【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『類猿人ターザン』(1981)

母を亡くしたジェーンは、まだ見ぬ高名な探検家の父ジェームズ・パーカーに会うため、単身アフリカの奥地へと降り立つ。
幼い頃に母と自分を捨てた父に反発するものの、やがて打ち解け探検隊に加わるが、ある日ライオンに襲われたところを一人の青年に救われる。ジェームズの話によれば彼はターザンと呼ばれ、原住民からも恐れられている存在だというが…。

e0033570_19560658.jpgエドガー・ライス・バロウズ原作の「ターザン」映画ではあるが、主人公はターザンではなくジェーンの方。ジョン・デレク監督が当時の(そして最後の)妻ボー・デレクを主演(製作も兼任)にした、これまた監督による嫁さん自慢映画だ。

最初に出てくるMGMのトレードマークのライオンの咆哮がエイプコールになっているのは洒落ているし、物語の語り部ともいうべき存在がチャールズ皇太子の結婚について触れ「ダイアナ妃と仲良く」なんて言ってるのは逆に洒落にならないが、皮肉を効かせたつもりなのだろう。

前半はリチャード・ハリス演じる傍若無人で大仰な探検家と、ジョン・フィリップ・ロー(「バーバレラ」の有翼人パイガー!)扮する実直なカメラマン、それにジェーンを交えた探検隊一行の観光地映画として進行し、三分の一を過ぎた辺りでようやくターザンの存在が語られるなど、タイトルロールでありながらターザンの存在感は本当に薄い。
ちなみにターザン役はマイリズ・オキーフで、本作以降はB級のアクション映画等で活躍している模様。

その分見どころはジェーン役ボー・デレクの肢体で、前半は控えめだが中盤からは露出が増え、無駄に水浴びのシーンがあったり、原住民の儀式(?)で全裸に剥かれたり、エンドロールに至ってはターザンとオランウータンと3人(2人と1頭?)で戯れる裸のジェーンが延々と映し出されるという謎のサービスショットが続く。
撮影当時のボー・デレクは24歳くらいだろうが、それにしても「男の人に触れるの初めて」とか「私はバージンよ」とか宣うのはギャグにしか思えない。

30年以上前にTVで放送されているのを見て以来だけれども、お話は本当に面白くない。
リチャード・ハリスの大袈裟な演技には辟易するし、ターザンはちっとも活躍しないしアクション演出もなってない。ジェーンの危機を描いたら後はさっさとターザンに救出して貰いたいところだが、ターザンが現れても苦しむジェーンの描写が続き、ターザンがモタモタしてるだけにしか見えないのだ。
監督はカメラマンも兼任してるけど、そうまでして嫁さん映したいのか、と思ってしまう。確かに魅力的なボディーではあるのだが。


[PR]
by odin2099 | 2018-08-14 19:59 |  映画感想<ラ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/27480560
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ