【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『宇宙戦艦ヤマト復活篇ディレクターズカット』 オリジナルサウンドトラック

e0033570_19402254.jpg従来の「音楽集(交響組曲)」テイストで作られたサントラと、サントラ扱いの「交響曲ヤマト2009」の2枚が発売された『復活篇』劇場公開版とは違い、こちらは劇中使用曲をほぼ完全に(THE ALFEEの歌を除く)収録した「オリジナルBGMコレクション」の流れを組んだもの、といえば古くからのファンには通りが良いか。劇中使用曲を使用順に並べ(重複使用されたものは割愛)、2枚組で構成されている。
「ETERNAL EDITION」シリーズもリリースされた後だけに、劇場公開版の時からこういうスタイルのCD発売を望んでいたファンも多いと思うが、様々なヴァリエーションのCDが発売されるのも、「ヤマト」らしいといえば「ヤマト」らしい。

ただ劇場公開版だけ見てディレクターズカット版を見ていないファンが、このCDを買って喜べるかというと微妙。というのもディレクターズカット版は約4割のBGMが差し替えになっており、劇場公開版の音楽は豪華本(コンプリートBOX)の特典CDでなければ聴けないものがあるからで、どうせ新しくサントラCDを出すのであれば劇場公開版、ディレクターズカット版両方の完全盤にして欲しかったものである。

また劇中使用ヴァージョンを収録しているため、編集を施された曲が少なからずあり、純粋に音楽CDとしては聴き辛い面もあるのだが、これは致し方ないところだろう。
劇場公開版のみならずディレクターズカット版も鑑賞し、かつ音楽面でもコンプリートを目指したいというディープなファン、マニア向けの商品で、”浅い”「ヤマト」ファンは手に取らない方が無難かも知れない。

しかし今は「YAMATO SOUND ALMANAC」シリーズという、正にマニア向けの音楽全集企画が動いており、内容からしてそちらの1枚としてリリースしても良かった筈なのだが、何故に中途半端な形になったのだろうか。権利関係の問題か。
[PR]
by odin2099 | 2012-09-02 19:43 | 音楽 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/18772285
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Brianの独り言 at 2012-09-09 08:06
タイトル : 「宇宙戦艦ヤマト復活篇 ディレクターズ・カット」 オリジ..
「宇宙戦艦ヤマト復活篇 ディレクターズ・カット」 オリジナルサウンドトラック こ... more
Commented by Brian at 2013-02-17 19:52 x
こんばんは。
新しくウォークマンを購入したので、今日は音楽の取り込みを行っていました。
『宇宙戦艦ヤマト 音楽全集 30周年記念盤』をとりあえず全部取り込みました。
それと『宇宙戦艦ヤマト 復活篇 ディレクターズカット版』も・・・。
これで、いつでもどこでもヤマト音楽が楽しめそうです。
Commented by odin2099 at 2013-02-17 20:28
僕もウォークマンに「ヤマト」は入れてあります。なんかの時に「ヤマト」の音楽聴くとホッとしますよね。プレイリストにも色々と編集版を作って登録しました。

今は「2199」がやっと世間一般的にも盛り上がってきたかなあという時ですが、この「復活篇」の続きも何とかして欲しいですね。
Commented by Brian at 2013-02-18 21:18 x
こんばんは。
ほんと!「ヤマト」」の音楽をじっくり楽しみたい時がありますよね。
プレイリストですか!?そういう楽しみ方もあるんですね。

今朝も会社の掃除をしながら「大いなる愛」を聴いてました。
「ヤマト」に出会えて、エクスカリバーさんに久保田さんに知り合えてよかったです。
いつも、ありがとうございます。
Commented by odin2099 at 2013-02-18 21:40
プレイリストは、勿論色々なアルバムから選曲して作るというベストアルバム方式が普通の使い方なんでしょうが、例えばこのアルバムみたいに2枚組のものをリスト化しておけば、ノンストップで聴けるという使い方も出来ます。
ウォークマン2台持ってるんですが、どっちも容量一杯でどうしようかと思案中・・・(^_^;)

by Excalibur
ブログトップ