人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ』(2011)

『仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX』(2011)

3年目となったお正月の仮面ライダー映画「MOVIE大戦」ですが、これは過去最高の出来。
前2作は、主役ライダーそれぞれのエピソードと最後に共闘するクライマックス編(MOVIE大戦)の三部構成になってましたが、今回はプロローグがあり、オーズ編があり、インターミッション的なW編があり、そしてフォーゼ編のあとにMOVIE大戦編が来るという五部構成。これがなかなか上手く効いています。

e0033570_19395440.jpg2つの関係ないお話をやった後で、無理矢理2人のライダーを出会わせていたのがこれまでの「MOVIE大戦」ならば、この映画はちゃんと一つのお話として見られます。
オーズ編とフォーゼ編は随分と毛色が違ってますけど、間にW編を挟むことできちんと繋がってます。
そう、題名は『フォーゼ&オーズ』ですが、Wも”ゲスト”という以上の出番がありますし、翔太郎とフィリップの2人もきちんと映司と弦太郎に絡みます。

まあいらなかったのは伝説の7人ライダーかなあ。
XライダーのXキックとか、ストロンガーの電キックとか、オリジナルの映像表現を今風に再現したり、ライダーマンのロープアームがCGで自在に動いたりというのを見ると、監督はどうしてもやりたかったんだろうなあと微笑ましくなっちゃいますけれどね。

ちなみに7人ライダーの活躍シーンに流れるのは「戦え!7人ライダー」のアレンジ曲。このセンスは凄いです。
が、個人的な好みで言わせて頂けるなら、2回とも「戦え!7人ライダー」じゃなく、どっちか1回は「仮面ライダー讃歌」あたりのアレンジBGMにして欲しかったんですが。

『オーズ』は全然見てなかったので、今回のアンクの帰還がファンに納得のいくものなのかどうかはわかりませんけれど、渡部秀は良い役者さんになりましたね。
また『フォーゼ』編は、仮面ライダー部の面々が少ない出番ながら各人のキャラが良く出ていてこれまたお見事。
ゲストライダー、『オーズ』編の仮面ライダーポセイドン、仮面ライダーアクア、そして『フォーゼ』編の仮面ライダーなでしこ何れも存在感がありましたし。
ただ真野恵里菜はちょっと微妙。もっと可愛い娘だと思っていたのですが・・・。

e0033570_1941195.jpgそれにしても流石にアクションは凄いの一言。主役の2人だけじゃなく、みんな結構動かされてますし、みんな良く動く動く。大したもんです。
そしてもう一つ、出てくる女の子たちがみんなエロカッコイイ!
冒頭で比奈ちゃんが怪人に襲われるところ、里中クンが銃をぶっ放したり蹴り倒しているところから始まり、フォーゼ編に入ると何故かミニスカの女の子太もも越しのショットが増えたりと、これまた監督がやりたい放題。
いや、良いんですけどね、楽しいから。

フォーゼ編では我望理事長の思わせぶりな台詞があったり、ラストに唐突に仮面ライダーメテオが登場したりと何やら先々の伏線ぽいものがチラホラ。園ちゃん先生が写真のみの出演というのも・・・何かある?

映画のラストには特報が2本。
一本は『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』でして、烈の「蒸着!」の台詞や、ピカピカのギャバンとゴーカイジャーとの立ち回り、曙四郎と青梅大五郎のツーショットなどが見られましたが、もう一本が例のヒーロー大戦。
「全スーパー戦隊VS全仮面ライダー」と出て、「全てのライダーは俺がつぶす」とかいうマーベラスの台詞が被さり、思わず「お前は<世界の破壊者>か?」とツッコミたくなったりして。
ま、マベちゃんと士、キャラが被る部分多いですしね。
by odin2099 | 2011-12-10 19:42 |  映画感想<カ行> | Trackback(15) | Comments(4)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/17041574
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Brian at 2011-12-11 12:09 x
やっぱり初日に行かれましたね。(笑)
おいらは夕方から観に行きました。お子様多いから・・・。
夕方だと、お子様減少・・・そして大人の割合が少しアップしてました。

今回のは、アクションシーンも満載だし、平成ライダーも本人登場が3作品もあるし、物語の作りも良かったので、大満足です。
これなら、またDVDも購入しそうでうS。(笑)
残念なのは、「栄光の7人ライダー」の扱いですね・・・。
Commented by odin2099 at 2011-12-11 17:44
二日酔いだったのでどーしようかと思っていたんですが、何とか復活したのでお昼過ぎの回を鑑賞しました。
子どもたちは確かに多かったけど、隣の席はOLさんの二人組。
結構女性客もいましたねえ。

それにしても95分、息つく暇もないほどのアクション盛り沢山でしたね。
翔太郎と映司の絡みが、これまでの映画版を踏まえたものだったり、ただの番外編になっていない作りが嬉しかったです。
DVDもそうですが、ディレクターズカット版も楽しみだなあ。
Commented by メビウス at 2011-12-21 08:09 x
エクスカリバーさんおはようございます♪TB有難うございました♪

ホント、今回のMOVIE大戦は面白かったですよね♪前2作とも正直自分はダブルの方のおやっさん絡みだけで観れてただけなので、今回のオーズ・フォーゼは共に楽しく観れてお腹一杯。坂本監督ですから、アクションは最初から期待してた通りの派手さでしたし、ダブルのゲスト出演などもオーズたちに負けず劣らずの活躍をしてたからこちらも嬉しかったですね♪過去最高の出来も頷けます。

でも来年のスーパー戦隊vs仮面ライダーはものすごい事になりそうですねぇ・・。『全部』言うくらいですから、映像がひっちゃかめっちゃかになりそうで、少々不安もぬぐえません(汗
Commented by odin2099 at 2011-12-21 22:10
いらっしゃいませ~。

過去2作は仰る通り『W』編は良いけれど・・・という感じでしたね。
或いは、単独作品2本立てならOKだったけど無理矢理ドッキングさせなくても・・・と言いたくなる部分がありましたが、今回は『オーズ』編、『フォーゼ』編それぞれに面白く、しかもしれが一本の映画としてまとまっているなあという印象でした。

来年はまず『ゴーカイジャーVSギャバン』があるワケですが、その後の「戦隊VSライダー」はホントにとんでもないことになりそう。
正直言って”大駄作”になるんじゃないかという予感というか、確信めいたものがあるのですが(苦笑)、それでも楽しみです。
ブログトップ