【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『二つの塔』

e0033570_21035807.jpg前作ラストで離散した「旅の仲間」たち、その個々のキャラクターの運命を追いかけることで、物語はパラレルに進行していきます。
そして新たに登場したり出番の増えたキャラクターを加え、物語は重層的・多角的に展開していきます。
前作が「起」ならば本作は「承」と「転」、作劇上良く出来ていると思います。


そしてこの作品からアラゴルンが物語の中心になり、全体を引っ張って行く役目を負います。
「ホビット」がトーリンの物語だとすると「ロード・オブ・ザ・リング」はやはりアラゴルンの物語だと言えるでしょう。
全てはフロドが指輪を葬り去れるか否かにかかっているとはいえ、結局のところアラゴルンが立たなければ勝利は覚束ないのです。


ジョーカー的存在のゴラムを加え、旅は更に混迷を極めていきます。


【ひとりごと】
本作のヒロインであるアルウェン、それに「ホビット」でヒロイン格の活躍を見せるタウリエル、良く見ると二人は顔立ちが似てますね。
これがPJ監督の考える「エルフ顔」なのか、それとも単に好みの顔立ちなのか。
残念ながら自分の好みとは一致しません…。

e0033570_21295310.png
<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/6357634/
http://odin2099.exblog.jp/19333659/


[PR]
by odin2099 | 2015-05-21 21:05 |  映画感想<ラ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/23144911
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ