【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『上松美香 アルパ・コンサート2011/Amanecer~夜明け~』

e0033570_20443579.jpg10/29は銀座、王子ホールでのコンサートへ。
名前だけは良く聞くコンサートホールでしたが、どこにあるか知らなかったのでネットで検索。おっきな建物なんですが、大通りからちょっと入った所だったので、今まで知りませんでした。
自分の行動範囲は、せいぜい山野楽器まで。
じゃなければ、もっと思いっきり奥(?)まで入って銀座一丁目あたりだったもので。

アルバムがもう2年も出てないし、なんだかお久しぶり~という感じの彼女のコンサートでしたが、良い意味で変わってませんでした。
フォルクローレ演奏家の木下尊惇とケーナ、サンポーニャの菱本幸二の二人を交え、休憩時間含めて約2時間のコンサート。

e0033570_2045061.jpg一部の演奏曲は「インディオのバラード」、「タラの丘にそよぐ風」、「鐘つき鳥」、「二羽の小鳩」、「ハチドリの飛行」、「ハチドリ」、「平原の魂」、「夜明け」。
この内、「タラの丘にそよぐ風」と「ハチドリ」、「夜明け」が彼女のオリジナル曲。
二部は「恋する荷馬車曳き」、「人生は美しい」、「エル・カスカベル」、「コンドルは飛んでゆく」、「トゥリニダーからやってきた」、「牛乳列車」、「ガリート・カントール」。
そしてアンコールは木下尊惇作詞・作曲の「虹のたもとへ」を皆で歌い、そしてオーラスが「コーヒー・ルンバ」。

木下尊惇はギターの他にチャランゴも演奏し、歌も披露。
菱本幸二もケーナ、サンポーニャ、それにシークも演奏。
曲も、アルパのソロがあったり、逆にアルパ抜きだったりと様々。
初めて聴く曲も結構ありましたが、不思議とすーっと染み入っていきますね、南米の音楽は。
[PR]
by odin2099 | 2011-11-01 20:46 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/16377782
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ