【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『宇宙戦艦ヤマト2199 Concert 2015』備忘録

アンフィシアターはその昔、シルク・ドゥ・ソレイユの常設劇場だったところ。以前行われた『ヤマト音楽団大式典2012』もこの会場でしたが、お世辞にも音の良いホールとは言えませんね。


この劇場の客席はステージを囲んで左からA,B,C,D,Eのブロックに分けられ、その後方にFからLまでのブロックが設けられています。つまりAとFが左端、EとLが右端、CとIが中央で、それぞれ前方と後方ということになります(S席が前方、A席が後方、あれ?B席はどこだ?)。
今回自分の座席は初回がE、2回目がC、3回目がGのブロックでした。


まずEブロックの席は、その中でも更に右寄りだったので、ステージをほぼ真横から見る位置になります。
スクリーンには何が映し出されているかは辛うじてわかりますが、そこに照明が当てられてしまうと殆ど反射してしまって光が単に乱舞しているようにしか見えません。


おまけにすぐ横にはスピーカーが設置されているので、音のバランスが著しく偏って聞こえてしまいます。
例えば「宇宙戦艦ヤマト2199メインテーマ」では主旋律を奏でる篠崎さんのソロ・ヴァイオリンよりも、Yuccaさんのコーラスの方が遥かに大きく聞こえる始末。
「Gerat Harmony」も左サイドに立ったツインヴォーカルの一人・一子さんの声はあまり聞こえず、やはり右サイドのポジショニングだったYuccaさんの声のみ聞こえてくるという有様でした。
S席でこれかよ、という完全な「外れ席」です。


2回目の公演時のCブロックの席は今度は打って変わってほぼ中央という「当たり席」で、ここで初めてスクリーンを含め、ステージ上の照明などの演出も何を意図してのものなのかハッキリとわかりました。
左右の音のバランスも普通で、この席ならばコンサートを堪能したなあという気分になれるでしょう。ステージとの距離感も適度で、出演者の顔もハッキリと見えます。


そして千秋楽(?)のGブロック、ここは流石にステージから遠く、オペラグラスで辛うじて出演者がわかる程度。
但し左端ではないのでスピーカーの音は気にならない…というより、金管やパーカッションと違ってストリングスの音が強調されてもさほど違和感はないんですね。
また後方に下がって気付いたのは照明。
Eブロックでは何が何だかよくわからず、Cブロックでやっと理解できた…と思ったのですが、実はそうではなかったのです。


ステージに当てられる照明は上から直接床に向けられているものがあり、開演前などはコンサートのタイトルロゴが照射されていたりしたのですが、演奏中に楽曲によっては地球やガミラス、ガトランティスのマークが投影される演出があったのですね。これは前方のブロックだと良くは見えない部分でした。
今回かなり無理しながらも思い切って3公演全部取って良かったと思います。どれか一つでは決して満足出来なかったでしょうから。色々と貴重な体験をさせてもらいました。


ただ再三書きましたけれど、もし次回があるならもっと音響の良い、そしてアクセスの便利な会場での開催をお願いしたいところです。
このホール、2000人以上入る場所ですが、客席の入りは1回目が8割、2回目が7割、そして3回目が6割程度の印象で、両サイドの特に後方は丸々空席というケースも。アクセスの良い都内のホールだったらもっと観客が増えたんじゃないでしょうか。
しかしこの「入り」では、もう次回はないかも知れませんが…。


あと、観客の殆どがオーケストラのコンサートは初体験だったんでしょうね。
マナー違反とまでは行きませんけれど、拍手のタイミングなどで間の悪さを感じました。
「ここは拍手するとこじゃない」とか、「そこは早めに切り上げないと次の曲に入れない」とか…。


また今回、物販コーナーのあり方には色々と疑問を感じました。
開場前から特別に販売を始めたのは良いものの、目ぼしい商品(限定品や先行発売のもの)が開場前に売り切れというのは如何なものでしょう?
しかも2/28は昼の部の開演前に完売商品が出てしまいその後の補充もナシですから、夜の部を楽しみにしてきた人たちは…。翌3/1の開演前には若干の補充もされたようですが、それも数分でソールドアウトしてしまったようですし。


そして極めつけはパンフレットの完売!
e0033570_23011235.jpg今回のコンサートは入場時にプログラムの類は一切配布されませんでしたので、パンフがないと出演するアーティストや演奏される曲目がわかりません。にも関わらず初日の夜公演及び二日目でも完売とは。運営側の見通しの甘さというか手際の悪さが際立ってしまい、非常に残念でした。


次回があるならパンフレット売り場は別にするとか(パンフのみ購入希望の人も結構いると思うのです。それなのにわざわざ物販の長蛇の列に並ばなくても……。普通は別にしますよね?)、ライヴCDの商品予約の人は別の場所へ誘導するとか(列は別に設けられていたんですが、案内が徹底せずに物販列へ並んでしまった人がかなりいたようです)、ついでに言うなら特典CD引き換え列もしっかりと案内して欲しかったです。自分は係員に聞いたにも関わらず、物販列へ並ばされたもので。


[PR]
by odin2099 | 2015-03-09 21:37 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/22866171
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
ブログトップ