【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『恐竜時代』

「紀元前百万年」とそれをリメイクした「恐竜100万年」に続いてハマープロが製作した恐竜モノ。
今回は前二作のリメイクではないが、二つの異なった部族の男女が惹かれ合って、その結果大騒動が起るという基本ラインは変わらない。ヒロインはもちろん金髪美女だ。

e0033570_19452924.jpgサンナは生贄に選ばれていたが逃げ出し、他の部族に助けられその勇者ターラと恋仲になる。しかしターラには恋人と思しき女性が他におり、彼女の嫉妬によってサンナは迫害され、そこへサンナの追手もやって来る。そこから逃避行が始まり…というお話はちっとも面白くないし、恐竜たちの出番も限定的で大筋には全く絡まない。逃げる側、追う側双方の障害になるくらいだ。

見せ場は恐竜よりも、サンナを演じているプレイメイトのビクトリア・ベトリの肢体。全編ラクウェル・ウェルチ以上に露出の高い、今にもこぼれそうなビキニ姿で駆け回っている。
ちなみに日本公開されたものは短縮版(イギリス本国でも短縮版が上映されたらしい)だが、他国で上映されたノーカット版には彼女の全裸シーンがあるんだとか。是非そちらも見たい。

<過去記事>



[PR]
by odin2099 | 2018-10-09 19:52 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/27588912
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
ブログトップ