人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『タケダアワーの時代』 友井健人他

「タケダアワー」と呼ばれているのは、TBS日曜夜7時~7時半の武田薬品一社提供だった放送枠のこと。
この時間帯は『月光仮面』に始まり、『豹の眼』、『泣き笑いさくらんぼ劇団』、『夕やけ天使』、『隠密剣士』、『新隠密剣士』、『ウルトラQ』、『ウルトラマン』、『キャプテンウルトラ』、『ウルトラセブン』、『怪奇大作戦』、『妖術武芸帳』、『柔道一直線』、『ガッツジュン』、『シルバー仮面』、『決めろ!フィニッシュ』、『アイアンキング』、『へんしん!ポンポコ玉』、『GO!GO!アイドル』、『隠密剣士』、『隠密剣士 突っ走れ!』と17年間子供たちを熱狂させ続けた。

『タケダアワーの時代』 友井健人他_e0033570_18494021.jpgシリーズ物や製作会社単位で諸々の作品を総括する試みは多いものの、TBSという放送局、宣弘社という代理店、それに武田薬品というスポンサーという括りで取り上げるのは珍しい。
当時の宣弘社大阪支社営業:佐多直文、宣弘社東京営業:渡辺邦彦、TBSプロデューサー:栫井巍、橋本洋二諸氏にインタビューを敢行し、従来とは一味違った視点からの番組制作の裏話は希少である。

執筆陣は他に泉麻人、河崎実(「タケダアワー」の放送時期を、長嶋茂雄の巨人入団から現役引退までの時期に符合する、と指摘しているのは氏ならでは)、樋口尚文。
個人的にはこの時間帯は『アイアンキング』以外はリアルタイムで見たことがないので思い入れはないのだが、宣弘社の自社制作作品から円谷プロ、東映など番組制作会社の変遷など興味深く拝読した。


by odin2099 | 2017-09-26 18:50 | | Trackback | Comments(0)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー