【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『ハイパーウェポン2009/宇宙戦艦と宇宙空母』

2010年が「ヤマトYEAR」だというのなら、その前座扱いでも良いから『復活篇』を何とかして欲しいもんですが・・・。
e0033570_19302537.jpg

「モデルアート艦船模型スペシャル別冊」として出版されている本ですが、雑誌の特集記事を除くと関連出版物が皆無だった『宇宙戦艦ヤマト/復活篇』の、唯一の書籍でのグッズと言えそうです。
著作・構成は『復活篇』副監督でもある小林誠。ということは準オフィシャル出版物ということで良いのかな。
e0033570_19322388.jpg

e0033570_19323123.jpg

今回の『復活篇』関連の設定資料やイメージボードも多数掲載されていますが、企画当初からの経緯を知っている身としては、1993年に製作が進められていた頃のイラストや、同時期に製作されていたOVA『YAMATO2520』のものも公開されているのが嬉しいです。
e0033570_19312745.jpg

特に驚いたのは、『2520』に登場したシド・ミードがデザインした18代YAMATOが、実は当初は『復活篇』用の”新生”ヤマトとして発注されていた、という事実でしょうか。シド・ミード版YAMATOは結構気に入っているのですが、これを”宇宙戦艦ヤマト”として『復活篇』のメイン・メカ・キャラクターとして使っていたならば、今以上に作品は酷評されていたでしょうね。個人的にはそのぐらいの冒険は必要ではなかったか、と思わないでもないですが。
e0033570_1931869.jpg

また『復活篇』と『2520』を橋渡しするブルーノアも大々的にフューチャー。何せこの本、「宇宙戦艦と宇宙空母」というサブタイトルですから、それも当然?
e0033570_19315355.jpg
e0033570_1932231.jpg

「宇宙空母」といえばこちらも。
最近では『バトルスター・ギャラクティカ』というリメイク・ドラマが大好評のようですが、元祖の『宇宙空母ギャラクティカ』です。
e0033570_193212100.jpg

他にも『ドルアーガの塔』や『タラ・ダンカン』などもあって決してオール「ヤマト」の本ではありませんし、オールカラーとはいえ60ページほど、そして大判でお値段も決して安いとは言えない代物ですが、『完結編』から『復活篇』までを埋めるとはいきませんが繋いでいる、生き証人みたいな本ですので、ファンなら一度は目を通して欲しいですね。
e0033570_1931435.jpg

[PR]
by odin2099 | 2010-01-03 19:37 | | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/11895520
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ぼやき部屋 at 2010-11-06 18:21
タイトル : 裏レビュー@ハイパーウエポン2009/宇宙戦艦と宇宙空母
当初この雑誌は購入予定ではなかったのですが、やっぱりキャラクターの設定資料なども併せた1冊の本で読みたかったので、ですが、そういった書籍の発売情報が全く入って来ないので、ここはメカのみとはいえ「ハイパーウエポン2009」を押さえておくべきだと思い、劇場公開から...... more
Commented by t2mina at 2010-01-03 23:03
あけましておめでとうございます!
なんつーか、こういうのが復活するというのは
やっぱりその世代の方がプロヂューサーになるからなんでしょうねえ。
と、本筋でないところに考えを馳せてみるのだ。
今年もよろしくお願いします^^
Commented by odin2099 at 2010-01-04 23:03
>ミナさん

今年も宜しくお願いします。

昨今のリメイク、リバイバル流行りは確かにそういった要素がありますけど、こと『復活篇』に関しては、オリジナル作品を手掛けたプロデューサーの執念の賜物なんです。

by Excalibur
ブログトップ