人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『ゲド戦記』のキャスト

スタジオジブリの今夏公開予定の問題作(爆)『ゲド戦記』、
その主人公の声が決まりました。

 アレンにV6の岡田准一!
 そしてゲドには菅原文太!!

・・・なんでこうなるのかねぇ・・・・・・。
Tracked from アニメDVD.jp at 2006-03-04 17:51
タイトル : スタジオジブリは最高ですね!
スタジオジブリ作品名曲集もすばらしいですよ。懐かしのアニメから最新のアニメまで価格を比較できる便利なサイトを作りました。ぜひ一度お越しくださいませ。... more
Commented by koujitu3 at 2006-02-14 21:29
えっ! 絶句です・・・
もともと期待はしていませんけれど、でも・・・
Commented by odin2099 at 2006-02-14 23:56
>koujitu3様

今晩は、コメントありがとうございました♪
不安一杯の『ゲド戦記』映画化ですが、これでどんどん不安要素が増えてきましたね(汗)。
ファンとしては見に行かざるを得ないのですが(苦笑)、それでも・・・。

V6ファンの方が、逆にどう思っているのかにも興味があります。
歓迎しているのか、それとも・・・?

『ナルニア国物語』の<日本語吹替版>は大丈夫かなぁ???
Commented by koujitu3 at 2006-02-15 09:39
ナルニアさんは完全にあきらめています。
予告だけでも、充分にひどい!と思われませんか?
あれじゃあ、ナルニアではない!
文句あるなら見なければ良いのですが、恐い物見たさと申しましょうか、一応見させて頂くつもりです。
でも、私は絶対に吹き替えでは見ないから、吹き替えのlことまでは気にしないでおこう!と思っています。
アスランのリーアムさんのお声を楽しみに見たいと思っています。

ただ、私は瀬田訳のナルニアイメージなので、もしかしたら原作と異なるイメージを持っているのかもしれない、と思うこともあります。
友人が、ゲドを最初に読んだのは原作で、最近日本語訳で読んだら、随分イメージが違う、といってました。
むずかしいですね。
私の尊敬する先生は、想像上の生き物を目に見える形で見せられたら、絶対に違うわよ、とおしゃったので、そりゃそうだ、と思っています。
そもそもが、無理!なことをしているわけなのですよね。
Commented by ayane-8 at 2006-02-15 20:09
トラックバック ありがとうございます。

スタジオジブリの作品 タレントさんを声優として多数しはじめてからは、
観なくなりました。
今回の「ゲド戦記」V6の岡田くんが、
アレン役という事で観にいくつもりです。

『V6ファンの方が、逆にどう思っているのかにも興味があります。
歓迎しているのか、それとも・・・?』
声だけですべてを伝えるのは非常に難しいと思うのですが、頑張ってくれると思っています。
歓迎かどうかは・・・私は映画の予告とか見てからです。
(サンダーバードの時はファンの間では評判良かったです)


Commented by odin2099 at 2006-02-15 22:17
>koujitu3様

『ナルニア』は別掲でコメントしましたけど、予告編見る限りでは随分イメージ違いますよね。
そもそも”超大作”に相応しい題材なのかどうかもギモンです。
もちろん原作通りに映像化しようとすると、多額の製作費がかかるのはわかりますので、
結果的に大作映画にはなってしまうのでしょうけれども。
一応、字幕・吹替両方とも見に行くつもりなので、その出来栄えは気になります。
Commented by odin2099 at 2006-02-15 22:23
>ayane-8様

コメント、ありがとうございます。
そうだ、『サンダーバード』があったんでしたね!
この作品、DVDも買っちゃったんですが、未だに吹替では見ていません。
映画館では敬遠していたし(苦笑)。

本来は役柄にあっていて、演技がしっかり出来る人であるならば
(加えて、声だけ聴いて、その演技者の顔が浮かんでこないような人であれば)
タレントだろうが、所謂声優さんだろうがかまわないとは思っているのですが、
得てして話題作り、宣伝代わりなのが許せないのです。
『ハウル』は明らかにそうだったと思いますし。
今回がそうならないことを祈るのみなんですが、
正直言うと”岡田准一の声”ってちっとも認識していないので(失礼)、
むしろ現時点で、り不満なのは、ゲドの菅原文太の方だったりするのですが(苦笑)。
by odin2099 | 2006-02-14 06:36 | 映画雑記 | Trackback(1) | Comments(6)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30