【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『邪馬台国殺人紀行』<歴女学者探偵の事件簿> 鯨統一郎

e0033570_1951391.jpg題名を見て「もしや?」と思ったら案の定で、お馴染み『邪馬台国はどこですか?』『新・世界の七不思議』『新・日本の七不思議』早乙女静香と、『九つの殺人メルヘン』『浦島太郎の真相』『今宵、バーで謎解きを』『笑う娘道成寺』桜川東子が、『すべての美人は名探偵である』に続いて共演する連作短編ミステリーでした。
なお今回は前作に登場した翁ひとみも加えて三人組になっていて、旅先で事件に巻き込まれるトラベルミステリーとなっております。

収録されているのは表題作「吉野ヶ里殺人紀行」「纒向―箸墓殺人紀行」「三内丸山殺人紀行」の3篇で、それぞれは独立したお話ですが、いずれも”邪馬台国”をキーにして結びついています。
邪馬台国が北の方にあると主張したり、いつの間にかカレシが出来ていたりと他の作品の展開を踏まえて静香が中心になっていて、せっかくの東子もひとみも引き立て役になっているのが残念ですが(東子なんか、あわや・・・?の危機シーンもあるのに)、これからも続けて欲しいですね、これは。
[PR]
by odin2099 | 2013-02-07 19:56 |  映画感想<ヤ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/19757274
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ