人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『キング・コング』 田中芳樹

ピーター・ジャクソンが監督した最新版『キング・コング』。
何故かそのノベライズ版を『銀河英雄伝説』や『アルスラーン戦記』、『創竜伝』などの田中芳樹が担当している

帯には「100冊記念出版」とあるけれども、一体全体その記念作とやらがなんで『キング・コング』なんだろうかという疑問もわくし、そんなことしてる暇があったら、早く『タイタニア』や『薬師寺涼子の怪奇事件簿』の続き書けや!と言いたい人もいるだろう。
僕もその一人だが(笑)。

『キング・コング』 田中芳樹_e0033570_14465673.jpgもっとも単なるノベライズではなく、ジャックは脚本家じゃなくて学者だし、アンも女優じゃなかったり、と設定は結構いじくってある。
「キング・コング」の名前の由来を「金剛」に関連付けたり、船員の一人の中国人コックの比重が大きかったりするあたりがこの人らしいところだが、さすがに原作付きというか、「映画」という枠組みがあるために大きく逸脱は出来ず、この人の持ち味であるところの会話の妙は楽しめない。なんだか平々凡々たる出来栄えなのは残念。

しかし(続編のヒロインであるはずの)ヒルダを登場させちゃったり、原典にないキャラクターの背景などを色々設定しちゃってて使い切ってないだけに、もしかすると冗談抜きで続きを書くつもりがあるのかも
そうなれば、「映画」の枠組みを離れて思いっきりやって欲しいものだ。
Commented by crann at 2006-02-08 13:28
初めまして、トラックバックありがとうございます。
crannと申します。
まだ読んでないので、ご感想を見るだに覚悟がいりそうな気配ですね。
続編を書くつもりならそれもいいけど、「もっと他に書くことがあるだろうが!」と叫びたくなるのは、皆さんご同様(笑)ですね。
取り急ぎご挨拶まで。
Commented by odin2099 at 2006-02-08 23:15
>crann様

読むのが辛い、ということはないですが、
読んでいて「面白い!」とは思えなかったですねぇ(苦笑)。
作者なりに色々アレンジを施しても、所詮ストーリー展開もキャラクターも、
決められた枠からははみ出せなかった、ということでしょう。
なんだか窮屈な印象も受けました。
by odin2099 | 2006-01-24 22:29 | | Trackback | Comments(2)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30