【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

今度はハリウッド?! 

スカイダンス・プロダクションが現在、『スター・ブレイザーズ』映画化権獲得に向け、交渉中とのこと。

・・・まだ交渉中なのね、ビックリ。
とはいえ、スカイダンス・プロはアカデミー賞候補になってる『トゥルー・グリット』の製作会社。
この作品で製作総指揮を担当したデビッド・エリソンがプロデュースを手掛けるというから、冷やかしではなさそう。
脚本は『ユージュアル・サスペクツ』や『ワルキューレ』のクリストファー・マッカリー、という具体的な名前も出てるから、これはちょっと期待しても良いのかな。

『ヤマト』のハリウッド映画化企画としてはディズニー版が有名だけれども、2006年には『ザ・リング』や『バタフライ・エフェクト』の製作会社ベンダースピンクが実現直前にまで漕ぎ付けていたそうで、これは初耳。
その時のプロデューサーに予定されていたジョシュ・C・クラインが今回も参加するとかいう話で、そういえば西崎Pが亡くなる前にハリウッド版の話をチラっとしていたのは、そういった下地があってのことだったのね。
e0033570_23133638.jpg

[PR]
by odin2099 | 2011-02-22 22:50 | 映画雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/14293827
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ