人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『日本名城紀行/東海』

シリーズ第4巻は「東海編」で、紹介されているのは順に名古屋城、犬山城、駿府城、岡崎城、浜松城、掛川城。
この6つのお城は全て行ったことがある。

『日本名城紀行/東海』_e0033570_845341.jpg犬山城は小学生の時で、天守の狭く急な階段を上って汗だくになりながら最上階に辿り着いた時、木曽川を渡ってくる風が心地よかったことを覚えている。

名古屋城、岡崎城、浜松城は高校時代の初めての一人旅で。
ただどういう訳か浜松城の印象は殆どなく、近くに寄っただけだと記憶していたくらい。
当時の日記が出てきたので、ああきちんとお城の中まで入ったんだとわかったのだけど、もしかすると時間切れで天守には登っていないのかも。
ちなみにこの時は豊橋の吉田城にも行っている。

駿府城と掛川城は先一昨年の夏。
史実とは異なるとはいえ、木造で復元された掛川城の天守はなかなかのもの。
駅から城までの街並みも城下町を意識して景観整備されているのも好印象。

で、この掛川城天守、1994年に再建されたそうだが、このDVDのナレーションによれば、新幹線が掛川駅に停車するようになったこと(1988年)と併せて「最近」のこととされている。
ということは、12~3年から14~5年ぐらい前に製作されたものなのだろうか。
by odin2099 | 2011-03-20 08:47 | ビデオ | Trackback | Comments(0)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー