【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『GODZILLA/怪獣惑星』(2017)

e0033570_19213607.jpg大ヒットした「シン・ゴジラ」に続くのは、全く意表を突いたアニメ版ゴジラ!
以前アメリカでは二度に亘ってアニメ版ゴジラのTVシリーズが放送されたことがあったが、日本国内で本格的にアニメ化されるのは初めてのこと。しかも三部作の第一弾というのだから恐れ入る。

ゴジラをはじめとする怪獣たちに蹂躙され、相次いで遭遇した二種の宇宙人の協力を得て、地球を脱出した人類たち。だが移住可能な惑星は見つからず、地球へと戻る羽目に。その間に地球上では2万年もの時が経っていた。
しかしそこは変わらずゴジラの支配する地だった。奪われた故郷を取り戻すべく、生き残った人類とゴジラとの戦いが再び繰り広げられる。

e0033570_19215628.jpg実写との差別化を図るという意味で未来世界を舞台にしたのはわからないでもないが、その世界にゴジラが存在している意義が見出せない。単に今まで(予算やスケジュール、技術的な問題などによる)制約があって描けなかった珍しいシチュエーションを作り出し、そこにゴジラを放り込めば目新しさが出るだろうと思ったのでなければいいのだが。

また二種類の異星人と共存しているというだけでも盛り込み過ぎな感があるが、出てくる人物が多く、しかも主人公を含めてあまり個性を発揮できる場が用意されていないので、見ていて誰が誰でどういう立場なのかが混乱する。
大体日本人と外国人でさえ描き分けられていないのに、そこへ異星人を混ぜるのは無謀な試みだろう(アニメの限界でもあるが)。これが実写で、生身の人間が演じるなり、特殊な加工を施したクリーチャーが出てくるのならば少なくてもビジュアル的には識別しやすいのだろうが。

e0033570_19222814.jpgSFアニメを見たなという気にはなるが、最後まで「ゴジラ映画」を見たな、という気分にはならなかった。
ゴジラに生物らしさがなく、金属の塊が動いているかのようにしか感じられなかったこともその理由の一つである。

ともあれこれは三部作の第一弾。残り二作を経て完結するまで論評は差し控えたい。

続編「GODOZILLA/決戦機動増殖都市」は来年5月公開。完結編となる第三弾も来年中の公開となるか?
そうなれば再来年――2019年に公開予定のレジェンダリー版「GODZILLA」の続編とはバッティングしないで棲み分けが可能になるだろうが。
e0033570_19263073.jpg


[PR]
by odin2099 | 2017-11-19 19:27 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/26194787
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ