人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『メン・イン・ブラック』(1997)

e0033570_22533907.jpgNY市警察の刑事ジェームズは犯人を追跡中に取り逃がしてしまい、逃走犯は自殺してしまうが、その死の寸前に異形を見せた。この荒唐無稽な話は警察内部でも検視官のローレル以外は誰も信じず、ジェームズのミスとして片付けられそうになるが、突然現れた黒衣の男がローレルの記憶を消去、そしてジェームズを自分の所属する組織の一員へとスカウトする。

Kと呼ばれるその男は、地球に密かに滞在する多くのエイリアンが犯罪行為に及ばないように監視するMIBという秘密組織のメンバーだったのだ。
テストに合格したジェームズは参加する決意を固め、過去の一切の経歴を捨てた”エージェントJ”としてKとコンビを組むことになった。

UFOの目撃者や宇宙人との遭遇者の元に現れ、圧力をかけて行くという黒尽くめの衣装の男たち、それがMIB。
という予備知識は結構前から持っていた。
一応は都市伝説扱いされてはいるものの、昔からこういう話は信用するタイプなので、ロズウェルがどうの、エリア51がこうの、MJ12は…といった類の話は大好物。
なので最初は大真面目に(?)ハッタリ話をかましてくれるのかと思いきや、思いっきりコメディ映画でちとガッカリ。おまけにコミック原作だったとは…。

監督はバリー・ソネンフェルドで、製作総指揮にスティーブン・スピルバーグが名を連ね、主演はトミー・リー・ジョーンズとウィル・スミス、そしてリンダ・フィオレンティーノ。
今年は久しぶりのシリーズ新作が作られるということで、公開時以来の再観賞。
そういやこれ、原作はマーベル・コミックだったんだ?

で、公開当時のメモを見ると「期待しないで見たけど、予想通りノレない映画だった」、「つまらないというワケじゃないけど、好きじゃない」、「普通の人は楽しめるんだろうけど、自分の守備範囲じゃない」と散々。
「トミー・リー・ジョーンズとウィル・スミスのコンビはおかしいし、作品のテンポも良い」けれども「”マーズ・アタック!”程じゃなかったけど、やっぱりダメ」、というのはさっぱりフォローになってないなあ…。

今回20年ちょっとぶりに見直してみたけど…ダメだな、こりゃ。やはり自分の守備範囲外。
同時期の「スターシップ・トゥルーパーズ」も同じようにでっかい虫が出てくるから嫌悪感が先に立っちゃうんだけど、笑いを取るべき数々のギャグシーンが単なる悪趣味なだけのシーンに見えてしまうのが自分の限界なのだ。
そんなこんなで続編は見てないんだけど、今度の新作、どうしようかな。



by odin2099 | 2019-03-26 22:59 |  映画感想<マ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/28117096
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
ブログトップ