【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『空から日本を見てみよう ① 東京湾をグルッと一周』

たまたまチャンネルを回した時に見て以来、何となく気になって、毎回毎回とまでは行かないけれど、ついつい見てしまうのが、テレビ東京で放送されている『空から日本を見てみよう』という番組。
最初は2008年に特番として2回放送され、その後昨年の秋からレギュラー化されたものだそうで、最近はじわじわと人気急上昇中のようです。

e0033570_7541995.jpg番組の内容は、毎回毎回テーマというか地域(鉄道の沿線の場合が多い)を選んで、それをヘリコプターの空撮映像で紹介するというものなんですが、上空から見ていて気になる建物などがあった場合は地上へズームイン。該当の場所・建物・施設を内部取材で見せてくれます。
誰でも知ってるような有名どころやランドマーク、観光名所は敢えて控えめにして、純粋に「何だろう、これは?」と思えるものが中心なのが斬新だと思います。
それに空撮映像にはかなりの量のテロップが埋め込まれ、ここがどこかということがすぐわかるのも嬉しい配慮。

旅番組というより、Google Earthを眺めてる感覚に近いと言えば良いでしょうか。新感覚の情報系バラエティー、あるいは癒し系番組といったところです。
タレントさんの出演は一切なく、雲を擬人化した「くもじい」と「くもみ」の二人の掛け合いのみで番組は進行し、適宜解説のナレーションが入るという構成もシンプルです。
自分が住んでいる沿線、かつて住んでいた沿線が取り上げられた時は、懐かしいなあとか、随分変わっちゃったなあとか、あれ?近くにこんなものあるの?と、番組がより身近に感じられました。
ちなみに「くもじい」の声を演じているのは伊武雅刀、「くもみ」は柳原可奈子ですが、聴いていて全くわかりませんでした。お二人にとっても新境地、かな。

そんな番組が4月から3カ月連続で2枚ずつDVDリリース。その1巻目は、レギュラー放送になってからの第一回放送分が収録されてます。
お台場をスタートし、羽田空港、京浜工業地帯からみなとみらい、横須賀と来て、富津岬から木更津、袖ヶ浦、千葉、幕張、そして船橋、浦安から晴海埠頭へとタイトル通り東京湾をグルッと一周。元が時間枠拡大のスペシャル版として放送されたこともあって、約1時間半、充分に堪能できました。
まだこの頃は番組フォーマットや雲のキャラクターが固まっておらず、現在放送分と比べるとちょっと違和感がありますが、それもまた一興。

ただ残念なのは、権利関係の問題から実際の放送に使われていた音楽が全て差し替えられてしまったことと、特典映像の類が一切ないこと。
取材中、撮影中の様子や編集作業、それにアフレコの現場など、メイキング的映像がちょこっとでも入っていればなぁ。
あとは、6巻で打ち止めなんて言わずに7巻目以降も出して下さい、ということで。
[PR]
by odin2099 | 2010-07-11 07:54 | テレビ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/12933232
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ