人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』

「エンドゲーム」のソフトがリリースされたので、当初「インフニティ・ウォーPART1」「PART2」と題されていたように”前後編”を連続で観賞。

まずは”前編”「インフィニティ・ウォー」。

いきなりアスガルドの民がサノスと遭遇という危機的状況から物語は始まる。
ソーもハルクも完膚なきまでに叩きのめされ、ロキとヘイムダルは惨死。
ハルクは辛うじて地球へ送り込まれ、ドクター・ストレンジがそれを助け出すという波乱の幕開けだ。

e0033570_20032126.jpgストレンジはトニー・スターク=アイアンマンに接触、更にピーター・パーカー=スパイダーマンも合流しサノスの尖兵と対峙。
一方、ヴィジョンとワンダ・マキシモフ=スカーレット・ウィッチにもサノスの魔の手が迫るが、こちらは駆け付けたキャプテン・アメリカ=スティーブ・ロジャース、ブラック・ウィドウ=ナターシャ・ロマノフ、ファルコン=サム・ウィルソンによって救い出される、という具合に<MCU>のヒーローたちが一人また一人と姿を見せる。

更にアイアンマン、ストレンジ、スパイダーマンはガーディアンズ・オブ・ギャラクシーと、キャップ、ウィドウ、ファルコン、ヴィジョン、ワンダ、ウォーマシン=ジェームズ・ローズたちはブラック・パンサー=ティ・チャラやウィンターソルジャー=バッキーと、またソーは単身別行動を取り、と物語世界が拡張していき、ヒーローたちはクライマックスでは2カ所で別々にサノスと対決。
しかしアベンジャーズ分裂の代償は大きく、彼らは一敗地に塗れる、という幕切れ。

見ようによっては”後編”での大逆襲は約束されたようなものだが、それでもこの結末は衝撃だった。
ただ悲痛なムードに流された、全編大いなる悲劇に彩られただけの作品ではなく、時に笑いも交えた屈指の娯楽編に仕立てられているのが凄いところ。
そして監督のキャラクターの交通整理の見事さにも感服。

<過去記事>



by odin2099 | 2019-09-26 20:13 |  映画感想<ア行> | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/28593966
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from いやいやえん at 2019-09-26 20:52
タイトル : アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
【概略】 「アイマンマン」「キャプテン・アメリカ」「マイティ・ソー」などマーベルコミック原作で、世界観を共有する「マーベル・シネマティック・ユニバース」に属する各作品からヒーローが集結するアクション大作「アベンジャーズ」シリーズの第3作。 SFアクション .0★★★☆☆ 相変わらずの安定した面白さのある作品で、何も考えずにみれるところは良いです。でも、ちょっとハリウッド映画界がアメコミに集...... more
ブログトップ