【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『オリエント急行殺人事件』

e0033570_11003604.jpg雪に閉ざされ、身動きの取れない列車内で起こった殺人事件。犯人は乗客、乗員の中にいる。
ということで、これは一種の密室殺人になるのだろう。
偶然乗り合わせたポワロが事件解決に乗り出すのだが、容疑者にはアリバイがあり、更に殺害されたのは実は5年前に起きた残虐な幼児誘拐殺人事件の黒幕と黙される男だった。
マフィア同士の抗争の結果か、それとも復讐か。
ポワロは最後に二つの解答を示す。
一つは単純なもの、そしてもう一つは複雑に絡み合ったもの……。

最初から胡散臭い登場人物ばかりなのはミスリードを誘う演出だろう。
そしてそれを演じる俳優陣。これは豪華キャストならではの味で、正に大作に相応しいもの。
ポワロが終始尊大で、厭味ったらしく鼻持ちならない奴として描写されてるが、これは物語の悲劇性を強調する効果もあったのかもしれない。
約2時間の映画だが、事件が起きるまでが30分、ポワロの操作に60分、そして導き出された真相のお披露目に30分、と時間配分も宜し。

ポワロが一人一人を尋問するシーン、今までは何でそんな質問で核心に迫れるのかと思っていたものだが、久々にじっくりと見直してみると伏線はきちんと貼られていたのに気づく。
といってもこれだけの手掛かりから犯人を割り出せる観客がいるとも思えないし、アンフェアだと謗られても仕方ない部分もあるが、娯楽作品としては十分に堪能できる。
ケネス・ブラナーの監督・主演によるリメイク作品がもうじき公開になるが、そちらはどんな出来栄えになっているだろうか。

ちなみにこの物語は、実際に起きた著名な飛行士リンドバーグの子供が誘拐、殺害された事件にヒントを得たとのことだが(更にはオリエント急行が立ち往生したことも実際にあったらしい)、この映画の製作が始まったころはまだリンドバーグは存命だったのだな(映画の公開年に亡くなっている)。
原作小説の発表は事件より2年後のことだが、この作品に対するリンドバーグのコメントは残っているのだろうか。

ところでポワロは途中で部屋を移動しているが、もし当初のまま某氏とずっと同室だったら事件は起きなかっただろうか。
また被害者が誘拐殺害の実行犯ではなく、関係者と直接面識のない黒幕だったからこそ可能な犯行だった、とも言える。色々と考えさせられる一本であった。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/3390556/


[PR]
by odin2099 | 2017-11-26 11:01 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/26219421
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ