人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『ふりむかない男』<アルド・ナリスの事件簿>2 栗本薫

本編100巻+外伝20巻で完結!とぶちまけた<グイン・サーガ>
昨年本編が100巻達成したのに続いて、とうとう外伝も20巻突破!!
・・・ただし、物語の方は一向に完結へと向う気配はありません(笑)。
こりゃマジで200巻行くのかなぁ。

実は昨年、99巻を読んだところで本編を読むのはストップしております。
というのは100巻といっても、物語上はちっとも区切りじゃないし(苦笑)、毎月か隔月か、とにかく立て続けに続巻が出るということだったので、それなら落ち着いたところでまとめて読もう!と思っていたのですが、なかなか区切りがつかないままズルズルと
来月には106巻も出ちゃうことですし、個人的な<グイン>に対する禁断症状も出始めたので(?)、さすがにそろそろ読み始めないとなぁ、と焦り気味。
ただいきなり本編は・・・と思っているところへ、今月の新刊として外伝が登場。
ということで、先ずはリハビリ兼ねて読みました。

e0033570_14474790.jpgどうやら外伝の中で、更にミニ・シリーズ化する気配濃厚の<アルド・ナリスの事件簿>
前作は少年アルド・ナリスが主人公でしたが、こちらは晩年(という表現が許されるならば)、国王レムスへの反逆の罪に問われて拷問され、後に釈放されたものの身体が不自由となり、マルガで療養している時のお話となっています。
殆ど寝たきりで退屈しているナリスの元へもたらされた、市井で騒がれている奇怪な噂話。しかしこれが思いもよらぬ大きな事件へと発展し、宰相ヴァレリウスの頼みもあってナリスがその謎に挑んでゆくという、これは典型的な<安楽椅子探偵モノ>の構成になっています。
<グイン・サーガ>ということではかなり異色というか、全く本筋には無関係なお話なのですが、個々のキャラクターが活きている群像劇である<グイン>ならでは、ということでしょう。
正直言ってしまえば取り立てて興味深いストーリーとも言えないのですが、やはりナリスは作品中でも要となるキャラクターだったのだな、と改めてその存在の大きさに気付かされます。
彼が退場した後の本編は、今ひとつ魅力を失っているような・・・。
by odin2099 | 2006-01-21 19:36 | | Trackback(7) | Comments(6)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/2539911
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 極私的ライブラリー at 2006-01-22 18:01
タイトル : 「グインサーガ外伝20 ふりむかない男」 栗本薫
ご存知の通り、グインサーガの外伝20巻目でもあり、アルド・ナリスの事件簿2巻目でもあります。 以下ネタバレあり注意 アルド・ナリスはこないだの事件簿と違って、もうすでに歩けなくなってしまってます。 マルガで床に臥せりながら、ヴァレリウスの持ってく...... more
Tracked from 物語三昧 at 2006-01-22 18:18
タイトル : 『ふりむかない男 アルド・ナリスの事件簿2』
栗本 薫 ふりむかない男―アルド・ナリスの事件簿 2 評価?(笑)・・・・いやおもしろかったけど、それなりに。。。 ■ナリスサーガシリーズについてからの続き アルド・ナリスの事件簿に関する評価は、まさに最初の『消えた女官』で言い尽くしたので... more
Tracked from Pocket Warmer at 2006-01-22 21:10
タイトル : 本: グイン・サーガ 外伝20 ふりむかない男
書名:グイン・サーガ 外伝20 ふりむかない男 訳者:栗本薫 出版:早川書房(ハ... more
Tracked from 日々是げんじつ at 2006-01-22 22:02
タイトル : 読了ログ:「ふりむかない男 −アルド・ナリスの事件簿」 
「ふりむかない男―グイン・サーガ外伝 20」(著:栗本 薫)   さて、アルド・ナリスの事件簿、第 2弾である。 このシリーズは、何ていうのかな。〈グイン・サーガ〉の架空世界において、不思議なリアリティをかもし出すシリーズなのだよね。 ... more
Tracked from 赤い街道…、散策する at 2006-01-23 02:28
タイトル : グイン・サーガ 外伝20 「ふりむかない男」
ふりむかない男―グイン・サーガ外伝 20作者: 栗本 薫出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2006/01メディア: 文庫 グイン・サーガ外伝20 アルド・ナリスの事件簿 2 「ふりむかない男」です。 パロの巷を恐怖におとしいれた奇怪な事件を大公ナリスの鋭い洞察があばきたててゆく。 栗本薫氏が愛してやまないアルド・ナリスを主人公に描いたアルド・ナリス事件簿の第2弾です。 「安楽椅子探偵」モノといったらよいのでしょうか。 ナリスが寝たきりになった後の話なので、あのわずかの日々の一端...... more
Tracked from WITH★LOVE別館 .. at 2006-01-23 19:55
タイトル : ふりむかない男 グインサーガ外伝20 栗本薫
アルド・ナリスの事件簿その2です。勝手に事件簿1と時間が同じくらいだと思い込んでおりましたので、いきなり寝たきりだなんていわれてびっくりしました。マリウスはでないのね~ ということで時間からすると本編でいうとどのあたりになるかしら。リンダがレムスに呼ばれて..... more
Tracked from ふくらはぎの誘惑曲線 at 2006-01-23 21:46
タイトル : 「ふりむかない男」 GUIN SAGA外伝20th
「ふりむかない男」 栗本薫 / ハヤカワ文庫JA 2006年 588円 グインサーガ外伝の第20巻。 しかしグインサーガってシリーズは、この本もそうだけど主人公であるはずのグインが出てこない巻ってのがすごく多いですね。 それだけサブキャラが魅力的で大活躍してるってことなんだけど。 そのサブキャラの筆頭ナンバー1が、アルド・ナリス。 いや、サブキャラという呼称をさえ彼は拒否してしまいそうな。 彼が登場する巻では彼が「主人公」だもんね、間違いなく。 グインとナリス、この二大巨星は本編でもほとんど共演...... more
Commented by Taca at 2006-01-22 17:59 x
TBありがとうございました!

う~ん、確かにナリスを失った本編は、花を失った感がありますね。
あれだけ賢い人は、本編にはいないですし。
ヴァレリウスもいじってくれる人もいなくなり、ちょっと残念(^^;)
Commented by odin2099 at 2006-01-22 22:22
>Taca様

早速でありがとうございます。
最初の頃はアルド・ナリスって嫌いなキャラだったんですが、いつの頃からか一番気になるキャラになりました。
やはり退場後は寂しいですね。
ヴァレリウスも精彩欠いているようだし。

一方いつまで経っても好きになれないのは
イシュトヴァーン!!
・・・ファンの方、ゴメンナサイ(爆)。
Commented by 次元 at 2006-01-23 02:41 x
TBありがとうございました。
「安楽椅子探偵アルド・ナリス」シリーズ化されるものと私は思っています。栗本氏のナリスへの愛情は、着々と書き溜めしているのでは、と予測しております。
Commented by hoy. at 2006-01-23 21:35 x
TBありがとさん。
いやはや、私もこのシリーズとは永い付き合いですけど、まだまだこれからも長そうですよね(笑)
ごいっしょにお付き合いくださいまし!

ではまた!
Commented by odin2099 at 2006-01-23 22:58
>HOY.様

スタートは1979年ですからねぇ。
流石にその頃からリアルタイムじゃ読んでいないですが、それでももう古手の読者になってるんだと思います。
さて、いつになったら完結するのやら。
Commented by odin2099 at 2006-01-23 22:58
>次元様

ナリスのいない本編が味気なくなってきているので、せめて外伝では活躍させてあげて欲しいかな。
もう本編への登場の望みはないですからね・・・。
ただ、もっと外伝ならではという形でスポットを当てて欲しいキャラはいるんですが・・・。
ブログトップ