【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『秘密の部屋』と『さらば宇宙戦艦ヤマト』

昨晩の金曜ロードショーは、『ハリー・ポッターと秘密の部屋』。
先週1作目の『ハリー・ポッターと賢者の石』を放送したばかりだから、非常に親切でありがたいですねぇ。
Good Job! TBS&NTV!

e0033570_14435838.jpg・・・といいつつ、実は見てなかったりする(苦笑)。
まぁ放送開始時間までに帰宅できなかったということもあるんですが、何かと忙しない今日この頃。
というのも、サイトの掲示板には書きましたけれど、来週お引越しなのだ。
整理しなきゃならんものは山ほどあるし、荷造り全然やってないし、
正直言って落ち着いて映画見てる暇はなし。
でも年内には復活するぞ!

しかし、見てないとは言ってもきちんと録画はしてました(笑)。
一番の理由はエンディングのクレジットをチェックしたかったからで、このシリーズって吹替版キャストに関する資料が少ないんですよね。
映画のパンフでは一切触れられていないし、ビデオやDVDのパッケージには主だった3~5人程度の表記。
映画館で上映された時は、エンドクレジットのおしまいに出してはくれるんですが、
ちっちゃな字で何人もの名前を短時間にバーっと出すだけなので、とても見てはいられません。
その点TVのロードショー枠だと、録画すれば何度も確認出来るのでありがたいです。劇場公開のと同じヴァージョンだし。
ただ各々の役名までは表示されないので、そのあたりは諦めています。 

ところで原作の第6巻『ハリー・ポッターと混血のプリンス』
発売日が来年の5/17になる、と公式にアナウンスされましたね。
あと半年もあるよ~! もうちょっと早くしておくれよ~!! 何にそんな時間掛かってるんだよ~!
で、今回も上下2冊セット売りで、¥3,800だそうです。
また朝早くからパフォーマンス付きで売り出すんだろーなぁ。


一方、昨日の深夜(というか今日の早朝)、ANBで『さらば宇宙戦艦ヤマト/愛の戦士たち』が放送されました。
e0033570_14443842.jpg地方局はいざ知らず、東京のキー局でオンエアーされるなんて、一体何年ぶりなことやら。
もっとも昨日今日の二日に分けての放送で、昨日は”前編”。
深夜枠なんだから一気にやって欲しいところですが、今はその時間帯にも色々番組あるからなぁ。
こっちは掲示板で「見ない」「見られない」と書きましたが、やっぱり気になったので一応チェックだけは(苦笑)。

 死んだと思っていたデスラーが出現し、瞬間物質移送機を使ってヤマトに襲い掛かる!
 ヤマトは小ワープを敢行し、デスラー艦に接舷!
 古代たち乗組員は、内部に突入した!

・・・ってところで唐突に終ってしまいました(爆)。
せめてデスラーとの決着がつく、区切りの良いところで終らせろよ!って感じです。

チラホラ見た限りではノーカットなのかなぁという雰囲気でしたけど、さてどうだったんだろう?
「宇宙戦艦ヤマト」に関しては、「紅白」スキウタの上位100位内にランクされ、
すわ「紅白」出場か?!と夢を見させてもらったのに、蓋を開けてみればいつもの出場メンバーに落ち着いた、という残念なニュースがあったばかりですからね。

でも今回一番驚いたのは、この『さらば』の放送が、なんと『男たちの大和/YAMATO』公開の関連番組と位置付けられていたこと!
おいおい、そうくるか~。
[PR]
by odin2099 | 2005-12-03 09:47 | 映画雑記 | Trackback(9) | Comments(18)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/2068181
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 映画鑑賞&グッズ探求記 .. at 2005-12-03 10:25
タイトル : ハリー・ポッターと秘密の部屋
●『ハリー・ポッターと秘密の部屋』161分。2002年11月23日公開。映画シリーズ最長の2時間41分!・・・を今日は日本テレビがノーカット放送という暴挙に(笑)・・・という事はあの最後のオチ?もあるのかな。私としてはシリーズ最高の出来ばえと思ってます。....... more
Tracked from ひねもす のたり のたり.. at 2005-12-03 11:01
タイトル : あやうく忘れそうだった……
ハリー・ポッターと秘密の部屋 12月2日夜 8:00〜11:19 <放送時間拡大> 2002年制作 アメリカ映画二カ国語・字幕放送・ノーカット・HD放送・地上波初 うちは新聞を取っているわけではないので、ちょいと書いておきます。先週の金曜....... more
Tracked from がちゃのダンジョンcin.. at 2005-12-03 14:47
タイトル : ハリー・ポッターと秘密の部屋
金曜ロードショー12/02(金) 後08:00>>後11:19 日本テレビ『ハリー・ポッターと秘密の部屋』 (2002)HARRYPOTTERANDTHECHAMBEROFSECRETS上映時間161分製作国アメリカジャンルファンタジー/アドベンチャー50年前の日記帳が「秘密の部屋」の扉を開く世界中で大ヒットを記...... more
Tracked from ふわふわ日記 at 2005-12-03 18:13
タイトル : 「ハリー・ポッターシリーズ」第6巻☆発売日決定!
ハリー・ポッターシリーズの日本語訳を出版している静山社が、シリーズ第6巻「ハリー・ポッターと混血のプリンス(仮)」の発売日2006年5月17日(水)を発表しました。ハリー・ポッターは第7巻で完結なので、これが発売されたら残り1冊の発売だけを待つことになります。私は第4巻から未読です。本棚のスペースを考えて、携帯版が出てから買おうかな~と発売を待っている状態です。第3巻まで携帯版が発売されているので、そろそろ第4巻も発売されるような気がするのですが・・・どうでしょうか。ハリー・ポッターは、関連本がたくさ...... more
Tracked from シアフレ.blog at 2005-12-06 12:52
タイトル : ハリー・ポッターと秘密の部屋
上映時間の長さも感じないほど、スピーディーな展開で飽きさせません。 前作同様、授業のシーンは面白く、作りこんである古典的な世界観は違和感なく浸れとても魅力的です。 また、ハリーを心配してもいつも裏目に出てしまう“屋敷しもべ妖精”のドリーや、「闇の魔術の防... more
Tracked from Yasutaka's D.. at 2005-12-06 21:16
タイトル : ハリー・ポッターと秘密の部屋
ハリー・ポッターと秘密の部屋2002年アメリカ監督/クリス・コロンバス  脚本/スティーブ・クローブス  出演者/ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン リチャード・ハリス マギー・スミス ケネス・ブラナー ロビー・コルトレーン アラン・リックマン ワーウィック・デービス シャーリー・ヘンダーソン ミリアム・マーゴリーズ アルフレッド・バーク サリー・モーテモア デビッド・ブラッドリー ロバート・ハーディ クリスチャン・コールソン トム・フェルトン ジェーソン・ア...... more
Tracked from 映画の世界って・・・ at 2005-12-06 23:48
タイトル : ハリー・ポッターと秘密の部屋
ハリー・ポッターと秘密の部屋今回は「ハリー・ポッターと秘密の部屋」です。先日、賢者の石を見たのに続き、テレビで秘密の部屋をやっていたのをビデオに撮り、見ました[:テレビ:]〜STORY〜ホグワーツ魔法魔術学校の1年目が終わり、ダーズリー家で夏休みを過ごしていたハリー(ダニエル・ラドクリフ)のもとに屋敷しもべ妖精のドビーが現れ学校に戻ってはならないと警告する。しかし、ハリーは学校に戻り友人達と再会を果たす。だが、ハリーのまわりで次々と不気味な出来事が起きる。ハリーにしか聞こえない声・壁に書かれた血の文字...... more
Tracked from のんびりTemple L.. at 2005-12-07 14:24
タイトル : 「ハリー・ポッターと秘密の部屋」
先週の「賢者の石」に続き、今日もやっぱり見てしまいました。ちなみに「秘密の部屋」は2回映画館で見ています。この映画の何が好きって、不死鳥フォークスの音楽がいい!結婚式... more
Tracked from ミケの映画生活 at 2005-12-07 22:46
タイトル : ハリー・ポッターと秘密の部屋
第2弾。 評価:♡♡♡一年くらい前に一度、だぁりんが持っているDVDで見た事はありましたが、内容あんまり覚えてなかったので、昨日の金曜ロードショーで放送していたのを見ました内容:意地悪なダーズリー一家のもとで夏休みを過ごす魔法魔術学校2...... more
Commented by がちゃのダンジョン at 2005-12-03 14:59 x
原作の第6巻『ハリー・ポッターと混血のプリンス』、
発売日が来年の5/17になる、と公式にアナウンス

うれしいですね。待ち遠しいことです。ところで、公式に、、とはどこのサイトか教えていただけますでしょうか?
Commented by 長月亜樹 at 2005-12-03 16:40 x
初めまして!
TB、ありがとうございました♪

ハリー・ポッターの6巻は、来年5月発売なのですか?!
う、嬉しい~vv
ずっと気になっていたんです。
素敵情報、ありがとうございました。
今からすっごく楽しみです(^^)
Commented by rainbowage at 2005-12-03 18:17
TBさせていただきました。
ハリー・ポッターの原作本(日本語訳)、もう少し値段を安くして欲しなと思っています。
原書が読めればいいのですが・・・
Commented by 小夏 at 2005-12-03 18:33 x
わーい!ハリポタ6巻情報ありがとうございました~♪
私は、5巻で原書に手を出して撃沈、原書読みは諦めましたです(^^;
5月か~頑張ってネタバレ回避してますけど、内容知りたくてうずうず・・・。
もちろん初日にゲットします!
Commented by odin2099 at 2005-12-03 19:38
>がちゃのダンジョン様

にじさんがリンク貼ってくださってますけれども、ニュース・ソースは出版元である静山社の発表です。
昨日あたりに各紙でも報じられていました。
楽しみですね。
Commented by odin2099 at 2005-12-03 19:38
>長月亜樹様

ブログタイトルが同じ(!)好で宜しくお願いします(笑)。
石田彰ファンとのことですが、『スター・ウォーズ』のルーク役って、ファンからすればどうなんでしょう?(苦笑)
Commented by odin2099 at 2005-12-03 19:38
>にじ様

ハードカバーの児童書ということで、値段はある程度仕方ないですけれど、やっぱり高いですねぇ。
またこのシリーズが売れちゃったから、ファンタジー系の書籍が軒並みハードカバーでデデデーンと!
値は張るし、場所は取るし、困ったものではありますな。
読みたいシリーズは一杯あるけれど、なかなか手が出ない。

廉価版の4巻は、どうでしょう?
6巻発売前後に出るかもしれませんね。
また何箇所か、訳文に手を入れてるかもしれません。

それにしても、これが出ると残り1巻かぁ。
どんな結末迎えるのか、気になる気になる。
Commented by odin2099 at 2005-12-03 19:39
>千夏さん

凄い!原書にチャレンジしたんですか。
そんな勇気は僕にはとてもとても・・・(苦笑)。
実はネタバレ・サイトを徘徊してしまったので、少しは6巻の内容、知ってるんです・・・。
でもやっぱり自分できちんと読まないと、と思ってます。
Commented by がちゃのダンジョン at 2005-12-04 00:16 x
ソース元、教えていただきまして、ありがとうございます!
とっても楽しみですね♪さっそく、自分のサイトでも紹介したいと思います♪にじさんもありがとうございました。
Commented by Excalibur at 2005-12-04 09:43 x
早速お邪魔させて頂きました。
あと半年、我慢するぞ~。
Commented by Yuzuki_Midori at 2005-12-05 13:28
初めまして♪
先日はTBありがとうございました!!
Commented by Excalibur at 2005-12-05 21:14 x
>柚月みどり様

コメント、ありがとうございました。
公開当時から(一部で?)話題になっていましたけれど、
 トム・リドル=石田彰
というのは絶妙の配役なんでしょうか?(苦笑)

ちょっと前だったら緑川光だったかもなぁ(爆)。
Commented by ムラクモ at 2005-12-06 23:48 x
はじめまして。TBありがとうございました!こちらも送らさせてもらいますね。
本はもう6巻にもなるんですね。自分は3巻までは読んでました
4巻から高くなったんで・・・(;ε;)
やっぱり本を読まないと映画は分からないのかな?
また読み始めようかと考え中です。

Commented by odin2099 at 2005-12-07 21:00
>ムラクモ様

このシリーズの吹替には、誰しも不満を持っていると思います(笑)。
それでも4作までくると、慣れてくるせいか結構見られるようになってきます。
それに字幕の方も、例の大先生が担当しているせいか、評判は良くないですねぇ(苦笑)。
難しいところです。

原作の方は、是非機会があれば読んでください。
もしかすると、全く別物だ、と思うくらいの新発見があるかもしれませんよ。
今は映画化にあたって省かれた箇所が、今後の展開に大きな影響を与えないことを祈るのみです。
Commented by kobitopenguin at 2005-12-07 22:53 x
初めまして。TBありがとうございます。こちらからも返させていただきました。本はそんなに出てたんですか。一度も読んだ事がないので知りませんでした^^;劇場で観た事もないので、吹き替えキャストの情報が少ないというのも知りませんでした。TVの吹き替えと同じ人がやってるんですね。
Commented by odin2099 at 2005-12-08 22:10
>ミケ様(で、良いのかな・・・?)

テレビで洋画を放送する場合は、放送する局が変る度に録り直しをしたり、また音源が古くなると作り直したり、で色々なヴァージョンが出来る場合があります。
でも最近の大作、話題作では別ヴァージョンの製作を本国の権利者が認めないケースも増えてきています。
『スター・ウォーズ』の新三部作や『ロード・オブ・ザ・リング』、それに『ハリー・ポッター』もそのケースらしく、劇場公開時、ビデオ発売時、テレビ放送時と全て同じ音源が使われています。
『スター・ウォーズ』や『ロード・オブ・ザ・リング』はパンフに吹替キャストが載っているんですが、『ハリー・ポッター』は皆無なので資料が乏しい、というわけなのです。
Commented by kobitopenguin at 2005-12-09 10:43 x
こんにちは。kobitopenguinのミケです^^;
テレビ放送では色々なヴァージョンが出来る事もあるんですね。ちょっとお勉強になりました(笑)
Commented by odin2099 at 2005-12-09 22:49
>ミケ様

そうですね。
例えば『スター・ウォーズ』の1作目なんかだと、確か5ヴァージョンありました。
比較的最近の作品でも、『タイタニック』は3ヴァージョンだったかな、あります。
これがなかなか好みがわかれるんですよね(笑)。
「Aヴァージョンが完璧で後はダメ」という人もいれば、
「Bヴァージョンは脇役が豪華だけど、主役が・・・」
「いや、主役はBヴァージョンが良いけど、脇はCだよ」等々、ファンにはそれぞれ思い入れがあるものですから・・・(苦笑)。
またキャストが変っているだけでなく、台本も別の人の手になると作品の印象がガラっと変ることがあります。
だから一度TVで見て「なんか面白くないなぁ」と思っても、他局で別ヴァージョン見ると
「なんだ、面白いじゃん」と思うこともあるかもしれませんね。

by Excalibur
ブログトップ