【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『ヤバい経済学』(2010)

経済学者のスティーヴン・D・レヴィットとジャーナリストのスティーヴン・J・ダブナーの共著をベースに映画化。原作は全世界で400万部以上のベストセラーとなった経済書とのこと。


e0033570_22163411.jpg「不動産業者が家を売るコツ」「名前で子供の人生が変わるのか」「大相撲の八百長はデータから見抜けるか」「90年代にアメリカで犯罪の減った理由は」「賞金で高校生の成績が上がるか」等々一見すると「経済学」とは関係なさそうな題材が並ぶが、全ては「インセンティブ(やりがい、成功報酬)」という観点からデータを駆使し解説、あるいは実験を行って実証して見せるユニークなドキュメンタリー映画。


中でも大相撲の八百長問題や暴行死を取り上げたパートで、記事を執筆したライター、記事を連載した週刊誌の元編集長だけでなく、曙や小錦、それに八百長を告発した元力士の板井らにもインタビューを行い、相撲の歴史や特徴、また日本人の特質などを含めてタブー視されている事柄にまで言及し考察しているのは外国人という第三者の視点ならでは。
実際に相撲協会が八百長を認めたのはこの映画の製作後なので、この時点でここまで踏み込んでいるのは賞賛に値する。


また成績が上がると現金が貰える、という条件で生徒たちの成績が本当に上がるかどうかの実験も興味深かったが、一つ一つの検証は面白いものの一本の映画として観ると統一感に欠ける点がやや物足りない。映画にするよりもTVのシリーズ番組として構成した方が良かったのではなかろうか。


[PR]
by odin2099 | 2015-02-03 22:17 |  映画感想<ヤ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/22779316
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ