人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『グレートマジンガー対ゲッターロボ』

ここのところ気分が「マジンガー」モードなので、今度はこの作品、行きます。
グレートマジンガーとゲッターロボの共演第一弾です。

再三書いてきましたが、どうやらここは二大ロボットが共存している世界。
恐竜帝国もミケーネ帝国もいないようですが、そうなると普段は何をしてるんでしょう?
災害救助とか土木作業とか、そんなことしてるんですかね。
そしてしょっちゅう手柄を競ってぶつかり合ってるのかなあ。
『グレートマジンガー対ゲッターロボ』_e0033570_19391715.jpg
それはともかく物語は、まずは謎の円盤が出撃し、ゲッターチームが出撃するものの撃破に失敗。
続いて宇宙怪獣が現れ、今度はグレートが立ち向かうものの歯が立たず。
そこで早乙女研究所と科学要塞研究所が手を結んで共同戦線を張ることになる、という流れで進んで行きます。

ここまではグレート、ゲッター双方に出番を巧く割り振ってるように感じますが、この後は明らかにグレート主体になっていきます。
ダメージの大きなグレートは修理に時間がかかるため、ゲッターチームが時間稼ぎ。
ということでゲッターチームの出番は多いのですが、共同作戦そのものがグレート頼み、グレート待ちで立案されているためロクに活躍せず、ひたすらグレートを待ち続けることに。これは完全に前座扱いですね。
『グレートマジンガー対ゲッターロボ』_e0033570_19393753.jpg
「マジンガーZ対デビルマン」のようにデビルマンが完全に脇役、引き立て役だったのと比べると、まだゲッターロボは対等に近い扱いですが、主題歌も流してもらえず(インスト版のみ)、製作スタッフもグレート班を中心に編成されているので、ゲッターファンからするとちょっと割を食ってると不満の声が上がりそうです。

またゲッター1、ゲッター2、ゲッター3の三形態に変形するのが売りのゲッターロボですが、個々の武器は意外に少なく、「ブレストバーン!」「アトミックパンチ!」「サンダーブレーク!」「グレートタイフーン!」「マジンガーブレード!」「ネーブルミサイル!」と多彩な技を繰り出すグレートに対し、終始「ゲッタービーム!」とだけ叫んでる印象です(実際は「ゲッタートマホーク!」「トマホークブーメラン!」「ドリルアーム!」「ゲッターミサイル!」とか色々あるのですが)。
リアルタイムで観賞して以来、どうしてもこのパワーバランスは気になって仕方ありませんでした。

<過去記事>



Tracked from ふじき78の死屍累々映画.. at 2021-08-09 13:45
タイトル : 『グレートマジンガー対ゲッターロボ』『グレートマジンガー..
特集「劇場版マジンガーシリーズ第特集」の3プログラム。 ◆『グレートマジンガー対ゲッターロボ』渋谷TOEI② 五つ星評価で【★★おいおい】 1975年、カラー、30分、初見、明比正行監督作品。 グレートマジンガーとゲッターロボが共存する世界線で、円盤に乗ってやって来る宇宙人が連れてくる宇宙怪獣と2大ロボは戦う。グレートマジンガーの科学要塞研究所とゲッターロボの早乙女研究所は、と言うより、グ...... more
Commented by ふじき78 at 2021-08-09 13:28 x
> 恐竜帝国もミケーネ帝国もいないようですが、そうなると普段は何をしてるんでしょう?

1クールに満たないような外敵がやってくるんじゃないですかね? 主に宇宙人でよさげ。
Commented by odin2099 at 2021-08-10 19:17
> ふじき78さん

宇宙人と言っても後のベガ星連合軍みたいに頻繁に攻めてくるワケでもなさそうだから、「グレート」「ゲッター」それぞれの世界よりも平和なのかもね。
by odin2099 | 2020-02-13 19:44 |  映画感想<カ行> | Trackback(1) | Comments(2)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30