人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE/空飛ぶ幽霊船』(2011)

本日公開、恒例夏の”ライダー&戦隊映画”の第一部<スーパー戦隊>編。<戦隊>映画は3年連続で3Dだけれども、自分が見るのはこれが初。わざとらしさもなく、割とスムーズに見られる作品になってます。

物語は、どんな願いでも一つだけ叶えてくれるという宝玉”ゴッドアイ”を積んだ幽霊船が地球に飛来したところからスタート。
これを手に入れ「宇宙最大のお宝が欲しい」と願えば、これで目的は達成できるとゴーカイジャーたちは幽霊船に乗りこんで行くのだが、そこには幽霊となったロスダーク船長が待ちかまえていた。
”ゴッドアイ”は命ある者の願いしか叶えてくれない為、ロスダークは幽霊船にやって来た者たちから生体エネルギーを奪い取り、自らが復活するチャンスを待っていたのだ。
ロスダークは謎の空間にゴーカイジャーたちを送り込む。そこでかつて歴代スーパー戦隊によって倒されたエージェント・アブレラや野球仮面、それに戦闘員たちがゴーカイジャーに襲いかかる!

e0033570_19451672.jpg歴代のレジェンド戦士の共演がない、純粋な『ゴーカイジャー』の映画になってますが、ゴーカイシルバー/伊狩鎧の出番は少なめ。ゴーカイシルバーとしては序盤の幽霊船との緒戦のみ、鎧はラストのゴーカイガレオンのシーンにも出てくるものの、5人との絡みはこのシーンのみ。
またザンギャックも”ゴッドアイ”を狙うものの、あっけなく潜入に失敗してエンド。TVシリーズと比較すると、このあたりが物足りないところかな。

ただお話はなかなか面白いし、”お宝”よりも”仲間”というマーベラスの選択も、ベタだけどグー。そのことを察しながらも直接触れない他のメンバーも好い感じで、”絆”というものを感じさせるものになってます。そして鎧だけがそのことに気付かないのも「らしい」ですね。

<戦隊>映画はゲスト(特に女優さん)との絡みが中心の作品が多く、どうしても違和感というか、番外編っぽく感じることが少なくないですが、その点でもこの作品、良く出来てます。
もしかすると共演編などを除いた単独の<戦隊>映画で、一番良く出来てるかも知れません。もう一回見に行こうかな。
by odin2099 | 2011-08-06 19:45 |  映画感想<カ行> | Trackback(6) | Comments(0)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/15236735
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
ブログトップ