人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『ムーミン谷の彗星<完全版>』(1992)

原作はトーベ・ヤンソンの『ムーミン谷の彗星』で、シリーズとしては2作目ぐらいになるらしい。
それの劇場アニメ化作品、というよりもTVアニメ『楽しいムーミン一家』の劇場版という方が正しいのかな、見てなかったけど。
スタッフ、キャストも共通しているようだが、公開時には既にTVの放送は終わっていたみたい。

『ムーミン谷の彗星<完全版>』(1992)_e0033570_20575975.jpg原作小説を読んだのは4~5年前だったけど、細かいところは全然記憶にない。
「えー、こんなお話だったかなあ」と思いながらだったけれど、丁寧に作られているなあという感じが伝わってきて、最後までニコニコしながら見終えた。
後で原作の粗筋をチェックしてみたけれど、キャラクターやエピソードがかなり端折られ、殆ど別物になってるね。
それでも「名作物でござい」という格式ばった部分や説教臭さはないし、適度にゆるいギャグ、ドタバタが織り込まれているし、全体的なほんわかムードは悪くない。
登場するキャラクターの中には好きになれないのもいるけれど、総じて大人も楽しめる内容で、「ムーミン」の入門編としてもOKだと思う。

作品のデータをチェックしてみると、上映時間は62分。
以前出ていたビデオソフトは<完全版>と銘打ち収録時間が72分となっていたものの、その後に出たDVDは62分。
二つのヴァージョンが流通してるのかなあと思いきや、実はパッケージに偽りありでDVDも実際の収録時間は72分だった。
また再発売されたDVDは端から収録時間72分になっているのだけれども、なんかヘンなの。
いずれにせよ劇場へ足を運んだ方は、貴重な封印されたヴァージョンをご覧になっていたということになりますな。

Tracked from ダイターンクラッシュ!! at 2013-02-02 00:42
タイトル : ムーミン谷の彗星
2012年2月21日(火) 録画再生(BS プレミアム 2011年12月29日9:30放送) ムーミン谷の彗星 [DVD]出版社/メーカー: オンリー・ハーツメディア: DVD ヨーロッパのパペット・アニメーションを期待したが、1992年製作の日本のアニメだった。 幼少の頃、原作本も全巻揃え、岸田今日子のムーミンにも親しんだ。 スノークのキャラクターが、温厚な好青年に変わった以外、ジャージャー・ピンクスのようにウザイ奴スニフ、シニカルなミイ、異常に温厚なパパとママは、同じだ。 そう言えばス...... more
Tracked from ふじき78の死屍累々映画日記 at 2014-02-11 06:55
タイトル : 『ムーミン谷の彗星』をユーロスペース2で観て、大人もOK..
五つ星評価で【★★★彼等は皆、実世界のどこかで見たキャラ】    トーキョーノーザンライツフェスティバル2014「北欧映画の一週間」の中の1プログラムとして鑑賞。 こんな ...... more
Commented by ふじき78 at 2014-02-11 06:39 x
ムーミンを作品としてちゃんと見るのは初めてなんですが、普通の人(ムーミン一家)とダメな人しかいないのが癒されます(スナフキンはダメじゃないか)。

守銭奴で名誉欲が強いスニフと、考えてる事をそのまま口に出すミーが可愛い。
by odin2099 | 2013-01-31 20:59 |  映画感想<マ行> | Trackback(2) | Comments(1)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30