知らない、何となく”伝説の”という感じのミュージカルですが、チケットの斡旋が職場に来ていたので、これもチャンスだと思って行ってきました。

場所はキャノン・キャッツ・シアター。
横浜はみなとみらい21の一角にありまして、最寄駅はみなとみらい線の新高島でしょうかね。横浜駅からも大した距離じゃないんだと思います。




初演は何と26年前というから、自分にとっては「劇団四季」=「CATS」というようなイメージがあったので、さてどんなものだろうかと期待していたのですが・・・。
端的に言うと、自分には合わなかったですねぇ。
ミュージカルの舞台を観に行って、初めて落ちそうになりました。
e0033570_204057.jpg

一応は鑑賞前にプログラムを読んで、大体どんなお話なのかは掴んでいたつもりだったのですが、結局ストーリーはあってないようなもの。台詞もなく、ただただ歌と踊りで魅せる、という演目です。
これが自分には辛かったですね。
ダイナミックなもの、セクシーなもの、色々なパターンの踊りがあって、それはそれで楽しめるのですが、ずーっと踊りっぱなしだと、どんなに派手でアクロバティックな動きをされても感覚が麻痺してきます。
ダンサーの衣装もカラフルで、場内の照明もカラフルに彩られると、その色の洪水に拒絶反応が出てきてしまいます。
光の明滅を避けようと目を細めると、そのまま睡魔が襲いかかり・・・。
e0033570_20394759.jpg

稀代のメロディー・メーカー、アンドリュー・ロイド=ウェバーが手掛けた数々のナンバーは素晴らしいですし、ボディーラインの出るコスチュームを身に纏った女性陣がする猫の仕草が妙にエロティックでドキドキしたり、と色々と愉しみを見出そうとはしてみたのですが、全体的には納得いかないというか不完全燃焼でした。まだまだ自分はミュージカル初心者のようです。
悔しいので、何れリベンジしたいと思います。

今回座席が通路際だったので、横を何度か猫ちゃんが通って行きました(握手はして貰えなかった・・・)。
こういうのも生の舞台の良さですよね。
e0033570_20392596.jpg

by odin2099 | 2009-12-13 20:41 | 演劇 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/11769836
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 唐揚げ大好き! at 2010-01-09 09:25
タイトル : 劇団四季 キャッツ観てきましたぁ~♪
■満月が青白く輝く夜、街の片隅のゴミ捨て場。年に一度、猫たちが”ジェリクルキャッツ”を選ぶ舞踏会。人間に飼いならされることを拒否して、逆境に負けずしたたかに生き抜く猫たちが、無限の個性で、自らの人生を歌い、踊ります。やがて夜明けが近づき、天井に上り、新しい人生... more
Commented by はぎお at 2009-12-16 20:20 x
こんにちは。
「キャッツ」、地元で公演があった時、一番前の席で「ラッキー!!」と思ったのですが、急に調子が悪くなってしまって、泣く泣く帰宅したという強烈な思い出があります(T_T)
一度、見てみたいものですが・・・
Commented by odin2099 at 2009-12-16 20:26
お話追いかけるのに必死でダメでした。
結局お話はどうでも良く(?)、単純に歌と踊りを愉しめば良かったんだなーと改めて気付いた次第。
また機会があれば行ってみようかな、と思っております。

一番前の席だと、ステージと一体になっているのでオープニングでグルっと廻るんですよね。
あとポジションによっては、途中で舞台に上げられてしまいます(苦笑)。
ブログトップ