人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『機動戦士ガンダムUC/赤い彗星』

「ガンダム・ユニコーン」の第二章。
”赤い彗星”シャア・アズナブルの再来と言われるフル・フロンタルがいよいよ登場。

e0033570_20201111.jpg結局このフル・フロンタルの正体、というのは最後まで見てもよくわからなかった。
表舞台にフル・フロンタルが出てくるのは、この作中の説明によれば2年前。「シャアの反乱」が3年前の事件とされてるので、行方不明になっていたシャアが戻ってきた、という解釈も成り立つ。

バナージから「あなたはシャア・アズナブルなんですか?!」と問われたフル・フロンタルは、「今の自分は器」、「人々が望むならシャアになる」と答えてる以上シャア本人ではない筈だが、では何故シャアに酷似しているのかの説明がつかない。

「ガイア・ギア」の主人公アフランシ・シャアのようなメモリークローンなのか。
少なくてもクローンだという描写はない。しかしシャアの記憶を有しているかのような描写もある。
とはいっても促成培養の技術が確立してないとするならば、シャア本人と同年配に見えるのは不自然だ。
「ガイア・ギア」は「逆襲のシャア」より100年以上未来の物語だから成り立つ。

では誰かをシャアそっくりに整形したのか。
強化人間だという設定はあるようなので、ニュータイプ的能力の発現を人為的に起こすことは可能なのかも知れないが、カリスマ性までコピーすることは難しいように思う。
また人工的に作られたシャアのコピーならば、はたしてネオ・ジオンの残党が彼に従うだろうか。

最終章ではフル・フロンタルは本当に「シャア・アズナブルの器」として機能したと思しき描写がある。
はたして彼は一体何者だったのか――?

【ひとりごと】
空から降ってきた少女に一目惚れした少年と、何やらその少年に運命的なものを感じた少女との冒険譚。
これ、「ガンダム」版の「天空の城ラピュタ」だよな。

<過去記事>



by odin2099 | 2018-12-03 20:22 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/27696026
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
ブログトップ