人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『ドS刑事/風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件』 七尾与史

美人だけれども高飛車で、年下な上司に振り回される主人公、というパターンって結構多いんですかね。
個人的には田中芳樹センセの<ドラよけお涼>シリーズを連想しちゃいましたけど。

『ドS刑事/風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件』 七尾与史_e0033570_8211782.jpg舞台が浜松というのは珍しいんじゃないかと思います。
そこで起こった連続放火殺人事件、それを解決すべく県警から乗り込んできたメンバーの一人がヒロイン、黒井マヤ。警察庁次長の娘ということもあって、上層部も腫れものに触るような扱いをしているのだけれども、実は鋭い推理力の持ち主で・・・
ということで、無理矢理コンビを組まされた主人公・代官山脩介クンの苦闘が始まる、という展開です。

時系列がグチャグチャになっているので(これはミスリードを誘うためでしょうけど)、事件の全貌や犯人像がなかなか掴めないところはありますが、サブタイトルに注目すると結構なネタばれをしているような。
終盤に差し掛かってパズルのピースが次々とハマっていく様はなかなか快感で、動機や真相に納得はしないまでも文章が読みやすいこともあってグイグイ引き込まれて行きます。

でもねえ、ヒロインの”ドS刑事”マヤの性格がなあ・・・。
ワガママだったりツンデレだったりするのは別に良いんですが、猟奇趣味があって、自分を満足させるためだけに現場に足を運ぶという、犯人を逮捕し事件を解決するのは二の次というか、殆ど眼中にない警察官というキャラクター設計はどうなのかなあと思います。
ライトノベル系列に入ると思いますけど、犯罪は残酷かつ残虐ですし、後味は決して良くありません。取って付けたようなラブコメ展開も免罪符にはならないでしょうし。

ともあれ、どうやらシリーズ化を狙っているみたいなので、しばらく様子を窺っていようかといようかなと思います。
それにもしかすると、アイドル系の若手女優を主演に据えての映像化、なんて話にならないとも限りませんしね。
Tracked from 蒼のほとりで書に溺れ。 at 2012-05-30 21:52
タイトル : 『ドS刑事 ~風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件~』/七尾与..
なかなかセンセーショナルなタイトルですよね~、『ドS刑事』って・・・。 その迫力あるタイトルと、表紙がワカマツカオリさんだということで、ついつい図書館で予約してしまったんですよね(^_^;)。 七尾与史さんは初読み作家さんですが、「このミステリーが凄い!」大賞の候補作であるデビュー作『死亡フラグが立ちました』は、〈読みたい本リスト〉には入ってないものの、ちょっと気になってました。この作品は、軽め(いや、たくさん殺人事件は起こるんだけど・・・)で面白かったので、入れてみようかなぁ~。 ...... more
by odin2099 | 2012-01-09 08:22 | | Trackback(1) | Comments(0)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur