【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『シャイニング<特別版 コンチネンタル・バージョン>』(1980)

冬場には閉ざされるホテルの管理人として、小説家志望のジャックは妻ウェンディと息子ダニーを連れてやってきた。
支配人は、過去に同じようにやってきた管理人が孤独に苛まれた挙句に家族を惨殺し、自らの命を絶ったという事件があったことを伝えるが、ジャックは気にも留めずに猛吹雪で外界との接触が途絶えたホテル内で3人だけの生活が始まる。
だが時が経つうちにジャックの行動に不可解な点が現れる。

e0033570_21142178.jpgスティーブン・キングの小説をスタンリー・キューブリックが監督した作品で、以前ビデオで見た時は143分あったが、手持ちのDVDは119分の短縮版。海外向けに再編集が施されたものなんだとか。
また原作者のキングはこの映画版を全く認めておらず、後に自らの脚本でTVのミニシリーズ版を製作しているのは有名な話。

しかしこの物語はよくわからない。
要はホテルが実は幽霊屋敷であり、ジャックがそれに憑りつかれて徐々に狂気へ走っていく、というのが基本ストーリーなのだろうが、ダニーが持つ超能力「シャイニング」がどのようなもので、またダニーの「唇に住んでいる友人」トニーがどういう存在で、それらが本筋にどう関係しているのかが不明瞭なままだ。
過去と現在が錯綜し(ているように見える)、これがラストシーンにどう繋がっているのか。観た人なりに解釈すれば良いということか。

ホラー映画というよりはミステリー・サスペンス映画系の怖さだが、一番怖いのは主演のジャック・ニコルソンの顔だろう。いや、妻役のシェリー・デュバルもなかなか狂気をはらんだ貌であった。

【ひとこと】
中盤あたりでジャックは全裸の美女(?)に襲われるが、そのシーンにモザイクが入っていないのはDVD版以降から?



[PR]
by odin2099 | 2018-09-18 21:17 |  映画感想<サ行> | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/27555313
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from いやいやえん at 2018-09-23 19:52
タイトル : シャイニング
【概略】 冬の間閉鎖されるホテルに、作家志望のジャック一家が管理人としてやってきた。そのホテルでは過去に、管理人が家族を惨殺するという事件が起こっていたのだが…。 ホラー .0★★★☆☆ スティーブン・キングの小説をスタンリー・キューブリックが監督した作品。 ジャック・ニコルソンは怪演しているし、奥さん役の人も、あの斧のシーン彼女の表情が恐怖感を煽る。 以前はインディアン...... more
Commented by ピロEK at 2018-09-18 21:30 x
シャイニングはダーク・タワーで同じ言葉が出てきます。
多分、単に超能力。
Commented by odin2099 at 2018-09-18 22:05
> ピロEKさん

「ダーク・タワー」は他作品とリンクさせてるんですよね。
元々キングの小説は大半が同一世界のお話なんでしたっけ?
怖いの苦手だから小説読んだことないし、映画化作品もそれほど見てない…(^^;

by Excalibur
ブログトップ