人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『メリー・ポピンズ』(1964)

e0033570_21540585.jpg1910年のロンドン、気難し屋の銀行家バンクス氏の子供――ジェーンとマイケルの姉弟は悪戯好きで、何人ものナニーを次々と辞めさせていた。新しいナニーの募集広告を新聞に出そうとするバンクス氏だったが、子供たちが書いた手描きの募集広告の原稿が風に乗って空へ飛んで行ってしまった。

翌朝、新聞広告を見た応募者たちがバンクス家の前に列をなすが、突然強風が吹いて応募者たちは次々と飛ばされてしまう。そして雲の上から傘を差したメリー・ポピンズが降りてきた。彼女は子供たちの書いた広告を見てやってきたのだ。
不思議な力を持った彼女と子供たちはたちまち仲良しになる。

P.L.トラヴァースの小説をディズニーがミュージカル映画化。
メリー・ポピンズ役はこれが映画初主演のジュリー・アンドリュースで、共演はディック・ヴァン・ダイク、「チム・チム・チェリー」などの著名な歌曲はシャーマン兄弟の作品で、監督はロバート・スティーブンソン。
ウォルト・ディズニー念願の企画だったようだ。

これが55年も前の作品であることが信じられないくらい、今日の目で見ても驚きの特殊撮影の数々(時折人物を釣っているワイヤーが見えてしまうショットもあるのはご愛敬)で、それだけでなくセルアニメと実写の人物パートとの合成もごくごく自然。当時のスタッフの技術力は素晴らしいものがある。

それだけでなくカラフルな画面を彩る愉しい音楽。ジュリー・アンドリュースもディック・ヴァン・ダイクも華麗にステップを踏む。物語はせいぜい数日から一週間程度の出来事を描いているが、それを感じさせないだけの濃密な時間を登場人物たちと共有することが出来る。

しかしこの作品を面白がるには、自分は些か歳をとり過ぎてしまったのかもしれない。
ハッピーな気持ちに今一つなれず、時折冷めてしまう自分の心があった。




by odin2099 | 2019-03-03 22:01 |  映画感想<マ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/28053167
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
ブログトップ