人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『ルパン』(2004)

『ルパン』(2004)_e0033570_14424078.jpgルパン生誕100周年を記念して、昨秋ようやっと一年遅れで日本でも公開された『ルパン』
製作中から期待していたんですが、実際に見た作品は自分には今ひとつでした。
これはシリーズに対する自分の不勉強もあるのだとは思いますが、続編でも出来ればきっと見に行くだろうものの、そんなことでもなければこれっきりだなぁ、なんて考えておりました。

ところが近々発売されるDVDの吹替キャストを見てぶっ飛びました!
それは
 アルセーヌ・ルパン/ロマン・デュリス:宮本充
 カリオストロ伯爵夫人/クリスティン・スコット・トーマス:増山江威子
 ボーマニャン/パスカル・グレゴリー:大塚芳忠
 クラリス・スピーズ/エヴァ・グリーン:島本須美
 ドル・スピーズ侯爵/ロバン・ルヌーチ:小林清志
というものだったからです。

う~ん、誰が考えたんだか知りませんが、凄いですねぇ。
”クラリスの声”が島本須美ですよ!(笑)
おまけに増山江威子に小林清志と来たもんだ。
納谷悟朗と井上真樹夫の名前がないのが寂しいですが(爆)、なかなか遊び心のあるキャスティングだと言えるでしょう。
これはDVD、買いか?

でも、冷静に考えると必ずしもイメージに合った、とは言えないような気もするんですよねぇ。
実際に見て(聴いて)みないことにはなんとも言えませんが、遊び心のみ、になっていないことを祈りたいと思います。


   ×  ×  ×

以下、「しねま宝島」より転載
『ルパン』(2004)_e0033570_1443291.jpg
モーリス・ルブランがアルセーヌ・ルパンを初めて登場させたのは1905年だそうで、今年は生誕100周年。これに合せて日本では本国に送れること約1年、ようやく新作映画が公開された。製作中だというニュースを聞いたときから見たいなぁと思っていたけれども、日本の配給会社のラインナップに上がったときも、本当に公開されるのかは半信半疑。良くてビデオスルー、下手すると返されちゃうんじゃないかとビクビクしていたが、翻訳版を出している出版社ともタイアップされてようやっと公開、良かった良かった。

是非ともスクリーンで”古風だけれども痛快な”冒険活劇を堪能したい!と映画館に足を運んだけれども、「あれ?ルパンってこんなお話?こんなキャラクターだっけ?」と頭の中に「?」マークが飛び交うばかり。いやはや、自分は全くルパンを知らなかったことに今更のように気が付いた。そういや最近廉価版が出たばかりの、南洋一郎が翻訳したシリーズを夢中になって読んだのは小学校の低学年の頃。覚えてるはずもないんだよなぁ。しかもあれは”翻訳”というよりも”リライト”に近いって話だし(なんせ「ルブラン:原作/南洋一郎:文」ってなってる)。

映画版そのものも、原作の幾つかのエピソードをピックアップして再構成した、映画オリジナル・ストーリーと呼べる代物のようだけれども、原作ファンに対してはちゃんと目配せが用意されているとのこと。これは原作読んでから再チャレンジする方が良さそうだ。
もっとも役者陣はイマイチ好みじゃないし、ストーリーは思ったよりも暗いし、ということで現時点では積極的に二度三度と見たくなる作品ではないのは確かなので、さてどうしたものかなぁ。とはいうものの、今回はあからさまに続編を示唆した終り方をしているので、もしシリーズ化されれば再び映画館へ足を運ぶのも間違いない。今度こそ”痛快な冒険活劇”を期待して。

Tracked from ヨーロッパ映画を観よう! at 2006-02-05 00:24
タイトル : ブロガーの仲間入り!始めに今公開中の映画「ルパン」〜
「Arsène Lupin」2004 フランス/イタリア/スペイン/UK 監督はジャン・ポール・サロメ。主演アルセーヌ・ルパン役はロマン・デュリス。二人のヒロイン、クラリスとジョゼフィーヌ・カリオストロ伯爵夫人を演じるのはフランスの新星エヴァ・グリーンと英国女優のクリスティン・スコット・トーマス。モーリス・ルブラン原作の「怪盗ルパン」の映画化。本家本元フランス語の台詞である。 しかし私的に はちょっといただけなかったこの映画...。ちまたでもやはり賛否両論あるらしい。フランス映画はやはり...... more
Tracked from ミチの雑記帳 at 2006-02-05 00:33
タイトル : 映画「ルパン」
映画館にて「ルパン」★★★☆☆ ストーリー:ルパン(ロマン・デュリス)は、従妹のクラリス(エヴァ・グリーン)の父親ら名士たちが秘密の会合を行っていることを知る。会合に忍び込んだルパンは、美しいカリオストロ公爵夫人(クリスティン・スコット・ルーマス)と出会う。 今年はアルセーヌ・ルパン生誕100年らしい。 フランス語を喋るルパンというのは当然だが、なかなか雰囲気が出ていいなぁ。 これをハリウッドが作ると英語というだけでイメージが変わってくるから。 いつもはこういう時代物、コスチュームプレイが大好きで...... more
Tracked from ネタバレ映画館 at 2006-02-05 00:42
タイトル : ルパン
 あ、『ルーブルの怪人』の監督だったのか・・・納得。  日本ではモンキー・パンチによる「ルパン三世」の方が圧倒的に知名度が高い。フランス人は当然のことながら、「ルパン三世」を知らない。そして、主人公であるアルセーヌ・ルパン(ロマン・デュリス)の揉み上げを見ると、どうしてもルパン三世を思い出してしまうのです。美女に弱く、華麗な盗みのテクニックを持つがちょっとおっちょこちょいだったり、殺しはやらない、金持ちから盗む主義。やはりルパンはヒーローなのです。  『カリオストロの城』でオマージュされている原作...... more
Tracked from ルナのシネマ缶 at 2006-02-05 01:30
タイトル : ルパン
えっと、濃ゆいです! 濃ゆい映画でした!! 何が濃いかというと、 まずルパン役のロマン・デュリスが濃い(笑) まあ、私が小学校の頃、大好きで読んでいた 怪盗紳士ルパンのシリーズの イメージが、違っていただけですが・・・(~_~;) 本場フランスでのルパンのイメージってこういう感じなんでしょうね〜。 あと、ストーリーもいっぱいいっぱい内容が詰まっていて、 ちょっと、長過ぎる感じがしました。 もう少し整理してくれた方が、盛り上がれたのかも・・・。 でもね〜、おもしろくなかったわけ...... more
Tracked from It's a wonde.. at 2006-02-05 02:07
タイトル : 「ルパン」
 2004年/フランス・イギリス・スペイン・イタリア  監督/ジャン=ポール・サロメ  出演/ロマン・デュリス  モーリス・ルブラン原作の怪盗ルパンシリーズの映画化。主演は、出演作が目白押しのロマン・デュリス。  正直、これは原作ファン向けの作品だと思いましたね。原作を読んでいないと、少々厳しいと思います。何故かというと、「奇厳城」「813の謎」「魔女とルパン」の原作3冊分を詰め込んでいるからです。詰め込みすぎて、内容はかなり駆け足というか・・・ゴチャゴチャしてます。    この作...... more
Tracked from 引き出しの中身 at 2006-02-05 09:30
タイトル : Ars竪ne Lupin
ルパン 監督:ジャン=ポール・サロメ 出演:ロマン・デュリス、クリスティン=スコット・トーマス、パスカル・グレゴリー、エヴァ・グリーン 2004年 フランス 美しいタイトルバック。 カルティエによる宝石の数々。 魅せられる輝き、煌めき。 装飾品、宝石に興味の無い我が輩も その圧倒的な妖しさに、息をのむ。 あのイエローダイアモンドのイヤリング あああ、その王妃の首飾り… 危険である。 こんなものを直に眼にすることのない我が輩は幸福なのだ、と知る。 知らぬ人のおらぬ怪盗ル...... more
Tracked from かえるぴょこぴょこ CI.. at 2006-02-05 09:55
タイトル : 『ルパン』
いいじゃない、ロマン・デュリスのお茶目なルパン! エンタメですから、こんなもんでしょ。軽く楽しめた。 十字架の謎を解き、王家の財宝を探そうー。モーリス・ルブランが1905年に生み出した大怪盗アルセーヌ・ルパン。 ルパン生誕100周年、ルパンシリーズの「カリオストロ伯爵夫人」をベースに、 「813」や「奇厳城」の名場面を取り入れ、2500万ユーロの製作費で映画化。 豪華な冒険活劇。コミカルでミステリアス。 フランス製のアクションものはビミョーな作品も多いよね。 これも確かに完成度が高い...... more
Tracked from Brilliant Da.. at 2006-02-05 10:16
タイトル : 『ルパン』
なかなか面白かったです~♪ 最近こだわってるその”土地”の言葉! そう・・やっぱり”ルパン”は おフランス!フランス語じゃなきゃねえ漣 ロマン・デュリス君もいい~じゃないですか!! 今までやんちゃで現代的な若者役という印象が濃かった彼、今回は本人..... more
Tracked from foggyな読書 at 2006-02-05 11:45
タイトル : 「ルパン」観てから読みました
この映画、世間一般ではそれほど話題になってないんでしょうねえ。 でも、私にはツボでした。 そもそも、ルパン生誕百周年を記念して、フランス人がフランスでフランスの役者を使って撮ったというところで、拍手を贈りたくなります。よかった、フランス人がやる気出してくれて。ルパンが英語喋ったら興醒めですもの。 特にフランス好きでなくても、旅好きなら、フランスの田園風景に感動することでしょう。奇岩城もエトルタにあるホンモノです。オペラ座前の広場も100年前の姿で登場します。このオペラ座、セットではありません...... more
Tracked from dada-log at 2006-02-05 23:07
タイトル : ルパン
まったくのノーマークだったのですが 友人に誘われてテアトル梅田へ。 期待がなかったのも相乗効果だったのか 面白かったです。ちょっと長く感じるけど。 無知な私は劇中何度も?マーク。 ルパンって実話・・・じゃないよねぇ?まさか・・・ けども我々の馴染み深いアニメのルパン同様 お洒落で女好きで悪党だけど悪じゃない、 不可能を可能に変えるかっこいい泥棒さんでした。 映画の中での装飾品はすべてカルティエだそうな。 ほーーーーっ(ため息) エロいときのジョセフィーヌの衣装が怖い。...... more
Tracked from がちゃのダンジョン 映画&本 at 2006-02-06 18:35
タイトル : ルパン
『ルパン』 (2004)ARSENELUPIN製作国仏/伊/ス/英ジャンルアドベンチャー/犯罪/アクションルパン公式サイトシネプレックスルパン生誕100周年記念超大作「ルーブルの怪人」の新鋭ジャン・ポール・サロメ監督 ロマン・デュリス主演これは、序章と言っても随分内容が多...... more
Tracked from 〜映画とはずがたり〜 at 2006-06-11 01:40
タイトル : ルパン(DVD)
昨年、劇場鑑賞時の感想を 私のHP「うたかた(泡沫)」に載せていたので、 文章を一部手直しをして、こちらにもUPしました! STORY:1884年、フランス。 叔父スービーズ公爵の屋敷に暮らす少年、 アルセーヌ・ルパン(ロマン・デュリス)は、 ある日、泥棒である...... more
Tracked from レンタルだけど映画好き  at 2006-06-23 20:23
タイトル : ルパン
華麗に、大胆に、スマートに! 財宝に秘められた謎をめぐる、怪盗ルパンの生誕秘話――。 2004年 フランス/イタリア/スペイン/イギリス 監督 ジャン=ポール・サロメ  出演 ロマン・デュリス/クリスティン・スコット・トーマス/パスカル・グレゴリー/エヴァ・グリーン/ロバン・ルヌーチ/マチュー・カリエール/フィリップ・ルメール/マリー・ブネル/パトリック・トゥーミー/フィリップ・マニャン 原作 モーリス・ルブラン あらすじ スービーズ公爵家で暮らすアルセーヌ少年は、泥棒である父の...... more
Tracked from *Sweet Days*.. at 2006-07-21 23:41
タイトル : 『ルパン』
ルパン CAST:ロマン・デュリス、クリスティン・スコット・トーマス 他 幼い頃に怪盗の父親と離ればなれになったアルセーヌ・ルパン(ロマン・デュリス)は、それを継いで自らも怪盗ルパンとして名を轟かせていた・・・ ルパン・・・と言えばもちろん「ルパン三世」。で、そのお馴染みのルパン三世のお祖父ちゃんに当たる人の話。 衣装は絢爛豪華だし、どうなるの?どうなるの?と、それなりに見所はあるけど、もっとルパンの華麗な盗み技を見たかったなぁ・・・。 宝探しっていうのがメインで、騙...... more
Tracked from 茸茶の想い ∞ ~祇園精.. at 2006-11-08 02:53
タイトル : 映画『ルパン』
原題:Arsene Lupin ボクシングでは一流のトレーナーにして実は盗人だった父親から、貧しいものからは盗むなという教えと武術を習いアルセーヌ・ルパンは貴族社会のなかへ・・ 19世紀のフランス、父は当局から追われて逃げる途中仲間割れで撲殺死体で見つかる。実は替え... more
Tracked from ひらりん的映画ブログ at 2006-12-31 02:53
タイトル : 「ルパン」
今年最後の映画(DVD)鑑賞かなぁ??? ルパン三世は好きだけど、こちらは本家アルセーヌ・ルパンのお話。 おフランスの作家、モーリス・ルブランという人の原作。... more
Tracked from OmuhaCinema at 2007-02-16 21:21
タイトル : ルパン
 大怪盗の代名詞とも言うべきであろう“ルパン”は20世紀の初めに小説家モーリス・ルブランの手により冒険&推理小説の世界に登場した。 やがて日本のアニメにもその名が登場する。それはアルセーヌ・ルパンの孫という設定で描かれたものだと言う。 どちらにしても変装の名人で怪盗という稼業を営んでいる。 そしてそ神出鬼没で空気のようにつかめない存在である。手を簡単にするり抜けてしまう。   アルセーヌ・ルパン、彼はあらゆる宝を華麗に我が物とするが手を血で汚すことは好まない。とてもおしゃれで上品な紳士という顔を...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2007-11-28 21:59
タイトル : ルパン
 1884年、アルセーヌ・ルパン(ユエ)は、父のテオフラスト・ルパン(ノード)と母のアンリエット・ダンドレジー(ブネル)とドルー・スービーズ公爵(ルヌッチ)家で幸せに暮らしていました。  ところが、父が窃盗の疑いで逮捕されそうになり逃走するのですが、その夜ル....... more
Tracked from the borderla.. at 2008-05-21 00:01
タイトル : 「ルパン」
小学生の頃、図書館には子供向きの本で、ルパンとホームズと少年探偵団(明智小五郎)の全集があって、最終的には全部読んだんですが、一番好きやったんがルパンでした。まぁ、多分にルパン3世の影響もあったんでしょうけど、怪盗なのに紳士なんですよ!人を殺さず、鮮やかに盗むのが格好いいんだな。それが映画になるとどうなるか楽しみでした。 何が良かったかって、ロケ地! 2年前にフランスへ行った時に観たエトルタの岩壁が奇巌城だったとは! 本を読んで色々と想像していたものを何気に観ていたなんてびっくりでしたよ...... more
Tracked from kei☆の独り言;Blog at 2009-04-16 22:12
タイトル : ■ルパン
原題「Arsene Lupin」 2004年 原作「怪盗ルパン」モーリス・ルブラン 1982年のフランス・ノルマンディ。少年アルセーヌとその父母は、母の姉に当たる公爵夫人の屋敷に居候していた。ある日、警察が父を泥棒だと捕らえに来るが、父はそのまま逃げだした。その後、密かに屋敷..... more
Tracked from Yuhiの読書日記+α at 2011-09-01 22:58
タイトル : ルパン
“怪盗紳士アルセーヌ・ルパン”を2500万ユーロという巨額の製作費をかけて完全映画化した冒険活劇。監督はジャン・ポール・サロメ、キャストはロマン・デュリス、クリスティン・スコット・トーマス、エヴァ・グリーン、パスカル・グレゴリー他。 <あらすじ> ルパン(ロ...... more
Commented by ミチ at 2006-02-05 00:35 x
こんにちは♪
ルパンがもうDVDになってるんですか?
声優さんも私が熱中していた頃とあまりメンバー代わっていませんね~。
声は年を取らないのかしら??
Commented by odin2099 at 2006-02-05 08:22
>ミチ様

DVDは4/7発売のようです。
で、『ルパン三世』の方のキャストですが(苦笑)、
再三話題にしてるんですけれど、かなり厳しいですね。
ここ数年は聞いていて本当に辛いので、もういい加減何とかして欲しいと思っています。
Commented by マダムS at 2006-02-05 10:19 x
 DVD発売は4月ですか!? お知らせありがとう御座います!
最近声優にも豪華なキャストをあてる事が多いようなので、楽しみですよね 
TB有難うございました♪
Commented by foggykaoru at 2006-02-05 11:48
こんにちは。はじめまして。おお、エクスカリバーですか!!
これで山田康雄さんがご存命であったら、、、と思うと、ちょっと笑えます。
TBありがとうございました♪
Commented by odin2099 at 2006-02-05 18:58
>マダムS様

そのように発売日は告知されておりました。
映画館では納得いかなかったので、DVDでじっくりと見直してみようかと購入を検討中です。
Commented by odin2099 at 2006-02-05 18:59
>foggykaoru様

そうですね。
でもロマン・デュリスに山田さん、というのはいくらなんでもなかったでしょうね(苦笑)。

HNの”Excalibur”は、かれこれ7年ぐらい使ってますが、
OFF会などでこの名前で呼ばれると、やっぱり気恥ずかしいですな(爆)。
Commented by ichiko1515jp at 2006-02-05 23:07
TBありがとうございます。
吹き替えはイマイチピンと来ませんが・・・(^^ゞ
どうも、日本での馴染み深い方にイメージがよぎりますね。

Commented by がちゃのダンジョン at 2006-02-06 18:41 x
ロマン・デュリスの「真夜中のピアニスト」に期待します!(笑)
カリオストロ伯爵夫人のイメージも、クリスティン・スコット・トーマスは、ちょっと優しいような、、。グレン・ローズくらいの毒婦でも良かったかも~ット思いました。(笑)もうdvdも出るのですね。
Commented by odin2099 at 2006-02-06 23:26
>ichiko1515jp様

この作品を吹替で見た後で、『カリオストロの城』を見直してみるのも面白いかもしれないですね。
それとも混乱しちゃうかな?(苦笑)
Commented by odin2099 at 2006-02-06 23:29
>がちゃのダンジョン様

TBありがとうございました♪
『真夜中のピアニスト』もちょっと興味ありますね。

>カリオストロ伯爵夫人
う~ん、グレン・クローズとは・・・。
原作を知らないんですが、そんなに強くて怖いイメージなんですか?
イザベル・アジャーニみたいに、一見優しそうで年齢不詳、というのも怖そうですけど(爆)。
Commented by crann at 2006-02-08 13:30
た、たしかにこれは買いですね!
ルパンDVD情報を探していたので、嬉しいです。
公開当時見られなかったので、早く見たいですし。
Commented by odin2099 at 2006-02-08 23:19
チラシを貰ってきましたが、吹替がウリのようです。
「決定!ファン垂涎!!超豪華日本語吹替版声優キャスト」とデカデカと謳っておりまして、
増山江威子、小林清志、島本須美諸氏の名前が並んでおります。
所謂タレント吹替以外で、これだけ吹替版を前面に押し出した宣伝は珍しいです。
初回限定生産分だけ、特典ディスク付きの2枚組だそうで、
お値段は税込み¥3,990。
やっぱり買わなきゃ後悔しそうですねぇ。
Commented by uesama0081 at 2006-02-13 10:29
TBありがとうございます。
私は「ルパン三世」しか知りませんでしたが
なかなか楽しめましたよー。
Commented by odin2099 at 2006-02-13 23:35
>uesama0081様

今度の吹替版は、正に『ルパン三世』ファンをターゲットに据えてますね。
どんな感じになっているのか興味津々です。
それにロマン・デュリスのルパンも、
揉み上げといい、軽い性格(?)といい、どことなくお孫さんを髣髴とさせるような・・・?
Commented by miyu at 2007-11-29 22:12 x
ちょっと狙いすぎな吹替えですねぇ~(´▽`*)アハハ
でも、あたしはロマン・デュリスのルパンって結構ハマってたように
思ったのですが、子供の頃に見た挿絵のルパンとルパン三世が
合わさったような印象でした。
Commented by odin2099 at 2007-12-01 08:07
個人的にはルパンって、優雅で洗練されたもっとスマートな印象でした。
この作品のルパンは何だかイモっぽくて・・・(苦笑)。
もっとも駆け出しの頃だと考えれば致し方ないのかな。また別の作品でも観てみたいですね。

吹替版キャストは、ここまで揃えるならば納谷さんと真樹夫さんを何らかの形で起用して欲しかったな。
by odin2099 | 2006-02-04 23:44 |  映画感想<ラ行> | Trackback(21) | Comments(16)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31