【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『マンマ・ミーア!/ヒア・ウィー・ゴー』(2018)

e0033570_17242243.jpg母ドナとの夢だったホテルを遂に完成させたソフィはオープニングパーティの準備に大忙し。しかしNYでホテルビジネスを学んでいる夫スカイとは考え方の違いから隙間風が吹いていた。
ドナの親友ロージーとターニャもお祝いに駆け付けるものの、3人の父親の内ハリーとビルは仕事で出席出来ず、また最悪のタイミングで島を嵐が襲い取材陣や来客が来られなくなるという大ピンチ。
そしてソフィの妊娠が発覚。自分を身籠った時に母は何を考えていたのか。ソフィは自分と若き日の母を重ね合わせていくのだった。

10年経って作られた「マンマ・ミーア!」の続編。
アマンダ・セイフライド(ソフィ)、ピアース・ブロスナン(サム)、ステラン・スカルスガルド(ビル)、コリン・ファース(ハリー)、ジュリー・ウォルターズ(ロージー)、クリスティーン・バランスキー(ターニャ)、ドミニク・クーパー(スカイ)、そしてメリル・ストリープ(ドナ)と前作のメインキャストが勢揃い。
劇中では前作の数年後ということらしいがそれ以上の時間経過を感じさせ、アマンダ・セイフライドはもはや少女とか若妻とは呼べなくなっているが、それでも皆が元気な姿を見せてくれるのは嬉しい。

そして新キャストとしてリリー・ジェームズ(若きドナ)、ジェレミー・アーヴァイン(若きサム)、ジョシュ・ディラン(若きビル)、ヒュー・スキナー(若きハリー)、アレクサ・デイヴィーズ(若きロージー)、ジェシカ・キーナン・ウィン(若きターニャ)、アンディ・ガルシア(ホテル支配人)、シェール(ソフィの祖母ルビー)が参加。
過去パートに出演しているメンバーはイメージ通りの人(ターニャとロージー)もいれば、ちょっと離れすぎだろう(3人の父親)という人もいるものの、総じて好演で盛り上げてくれる。
シェール→メリル・ストリープ&リリー・ジェームズ→アマンダ・セイフライドの親子孫三代は濃すぎる気もするけれど。

e0033570_17243670.jpgこの現代のパートと過去のパートの移行は、特に説明もなく行われるのでちょっと気を抜くと混乱してしまうし、一見すると似てない母娘のドナとソフィの人生を意図的にシンクロさせているので、その混乱に更に拍車をかけてしまっているが、前日譚と後日譚を同居させる試みは嫌いじゃないし、ドナと3人の父親たちとの出会いと別れや、他のキャラたちの結びつきもちょっとやり過ぎな感もあって(ルビーのエピソードはちょっと浮いてる)、お話全体としてはかなり諄くなっているのは気になるが、随所に泣けるシーンもあって悪くはない。
前作にもあったが、最後のカーテンコールでは皆揃って歌い踊るシーンが見られるのでハッピーな気分になれる。

しかし驚かされたのが、ドナが一年前に既に亡くなっているという設定。
そのためメリル・ストリープの出番は終盤のみの特別出演に近い。しかしリリー・ジェームズが演じる若きドナが存在感タップリで、また現代パートではドナの不在を上手く物語に活かして他のキャラクターを立て、その結果ドナの存在を浮き立たせるという構造になっているので喪失感は薄く、またクライマックスの感動に繋げているのは上手い方法だ。
鑑賞前は「なんで続編なんか作るんだろう」というのが正直なところだったし、実際前作との多少の矛盾点や蛇足に感じる点もないではないが、これはこれでアリだなと今は思う。



[PR]
by odin2099 | 2018-09-02 17:29 |  映画感想<マ行> | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/27529893
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 映画に夢中 at 2018-09-19 19:04
タイトル : マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー
「ABBA」のヒット曲で構成される人気ミュージカルの舞台を映画化した「マンマ・ミーア!」の10年ぶりとなる続編。主人公ソフィがホテルの開業を目指して奮闘する現在と、ソフィの母ドナの若き日である1979年の物語を交錯させながら、母から娘へと受け継がれていく物語をつづる。キャストにはソフィ役のアマンダ・セイフライドを筆頭に、ドナ役のメリル・ストリープら前作のメンバーが再結集。若き日のドナ役に「シンデレラ」のリリー・ジェームズ、若き日のサム役に「戦火の馬」のジェレミー・アーバイン、ソフィの祖母ルビー役に「...... more

by Excalibur
ブログトップ