【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『宇宙戦艦ヤマト2199 40th Anniversary ベストトラックイメージアルバム』

『宇宙戦艦ヤマト2199 40th Anniversary ベストトラックイメージアルバム』 HATS ALL STARS
e0033570_21214434.jpg葉加瀬太郎率いるHATSのメンバー勢揃いで”「宇宙戦艦ヤマト」の名曲の数々を演奏しました!”というカヴァーアルバムで、メンバーは他に古澤巌(Viorin)、高嶋ちさ子(Viorin)、柏木広樹(Celle)、ウェイウェイ・ウー(二胡)、西村由紀江(Piano)、鳥山雄司(Guiter)、羽毛田丈史(guest/Piano)、鈴木慶江(guest/Soprano)という錚々たる顔ぶれ。


「宇宙戦艦ヤマト2199」「序曲」「誕生」「真赤なスカーフ」「イスカンダル」「明日への希望」「サーシャ」「白色彗星」「英雄の丘」「想人」「デスラー 好敵手」「大いなる愛」「ヤマトより愛をこめて」の全13曲で構成されてますが、『宇宙戦艦ヤマト2199』のタイトルを冠しながらも実態は過去シリーズの名曲選ですね。
『2199』のタイトルで出すなら「碧水晶」くらいは選ぶべきでしょう。


1曲目は『星巡る方舟』のオープニングテーマとしても使われてますが、なまじ原曲に近いアレンジだけに歌の代わりに葉加瀬太郎のソロ・ヴァイオリンが流れてくるとどうにも落ち着かないというか。
よく主題歌や挿入歌の歌部分を楽器に置き換えたインストルメンタル版とかメロオケと呼ばれるものがありますが、それと違ってソロ・アーティストの個性を前面に押し出されると居心地悪いですね。


「序曲」もあっさりだし、「誕生」はエレキギターだかを使っていてイメージとそぐわない気がしますし、女声スキャットの「真赤なスカーフ」も聴いていて「違うなあ」という思いは拭えませんでした。
「サーシャ」や「英雄の丘」の大胆なアレンジも、聴く人を選ぶでしょうね。


そんな中でも「明日への希望」はなかなか聴き応え有り。意外にも「無限に広がる大宇宙」のメロディーが聴けるのはこれだけです。
「大いなる愛」や「ヤマトより愛をこめて」も聴きやすいですし、出色なのは「白色彗星」。
パイプオルガンの演奏では勿論ありませんが、それに匹敵するくらいの荘厳さを奏でていて、ちょっと唸らされました。


この手の企画モノは期待よりも不安が大きいのは長年の経験から致し方ないところですが、今夏も期待し過ぎずに良かったな、というのが正直なところ。
「ヤマト」ファンの間でも好き嫌いは結構分かれるような気がします。


[PR]
by odin2099 | 2014-12-09 21:25 | 音楽 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/22637003
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みぃみ at 2014-12-10 11:54 x
こんにちは~~。曲集持ってらっしゃるのですね。
ヤマトが地球に向かってるので、アレンジしてあるのかな~?と思いながら聴いてました。
バイオリンはともかくとして(←おいっ)、
厚みのある音をバックにヤマトが走航していく姿は感無量です。
ヤマトには永遠であって欲しいです(^^)。

Commented by odin2099 at 2014-12-10 23:25
ヤマトの音楽関係のCDは、多分殆ど全部持ってるんじゃないかと思います(限定盤とか希少盤を除いて)。
その分、色々と好みがうるさくなってるかと思いますけれど…(^^;

多分ヤマトはこれからもまだまだ飛び続けると思いますので、それを彩る音楽もまた、永遠であって欲しいものです。

by Excalibur
ブログトップ