【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『ブレイブストーム』(2017)

e0033570_21353355.jpg2050年、地球はキルギス星人の侵略を受け、人類は絶滅の危機に瀕していた。春日兄妹の次男・光二、次女・はるか、三男・光三の三人は長男・光一、長女・ひとみによって過去へと送られる。
2018年、ボクサーの紅健は突如現れたチグリス星人に殺されそうになるが、春日兄妹に助けられる。彼らは2013年の世界へとタイムスリップし、ロボット工学の権威である紅健一郎と接触。地球侵略を食い止めるべく巨大ロボットの建造を依頼していたのだ。その健一郎が巨大ロボット”レッドバロン”の操縦者に選んだのが弟・健だったのである。
だがそこへも侵略者の魔の手が。光二はシルバースーツを身に纏い時間を稼ぎ、健ははるか、光三と共にレッドバロンで脱出するが、健一郎は敵の手に落ちてしまう…。

二、三年前から宣弘社製作のヒーロー「シルバー仮面」「アイアンキング」「レッドバロン」をまとめたリメイク作品の企画があるとの情報が流れていたが、結局「アイアンキング」はオミットし「シルバー仮面」と「レッドバロン」に絞って組み立てられたのがこの作品。
脚本・監督・プロデューサーは岡部淳也、出演は大東駿介(春日光二)、渡部秀(紅健)、山本千尋(春日はるか)、タモト清嵐(春日光三)、春日光一(春日光一)、壇蜜(春日ひとみ)、松崎悠希(ボーグ)、藤田富(シュウ)、泉谷しげる(トレーナー)、寺脇康文(静弦太郎)、吉沢悠(紅健一郎)ら。

「パシフィック・リム」や「トランスフォーマー」に比べれば明らかに低予算ではあるが、ヒーローロボットと敵ロボットのバトルにおける巨大感や外連味の表現は、やはり日本に一日の長あり。ハリウッド製のロボット物にはなかなか満足出来なかったものがこの作品にはある。

勿論ストーリーの組み立てやキャラクターの設計、あるいは「オリジナルに十分にリスペクトした」と言いながらも魅力を損ねている新デザインなど、トータルで満足したとはお世辞にも言えないが、ともあれこういった作品が作られ続ける環境の整備が急務。そういった意味では是非とも劇場で見たかったのだが、4DXという自分にとって望ましからざる上映形態だったり、上映スケジュールが合わなかったりで見逃してしまったのは残念だった。

ラストに突然光一とひとみの元に現れ、「シラヌイが攻めてきた」と語る静弦太郎。外に出た三人が見たのは赤い巨大ヒーローの後ろ姿。そして「To Be Continued」の文字。これは続編を期待するなと言っても無理だろう。現時点では何も決まってはいないようだが。
勿論この赤いヒーロー、脚本には「アイアンキング」と明記されているのだ。



[PR]
by odin2099 | 2018-05-04 21:40 |  映画感想<ハ行> | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/27255826
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ふじき78の死屍累々映画.. at 2018-05-06 10:41
タイトル : 『ジグソウ:ソウ・レガシー』『マイティ・ソー バトルロイ..
東宝シネマズメンバーサービス週間(2017年11月11日~17日)鑑賞8本をまとめてレビュー ◆『ジグソウ:ソウ・レガシー』トーホーシネマズ日本橋6 ▲ローガンっぽい。 五つ星評価で【★★ごくごく単純に殺人マシーンとかは好き】 上手い事、観客をだまくらかして、最終的には「ああ、そこがそうなんね(期せずして親父ギャグになった)」と納得させられる作りにはなってるが、まあ、それ...... more
Commented by ふじき78 at 2018-05-06 10:44 x
ネーム・バリューがある割には役者としては安く使えるから呼ばれてるんじゃないかと言う気がするんだけど、こういう特撮系にちゃんと出てくる壇蜜さんが割と好き。
Commented by odin2099 at 2018-05-06 21:03
> ふじき78さん

壇蜜さん、品があって良いよね。
ただ彼女はSFよりミステリー物や時代劇の方が合うと思うんだけどねえ。

by Excalibur
ブログトップ