人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『UFOロボ グレンダイザー対グレートマジンガー』

先日上正さん追悼『宇宙円盤大戦争』を見たんですが、そうしたら『グレンダイザー』も見たくなったので引っ張り出してきました。

TV版『グレンダイザー』のメインライターも『宇宙円盤大戦争』に引き続き上正さんですが、この劇場版の脚本は藤川桂介さんなのがちょっと残念かな。
もっとも藤川さんもTV版の中盤まではサブとしてかなりの本数を執筆していますが。
『UFOロボ グレンダイザー対グレートマジンガー』_e0033570_20244640.jpg
さてこの劇場版、イベント性が低いだの何の、と今まで散々言ってきましたが、近年は見直す度に自分の中での評価が上がっていきます。
前は劇場版マジンガーシリーズの中ではワーストだったのですがね。
『UFOロボ グレンダイザー対グレートマジンガー』_e0033570_20245907.jpg
その理由は、良くも悪くも兜甲児。
命令無視して先走って敵に捕まるわ、催眠状態で機密事項をベラベラ喋るわ、自力で脱出しグレンダイザーをサポートするわ、初めて乗ったはずのグレートマジンガーでグレンダイザー以上の活躍を見せるわ、と一人で全てをかき回す大活躍。やはりなんだかんだで甲児くん大好きです。
最近は『マジンガーZ』の続編映画で健在ぶりをアピールしてくれましたが、自分にとっての永遠のヒーローは「兜甲児」ですね。
自分の中の甲児くん熱の再燃とともに、この映画の評も上がってきた、という次第です。

<過去記事>




by odin2099 | 2020-01-23 20:30 |  映画感想<マ行> | Trackback | Comments(0)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur