【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『ウルトラ怪獣DVDコレクション5 ゴモラ』

「ウルトラマン」唯一の前後編かつ、ウルトラシリーズ初の前後編エピソードである「ウルトラマン」第26話「怪獣殿下 前篇」と27話「怪獣殿下 後篇」を一挙に収録した第5巻。
再放送で繰り返し見てた時は気にしてなかった、というより気付かなかったのだけれども、ある時に友人から指摘されて驚いたのがこのエピソードの特異性。

e0033570_22055217.jpg前後編だし、朝日放送の協力で大阪ロケを行ってるとか色々ありますけど、自分が驚いたのはこの点。冒頭で”怪獣殿下”と呼ばれてるオサム少年が、クラスメイトに揶揄われてるシーンがありますよね。
怪獣なんていない」とか「怪獣映画の見過ぎ」だとか。
あれ?怪獣なんていない?

ベムラー以来、バルタン星人やらレッドキングやら多くの怪獣や宇宙人が現れ、その度に科学特捜隊が出撃し、ウルトラマンが活躍してるはずなのに、怪獣が絵空事扱いされてるんです。
またおそらく近未来を舞台にしているであろう他のエピソードに対し、今回の時代設定は大阪万博を間近に控えた時期、つまり放送時のリアルタイムってこと。
あれれれれ…?

その割にウルトラマンの存在は(子供たちの間では)認知されてるようだし、科特隊の面々は有名人だったりと矛盾点も沢山あるんですが、これだけ番外編のメタフィクションだと捉えるしかないですねえ。
なんかヘンなの。

作劇に不慣れなのか前編が尻切れトンボで終わっちゃったり、空を飛ぶとBタイプからAタイプに変身しちゃうウルトラマンとか、大事な通信機(流星バッチ)を内緒で子供にあげちゃうハヤタ隊員の危機管理能力の無さとか、ツッコミどころも満載なのは逆に「ウルトラマン」世界の大らかさ、なのかなあ。
ちなみに「しおしおのぱー」は楽屋落ち?


[PR]
by odin2099 | 2016-07-06 22:07 | テレビ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/24510058
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 豆はんてん at 2016-07-07 02:09 x
お疲れ様です!そういやバルタン回だけ、イデが「ハヤタさん」と敬語を使ってましたね。確かにおおらかな時代だったんですね(笑)。
Commented by odin2099 at 2016-07-07 20:40
> 豆はんてんさん
ムラマツ隊長も「ハヤタ君」とか呼んでるし、まだ設定やキャラクターが確立していなかったんですね。
というか、そういう設定がきちんとされるようになったのって80年代以降のような気がします。
アニメの方が先行していて、特撮モノとかは90年代くらいからの印象が。

by Excalibur
ブログトップ