人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『エクスペンダブルズ』(2010)

金さえ払えばどんな仕事も引き受ける、自ら”エクスペンダブルズ(消耗品軍団)”と名乗る傭兵軍団の活躍を描くアクション映画で、脚本・監督・主演はシルベスター・スタローン。

『エクスペンダブルズ』(2010)_e0033570_20143565.jpg他の軍団メンバーはジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ドルフ・ラングレン、ランディ・クートゥア、テリー・クルーズで、元メンバーで今はマネージャー役なのがミッキー・ローク、そして軍団に仕事を依頼してくる正体不明の男がブルース・ウィリスで、軍団のライバル傭兵軍団のリーダーがアーノルド・シュワルツェネッガー。

その仕事とは、南米で立ち上がった軍事独裁政権の首謀者抹殺なのだが、そのターゲットとなる将軍がデヴィッド・ザヤス、彼を操る黒幕がエリック・ロバーツ、その手下がスティーヴ・オースティンとゲイリー・ダニエルズという、男臭い実に濃い面々。それに軍団を手引きする将軍の娘役で、ジゼル・イティエが花を添える。

兎に角これだけのメンツを集めてくれただけで、映画の内容は二の次で全面的に肯定したいが、重火器あり、マーシャルアーツありのアクションてんこ盛りで、観たいと思った場面をきっちり見せてくれるという点で、これは観客の期待を裏切らない作品だ。スタローンがCGを否定した作品作りに勤しんだからか、思いっきり80年代テイストに仕上がっているのも、観客のターゲットを良くわかっているという印象で、アクション映画の”温故知新”である。

『エクスペンダブルズ』(2010)_e0033570_2015118.jpg細かい点では不満もないではないし(というか作品の出来そのものは結構荒っぽい)、必要以上にゲスト扱いのローク、あるいはこちらは完全なカメオ出演のウィリスとシュワとの共演が事前にクローズアップされすぎ、かえって作品の本筋から逸れちゃった面があったのが残念だが、作品は大ヒットし続編も決まったことだし、そのあたりは次に期待。
問題はこの豪華メンバーを続編でも維持出来るかどうかだが、逆に今回集められなかったメンバーに再度オファーして更に豪華にするという手もある。

例えば自身のトラブルのゴタゴタのせいで降板したウェズリー・スナイプス、役柄に不満で蹴ったジャン=クロード・ヴァンダム(選り好み出来る立場か?)、プロデューサーが気に入らないという理由で断ったスティーブン・セーガル、アンサンブル・キャスト作品に興味なしとしたカート・ラッセル・・・。
これにジャッキー・チェンとチャック・ノリスが加われば言うことなしで、続編公開の前には是非このパート1をテレビ東京(というより東京12チャンネルと呼んだ方がしっくり来るか)で大々的に豪華声優陣の吹替付きでオンエアーして貰いたいもんだが・・・・・・
「木曜洋画劇場」もその後継番組「水曜シアター9」も既にない・・・。
by odin2099 | 2010-11-16 20:15 |  映画感想<ア行> | Trackback(31) | Comments(2)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/13646059
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sakurai at 2010-11-17 07:43 x
内容は突っ込むほどの中身もなく、すかすかでしたが、一層すがすがしさを感じました。
シュワの出演のバランスの悪さってのもありましたねえ。
ま、そこも愛嬌で片づけちゃいましょう。
吹き替えもうれしいんですが、ブルースさんの声は、誰になっちゃうんだろう・・・という寂しさがあります。
Commented by odin2099 at 2010-11-17 22:42
>sakuraiさん

シュワの出演は、いっそ公開まで伏せておいた方が良かったかも知れませんね。
どうしてもそこに注目が集まってしまいますから。
ラングレンも勿体ない使い方だなあと思っていたら、こりゃ続編は大暴れ?

吹替は、シュワが玄田哲章でしょうから、スライはささきいさお。
ラングレン=大塚明夫、ジェット・リー=池田秀一が順当なところでしょうか。
ブルース・ウィリスは樋浦勉か内田直哉じゃないかと思います。菅生隆之の可能性もあるかな。
元々「ウィリス=樋浦派」なので、個人的には無問題。
野沢那智にも村野武範にも馴染めなかった、というより生理的に受け付けなかったもので・・・。
ブログトップ