人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『アンダー・ザ・スキン/種の捕食』(2014)

謎の美女が、服を一枚ずつ脱ぎながら道行く男たちを誘惑していく。
そして男たちは一人、また一人と彼女に飲み込まれていく。彼女は地球外生命体であったのだ。
だがやがて彼女はある感情に目覚め、そのことが更なる悲劇を生むことになる……。

『アンダー・ザ・スキン/種の捕食』(2014)_e0033570_07245240.jpgスカーレット・ヨハンソンが過激なオールヌードで挑む」とか宣伝文句に書かれたら、そりゃ見ないわけにはいかんでしょう。

全裸の宇宙美女が次々と男を襲うとなると、「スペースバンパイア」「スピーシーズ」と同系統の作品だと考えるよな、普通。
ところが実際に出来上がった作品は前衛的というかアート志向というか、何とも奇妙で退屈なものになっとりました。

確かにスカヨハは脱いでるけど、脱ぎっぱなしにはほど遠い着衣のシーンが殆どだし、全体的に画面が暗いし、クローズアップどころか遠景ばかりだし、ようするによく見えません。
どっちかというと、襲われた男どものヌードシーンの方が多いかも。

とにかくスカヨハのヌードだけが目当てならば見ない方が良さそう。

冒頭に紹介した粗筋だって、色々な解説を読むとそのようなことが書いてる程度で、見ていてもそこまで理解できるかどうか。
なんともけったいな映画を選んだもんだね、彼女も。


Tracked from いやいやえん at 2021-08-11 07:32
タイトル : アンダー・ザ・スキン 種の捕食
【概略】 男たちを捕食する、妖艶な美女の姿をした地球外生命体。彼女はあることをきっかけに人間的な感情を持ち始めるが…。 SF .5★★★☆☆ スカーレット・ヨハンソンが地球外生命体の美女を演じています、雰囲気的には「スピーシーズ」かな?なんて思って観たんだけど、低予算の実験的映画でした。初のフルヌードらしい。 人類を食糧とする地球外生命体が、美女に擬態して色仕掛けで男たちを捕獲するという...... more
by odin2099 | 2018-07-19 07:27 |  映画感想<ア行> | Trackback(1) | Comments(0)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur