【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『侍戦隊シンケンジャー 銀幕版/天下分け目の戦』

この作品も毎年のように見直しております。
見直す度に侍たちが愛おしくなってきますね。

残念なのはこの映画が3D作品として作られているのですが、劇場公開時に3Dで見ることが叶わなかったこと。
以前出たDVDは昔懐かしい赤と緑の眼鏡で見ることのできる3Dヴァージョンも収録されていましたが、元の色が伝わらない味気ないものですし、3D効果のほどもしれたもの。
最近出たBlu-rayのBOXには本来の3Dヴァージョンも収録されてますが、今度は自宅に観賞設備がない…。

結局夏の<スーパー戦隊>映画の3D化はこの「シンケンジャー」と翌年の「天装戦隊ゴセイジャー」で打ち止めとなってしまった、ということはその出来も推して知るべきなのかもしれませんが、それでも一度は劇場のスクリーンできちんとした形で3D映像を愉しみたいものです。

e0033570_08092752.jpg3D作品として作るために制約があったのか、この作品は通常より短めの尺。テレビ版の1エピソード以下の分量しかありません。
が、そこを逆手にとって、いわば前後編の「後編」のような構成にし、適度なお笑いというか微笑ましいシーンも交えながら、侍たちの悲壮感、そしてクライマックスでの爽快感も盛り込まれており、ぎゅっと濃縮したような密度のドラマを作ることに成功しています。

この映画一本だけで「侍戦隊シンケンジャー」という作品がどういうものかは掴めないと思いますが、時代劇のリズム、パターンを持った<スーパー戦隊>シリーズの中では異色の存在で、その立ち回りを含めた画面構成と、高木洋の音楽との相乗効果の素晴らしさの一端は伝わるかと。

そういえば今年の<スーパー戦隊>最新作「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」の音楽担当は、「シンケンジャー」以来の高木洋の登板だとか。
それだけでちょっと興味が湧いてきてます。

それにしても「シンケンジャー」も来年で10年。
ともなれば引退したり音信不通のキャストが出たりする頃ではありますが、メインキャストは一人も欠けることなく活躍。
となれば再結集、完全新作の製作を願ってしまうところなのですが、逆に売れっ子がいる故にまたハードルが高くなってしまっているのでしょうね。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/10811238/
http://odin2099.exblog.jp/12277783/
http://odin2099.exblog.jp/21394905/
http://odin2099.exblog.jp/25138555/



[PR]
by odin2099 | 2018-01-14 08:13 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/26602915
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ