【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『宇宙をゆく/”地球目線”で宇宙を徹底的に楽しむ!!』

『廃道をゆく』とか『廃城をゆく』とか『酷道をゆく』とか『東京メトロをゆく』とか『廃村をゆく』とか『首都高をゆく』とか、イカロス出版はマニア心を微妙にくすぐるムック本を連発しとりますが、また斜め上をゆく一冊が誕生。

e0033570_20473199.jpg巻頭が「大解剖!種子島宇宙センター」で、続いてJAXAの施設(筑波とか調布とか)を紹介したり、国立科学博物館や三鷹の天文台や北九州のスペースワールドを取り上げたりという辺りは「まあ普通かな」という感じで、宇宙食、プラネタリウムなんかも定番だし、月面基地や宇宙エレベーターなども最早「絵空事」「SFの世界」ではなくなってるから良いんだろう。

となれば宇宙旅行の話や惑星の土地を買う話もまんざら荒唐無稽なワケでもないし、一方で太陽系の起源がどーの、米ソの宇宙開発競争がどーしたというのもアカデミックで良い。衛星電話や地球ゴマのメカニック説明なども、これまた身近に宇宙を感じさせてくれる。

しかしその同じ本でUFOや宇宙人のことも取り上げるとなると、ちょっと事情が違ってきちゃう。一般的にはここら辺で線引きしちゃうもんだけど、こちらにも真摯に向きあっている。
宗教もガリレオもスペース・ラム(ラーメン)もアダムスキーもみーんな同列。
つまりは「宇宙」をテーマに”男の子”(と敢えて限定するけど)が好きそうなもんはバンバンぶち込んでやれ!ってなもん。このバランス感覚は大したたまげた。
[PR]
by odin2099 | 2012-04-18 20:49 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/17804105
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ