人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『吹奏楽部あるある』 吹奏楽部あるある研究会

『吹奏楽部あるある』 吹奏楽部あるある研究会_e0033570_795649.jpg楽譜読めないし楽器も弾けないので自分で入ろうと思ったことはないけれど、何故かブラバンには何人か友人がいて、演奏会の時には手伝ったりしていた中高校生時代。外から見ていただけなので、実際の部活がどんなだったかはわからないんだけれど、それをちょっぴり覗き見させてくれるような気分を味わえる一冊。この本には現役の吹奏楽部員やそのOB・OGたちが、「それってある!」と共感出来るエピソードが凝縮されているんだそうな。

先に『野球部あるある』という本が出ていて(こっちも面白そう)、それが受けたから「はい次」ということで上梓されたみたいだけど、ちょっと専門用語が多くて「えーと、それって何のこと?」と思っちゃう場面もあるけれど、あの頃もあんなことやこんなことがあったのかねえ。もし級友たちに会う機会があったら、ちょっと聞いてみたいもんだ。


【追記】 (2012/7/9)

吹奏楽部OGの職場の後輩にこの本を貸したら、殆どのエピソードが「あるある」とのことで、かえってビックリしました。へー、そういうもんなんだね。
彼女が現役だったのは6~7年ぐらい前だけど、きっと今でも大きくは変わってないんでしょう。
Commented by ゆう at 2012-06-24 23:53 x
今日みました♪めっさ共感できますW
Commented by odin2099 at 2012-06-25 22:44
吹奏楽部の方か、そのご出身の方でしょうか?
やはり共感を呼ぶ内容なのですね。コメント、有難うございました。
by odin2099 | 2012-05-05 07:10 | | Trackback | Comments(2)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur