人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『電人ザボーガー』(2011)

『電人ザボーガー』は、1974年春から一年半に亘って放送されたヒーロー番組。最初は土曜日の夜7時からの放送で、ここは『宇宙猿人ゴリ』(→『宇宙猿人ゴリ対スペクトルマン』→『スペクトルマン』)以来、『怪傑ライオン丸』、『風雲ライオン丸』、『鉄人タイガーセブン』とピープロ製作のヒーロー番組がずーっと流れていた枠で、その流れで『ザボーガー』も結構好きで見てました。
何といってもバイクが変形するザボーガーにインパクトがありましたし、主人公・大門豊を演じていたのが『仮面ライダーV3』のライダーマン=結城丈二こと山口暁(山口豪久)ということで、スンナリと番組に入って行けたように記憶してます。

でも不思議なことにこの枠は、『スペクトルマン』は見ていなくて(裏で『巨人の星』を見てました)、次の『怪傑ライオン丸』から夢中になって見ていたのに、何故か『タイガーセブン』は見ておらず、そのくせ『ザボーガー』でまた帰ってきたという不思議な経緯があります。はてその間、一体何を見ていたんだろう?

ただ半年ほどで放送時間が変わっちゃったので、それ以降の『ザボーガー』は見ていません。金曜の夜7時だったから、『ウルトラマンレオ』の裏かな?
その後は更に日曜のお昼に移動しちゃったので、放送が続いていたことさえ気付きませんでした。雑誌に記事は出ていたものの、こちらでは打ち切りになっちゃったのかなあと思っていたくらい。今は知りませんけど、当時は子どもが見る時間帯じゃあなかったしなあ。

さて、そんな『ザボーガー』が平成の世に復活!
もう何でもアリだなあと呆れつつ、ちょっぴり期待したものの、青年・大門豊が活躍するリメイク的パートと、その25年後、熟年となった大門豊を描いたパートの二部構成と聞いたあたりから、アレレレレ、それってどうなの?という気分になり、しかも主演が板尾創路と発表されたあたりで一気にボルテージ・ダウン。
どう考えてもコメディにしかならないし、とか思っていたのですが、試写などの評判が案外良かったり、予告編が格好良かったりでちょっと気を持たせてくれたもので、おそるおそる劇場へ・・・。

結果は・・・・・・やっぱり自分には合いませんでした!

e0033570_2322729.jpg青年期の大門を演じた古原靖久(ゴーオンレッド!)の気合入りまくりの台詞回しと、熟年期・板尾創路の脱力系の台詞回し、どうしても同一人物には見えませんし、柄本明とか竹中直人の暴走演技に渡辺裕之の怪演、それに突っ込めば良いのか笑えばいいのか判断に困る、真面目なんだかギャグなんだかわからない数々の迷シーンには、かつての思い出がガラガラと音を立てて崩されたような気分に。
山崎真実(この人も戦隊出身ですね)はちょっとタンマですけれど佐津川愛美は可愛かったし、ザボーガーのアクション、それに現代的にアレンジされた変形シーンは素直に格好良く思えるんですが。

これからもかつてのヒーローの復活はあると思いますが、こういう手法は二度と使って欲しくありませんね。
ただ、菊池俊輔のオリジナル・スコアを新規録音で聴かせてくれたことだけは感謝です。
主題歌だけ義理でちょこっとだけ流し、後は全然関係ない人が音楽を担当することが多いリメイク作品にあって、ストレートにBGMまでオリジナルのまんま、という姿勢には脱帽。正副の主題歌も原曲に忠実なアレンジの新録音、のみならずオリジナル・ヴァージョンもしっかりと劇中に流れます。まさか子門真人の歌声がスクリーンから聞こえてくるとは・・・。
最近の「仮面ライダー」映画に欠けてるのは、文句なしにノレる菊池メロディーがないってことですねえ。

というワケで劇場版『ザボーガー』、辛うじてOK!
by odin2099 | 2011-10-15 23:04 |  映画感想<タ行> | Trackback(20) | Comments(6)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/15939427
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by F20!! at 2011-11-02 22:29 x
ワタシは2部構成は面白かったと思います。

青年期と熟年期ねぇ。
それにしても映画館、熟年期の観客(同年代)ばっかり(笑)


しかし…パンフレット少なすぎ!
手に入らない(T_T)
Commented by odin2099 at 2011-11-02 23:07
あちらこちらのサイトで、パンフが入手出来なかったという書き込みを見かけますが、ホントに少なかったみたいだねー。
公開初日にGETしておいて良かった~。

『ザボーガー』は結構好きだったし、それなりに思い入れもあるので、やっぱり大真面目に映画化して欲しかったです。
ギャグ・シーンには正直どう反応して良いのか戸惑うばかり・・・。
Commented by しゅう at 2011-12-24 20:50 x
 私の住んでるところでは昨日から公開で観てきましたが、 やはりパンフレットは置いてませんでした。
 映画会社でも最初から少量しか作ってなかったんですかねぇ・・・?。
Commented by odin2099 at 2011-12-24 23:06
ご覧になれて良かったですねえ。
でもパンフ、相変わらず置いてないんですか。
もう上映規模が縮小されるとみて、増刷かけなかったのかなあ。
Commented by Brian at 2014-08-14 08:48 x
おはようございます。
子供の時に観てた割には、内容を殆ど覚えてなくて・・・。(苦笑)
ようやく視聴できたので、今更な書き込みになりました。
これってギャグ?と思える作りで、ヒーローものとして観ると違和感生じますね。
でも、エンディング画像を観ると、ちゃんとリメークされてるというか・・・当時はこれで楽しく観てたんだろうなぁ~と。
今観ると笑える・・・。(ブルドックのトラック)
ストロングザボーガーは、バズーガー撃ってもらいたかったなぁ~。
Commented by odin2099 at 2014-08-14 22:19
真面目モードとギャグテイストとの落差が随分ある映画なので、どうやって受け止めればいいのか悩みます。
愉しんだ者勝ちなんでしょうが、ダメだった~。

また『仮面ライダー大戦』を観て、改めて板尾創路って苦手な役者だなあと思いました。
この人が主役じゃなければ、もう少し楽しめたかも…。
ブログトップ