人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『源氏と日本国王』 岡野友彦

この本は再読なんですが、非常に興味深いテーマなので、何回か読み直してます。
簡単に言うと「征夷大将軍は日本の国王なのか」とか、「源氏でなければ征夷大将軍にはなれないのか」といった疑問点に答えてくれる一冊です。
ただ、それを知る上での前提条件は、結構難しいのです。

『源氏と日本国王』 岡野友彦_e0033570_922038.jpgまずは「姓」と「苗字」が別物だというところから説明が始まります。この段階で、多くの人は「?」ですよね。
「姓」というのは天皇が与える公的な名前、「苗字」は私称する名前なんだとか(だから皇室に姓はないわけですね)。
明治維新以降、この二つに違いはなくなるのですが、「源」「平」「藤原」「橘」などが「姓」、「新田」「足利」などが苗字。だから室町幕府の開祖「尊氏」は私的には「足利尊氏」ですが、公的には「源尊氏」となるということだそうです。

その中でも「源氏」は天皇の子どもたちを、言葉は悪いですが人減らしの為に「姓」を与えることによって臣籍降下、つまりは天皇の一族からは除外し臣下にしたものの、天皇に近い血筋ではあることには変わりがありません。
「平氏」も同じような立場ではありますが、次第に台頭して行った「源氏」が彼らの代表として認識され、政界の中心を占めるようになります。一方で同じ「源氏」であっても中央から除外され、地方に下ったものも出てきます。ここに、「公家源氏」と「武家源氏」とが分かれていくのですが・・・・・・

と、ここでもう付いて来られなくなってきた方は多いと思いますので、興味のある方は是非手にとってご一読下さい。
織田信長や豊臣秀吉が征夷大将軍にならなかった(なれなかった?)理由、徳川家康が「源氏」を称して征夷大将軍になった理由などなど、通り一遍の日本史の授業ではまず知り得ない側面が味わえます。
Tracked from 雨読夜話 at 2010-05-09 14:14
タイトル : 『源氏と日本国王』
源氏と日本国王 (講談社現代新書)岡野 友彦講談社 2003-11売り上げランキング : 196410Amazonで詳しく見るby G-Tools関連商品 藤原氏千年 (講談社現代新書) 貨幣とは何だろうか (ちくま新書) 身体から革命を起こ...... more
by odin2099 | 2010-02-28 09:02 | | Trackback(1) | Comments(0)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30