人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『やっぱり!映画は”女優”で見る!/続・映画生活を楽しくするススメ』 秋本鉄次

『やっぱり!映画は”女優”で見る!/続・映画生活を楽しくするススメ』 秋本鉄次_e0033570_23235672.jpg前掲書『映画は”女優”で見る!』の第2弾で、今回もキム・ベイシンガーをはじめ、サンドラ・ブロック、シャーリーズ・セロン、スカーレット・ヨハンソン、アンジェリーナ・ジョリー、キャサリン・ゼータ・ジョーンズ、アリス・イヴ、キャメロン・ディアス、マリサ・トメー、ミラ・クニス、ジュリアン・ムーア、ダリル・ハナー、ヘレン・ハント、モニカ・ベルッチ、オルガ・キュリレンコ、ペネロペ・クロス、ドルー・バリモア、メラニー・ローラン、ブリタニー・マーフィー、ダイアン・クルーガー、マリリン・モンロー、ソフィア・ローレン、ファラ・フォーセット・・・と総勢41人の女優について、独断と偏見で語っています。

どんなに好きな俳優さんが出ていても、ストーリーに興味が持てなかったり、シチュエーションに気に入らない部分があったりするとどうしても観る気にならない自分には、こういう、ある意味であっけらかんと映画を観られる人が羨ましくてなりません。
「たかが映画」かも知れませんけれど、「されど映画」。
割と後を引くタイプみたいで、トラウマまで行かなくても、何年も経っているのにイヤ~な気分が抜けないことも多々あるんですね、これが。
Commented by 小夏 at 2010-12-26 19:15 x
>ある意味であっけらかんと映画を観られる人が羨ましくて~
(挙手)ハイ、ここに約一名。
というか自分の場合、俳優目当て(のみ)で映画を見ているような人ですから。
俳優といっても、“男優”に限りますけど。(爆)
Commented by odin2099 at 2010-12-26 21:02
>小夏さん

うん、実に羨ましい。
最近は頓にその傾向が強まったようで、それが映画館から遠のく要因の一つになってます。
そういう作品、そういう場面に遭いたくないから臆病になってるんですね。
映画館で耐える勇気はないし、かといって途中で退席する気にもならないし、だからDVDとかBSなんかでの放送まで待てばいいや、という気分が強くなってきて・・・。

昔はもっと映画を気楽に楽しめていたのになあ。
by odin2099 | 2010-12-22 23:25 | | Trackback | Comments(2)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30